Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

兵庫県自治体一覧(24件)

加西市

兵庫県加西市(かさいし)
自然と歴史あふれるまち加西 加西市は、兵庫県の南部、播州平野のほぼ中央に位置します。年間を通じて温暖な気候と広大で肥沃な土壌に恵まれ、水稲や果物等の農作物、またそれらを用いた加工品が特産物です。日本最古の地誌『播磨国風土記』にも登場する自然と歴史が融合したまちで、赤穂義士のゆかりの地でもあります。鶉野飛行場跡地やフラワーセンター、五百羅漢、玉丘古墳群などの観光名所があり、11月~5月には、市内上空で気球を眺めることができます。

加東市

兵庫県加東市(かとうし)
山よし!技よし!文化よし!夢がきらめく☆元気なまち 加東 兵庫県中央部やや南よりに位置する加東市は、美しい自然、豊かな文化、あたたかな人々を誇る、活力あふれるまちです。 国宝朝光寺本堂をはじめとした史跡、清流加古川や東条湖(鴨川ダム)の景観は、訪れる人々を癒し、魅了します。 また、酒米の王者「山田錦」や全国9割のシェアを誇る釣り針、鯉のぼり、ひな人形などの多彩な特産品には、伝統の技が受け継がれています。

豊岡市

兵庫県豊岡市(とよおかし)
コウノトリ悠然と舞う ふるさと 豊岡市は、兵庫県の北東部に位置し、市域の約8割を森林が占め、北は日本海、東は京都府に接し、中央部には母なる川・円山川が悠々と流れています。海岸部は山陰海岸国立公園、山岳部は氷ノ山後山那岐山国定公園に指定され、多彩な四季を織りなす自然環境に恵まれています。 私たちはコウノトリをシンボルとして戦略的なまちづくりを展開し、次のようなまちを創造します。 ○ 人々が四季の移り変わりのなかで、安心と懐かしさ、地域への深い愛着を感じることのできるまち ○ 自然や歴史、伝統や文化を大切にし、おだやかさと安らぎに満ちた持続可能なまち ○ 人々が大いなる夢と希望を抱きながら活躍し、元気と賑わいがあふれるまち このようなまちを私たちが創りあげたとき、“コウノトリ悠然と舞う ふるさと”が実現すると考えます。 私たちはふるさと豊岡が、地方の小さな都市(まち)であっても、世界の人々から尊敬され、尊重される「小さな世界都市」になるものと信じます。 ぜひ、豊岡市の取組みを応援してください。 ※ふるさと納税の趣旨を踏まえ、兵庫県豊岡市内在住の方からのご寄附につきましては、物品等の返礼品の送付を控えさせていただいております。

西脇市

兵庫県西脇市(にしわきし)
西脇市は東経135度と北緯35度が交差する点が位置することから「日本のへそ」としてPRしています。  市の中央部を県下最長の加古川が流れ、市域南部で杉原川、野間川と合流しており、これらの河川沿いに開けた平野部に集落や農地が形成されています。  古くから「播州織」や「播州釣針」を地場産業として栄えてきました。神戸ビーフの素牛となる「黒田庄和牛」や酒造好適米の代表である「山田錦」などは、全国的にも高い評価を得ており、有機土壌化の推進など農業振興にも力を注いでいます。  近年では、高校駅伝の全国的な強豪校であり、平成25年には甲子園に初出場した県立西脇工業高校があるまちとしても知られています。

洲本市

兵庫県洲本市(すもとし)
彩り豊かな自然とさまざまな歴史の趣に恵まれたまち"洲本市" 穏やかな気候風土に恵まれ、「国生み神話の島」として、日本の発祥の地と知られる淡路島。そんな淡路島の中央に位置する洲本市は、中世以後に城下町が築かれ、淡路島の政治、経済、文化の中心として発展してきました。 また、島の豊富な自然が生み出した山海の幸は、朝廷の食材として献上され、「御食(みけつ)国(くに)」と呼ばれました。いにしえの人々を魅了した食材の素晴らしさは現在も変わらず、食材の宝庫であり続けています。

市川町

兵庫県市川町(いちかわちょう)
兵庫県のほぼ中央に位置するハート型をしたまち、市川町。 町の中央部を清流市川がとうとうと流れ、その穏やかな川面に田園と山並みが映ります。 国産ゴルフクラブ製造の発祥地として知られ 刀鍛冶の技術を受け継いだ職人たちによる軟鉄鍛造のアイアンづくりが盛んです。 山に囲まれた豊かな自然、耳を澄ませば聞こえる清流市川のせせらぎ。 ゴルフクラブをはじめ、県外からも食べに訪れる人がいるほどのタズミの卵など 魅力あふれる特産品と自然がいっぱいのまちです。

福崎町

兵庫県福崎町(ふくさきちょう)
八百万の神が囁き、福が咲く。もの語る町、ふくさき。 播州福崎町。豊かな自然の風物に囲まれた、小さな町。 ここには目を見張るほどの“絶景” などないけれど、 じっと耳を澄ませば、山あいから、川辺から、田畑から、くさむらから、 人々の営みの隙間から“人ならざるもの” の囁きが聞こえてくる町。 風が語り、水が語り、人が語る。ようこそ、万物が語りし福崎へ。

淡路市

兵庫県淡路市(あわじし)
瀬戸内海に浮かぶ最大の島、淡路島の北部に位置する淡路市は、住んで良かった、帰ってきて良かった、訪れて良かったと思える「いつかきっと帰りたくなる街づくり」を推進しています。 市の北部には、明石海峡を横断して架けられた「淡路市」と「神戸市」を結ぶ世界最大の吊橋「明石海峡大橋」が人々を魅了し続けています。 淡路島はかつて朝廷に食材を献上していた「御食国」と言われています。 辛味が少なく、甘いことで有名な淡路島のたまねぎをはじめ、明石海峡が生み出す潮の流れと餌の豊富さによって鯛やいかなご、鱧やタコなど季節に応じて新鮮で美味しい魚が揚がります。 なんと言っても、淡路島のブランド牛『淡路ビーフ。』ここ淡路島で生まれる子牛はとても評価が高く、日本を代表する神戸ビーフや特産松阪牛の約6割は『淡路ビーフ』と同じ、自然豊かな淡路島で育った子牛です。 穏やかな太陽と、潮風が運ぶミネラルをたっぷり含んだ大地で育った淡路島の牛は、旨味が濃く、誰もがその味の違いを実感いただける品質を誇ります。

たつの市

兵庫県たつの市(たつのし)
たつの市は、「そ~めんやっぱり揖保乃糸~」の産地、うすくち醤油生産量日本一、皮革生産高日本一を誇る多様な地場産業と、武家屋敷や白壁の土蔵など、城下町の面影が今も残り、歴史的風情と昭和レトロな雰囲気から、「播磨の小京都」と呼ばれています。また、海岸線まで山々がせまり、「揖保川」と「千種川」という2つの大きな川が流れ込み、森からの自然の栄養素が豊富に集まる播磨灘が育んだ牡蠣は、とにかく身入りがよく、味はクリーミーで濃厚、加熱しても縮みにくく、全国でも有数の産地となっています。 歴史的な町並みの保存や全国に誇る産業を守りつづけ、未来を担う子どもたちの笑顔がかがやくたつの市を目指して、何とぞ、皆様のご支援をお願い申し上げます。

宍粟市

兵庫県宍粟市(しそうし)
兵庫県宍粟市(しそうし)は兵庫県の中西部に位置し、森林が9割を占める自然豊かなまちです。宍粟市には、川や渓谷、滝など四季を身近に感じることができる癒しスポットがたくさんあります。また、奈良時代初期に編纂された「播磨国風土記」に記されている【日本酒発祥の地】として、日本酒造りが古くから行われている発酵のふるさとです。氷ノ山などの山々を源とする揖保川・千種川の澄んだ水と職人の技が成す「手延べそうめん揖保乃糸」や但馬牛の血統を受け継ぎ宍粟の自然の中で育った純正黒毛和牛の「宍粟牛」、ゆったりした時間を過ごせる「東山温泉」「ちぐさ山荘」など、豊かな自然に育まれた特産品をお届けします。

加古川市

兵庫県加古川市(かこがわし)
兵庫県加古川市は、兵庫県南部の播磨灘に面し、県下最大級の一級河川である清流「加古川」の下流部に位置しています。古くは聖徳太子にゆかりがあり、古代から加古川を渡る街道の宿場町として栄え、様々な文化や技が行き交った歴史は、今なお街をかたちづくっています。市内には播磨灘へと注ぐ加古川が貫流し、北部には播磨富士とも呼ばれる標高約304mの高御位山、コスモス畑やルピナス畑など、心癒す自然豊かなや丘陵地や風景が広がるとともに、南部や中央部には商業・サービス業の集積が進み、自然環境と生活利便性の両方を享受できるまちとして発展してきました。

赤穂市

兵庫県赤穂市(あこうし)
住むのにちょうどいいまち 赤穂 赤穂市(あこうし)は、兵庫県の南西部、岡山県との県境に位置し、近畿の西の玄関口となっています。 まちのほぼ中央を名水百選に選ばれた清流千種川が流れ、北には緑豊かな山々が連なり、南は海岸線が瀬戸内海国立公園の一角を占めているなど、風光明媚な自然を有しています。 「忠臣蔵のふるさと」として全国的に有名で、市内には赤穂城跡や赤穂義士ゆかりの史跡が数多く残っています。また、「日本第一の塩を産したまち」として赤穂の塩は日本遺産にも認定されています。 海岸沿いには、”温度・成分・湯量”を兼ね備えた別名「よみがえりの湯」とも呼ばれる「赤穂温泉」が湧出し、心と体を癒しに多くの人が訪れます。 温暖な気候・風土の中、赤穂市は豊かな自然と貴重な歴史が調和しているまちです。

明石市

兵庫県明石市(あかしし)
明石市は人口30万人の中核都市で、東経135度日本標準時子午線が通る「時のまち」として知られています。源氏物語ゆかりの地や日本100名城のひとつ明石城など歴史の魅力も備えています。対岸の淡路島に架かる世界最長の雄大な吊り橋を望む明石海峡は、明石だこ、明石鯛、明石のりなどの全国ブランドに代表される豊かな海の幸が育まれ、「食のまち」としても栄えています。近年は「子育てしやすいまち」、「すべての人にやさしいまち」として評判が高まり、県内初の「SDGs未来都市」にも選定されました。ふるさと納税を通じて多くの方々に「明石が誇るたからもの」の数々に触れていただけると幸いです。

神戸市

兵庫県神戸市(こうべし)
神戸は、JR・私鉄・バスなどの充実した公共交通機関はもちろん、中心部には新幹線の駅や空港もあるため、東京や他の地域へのアクセスもよく、時間の有効活用に最適な街です。 しかし、これだけではありません。神戸の魅力は、何より、都会と自然が近いということ。海と山に囲まれ、心地よい風が吹く。 そして、中心部からほど近い場所には、広大な田園風景が広がっています。 さらに、住んでいる人や訪れる人が盛んに交流する街でもあり、多様な暮らし方や人を自然と受け入れる気質を持っているように感じられます。 神戸。それは、「都会の便利さと豊かな自然を兼ね備えた自分スタイルの暮らしが叶う」まち。 そんな神戸スタイルを代表する品々を、ふるさと納税の返礼品として特別に、ご用意しております。 ■ 神戸牛 ■ 灘の酒 ■ 神戸ワイン ■ スイーツ ■ 有馬温泉(宿泊優待券) どれを選んでも神戸の良さを味わい・体感することができます。 ぜひ、ふるさと納税を通じて、神戸の魅力をお楽しみください。

尼崎市

兵庫県尼崎市(あまがさきし)
大阪湾に面し、兵庫県の南東端に位置する尼崎市。 大阪駅から最速5分、JR・阪神・阪急電車の3アクセスできる便利な街です。 尼崎を略して「AMA(あま)」と愛着をこめて言う人も。 ■寄附金の使いみち 尼崎市では、14通りの寄附金の使いみちを設けており、 尼崎城の整備等に活用する基金のほか、 全国でも珍しい、犬・猫の殺処分ゼロを目指すなどの動物愛護に関する 基金などがあります。 ■蘇る、尼崎城 1618年に戸田氏鉄によって、 三重の堀、四層の天守を持つ尼崎城が築かれました。 敷地は甲子園球場の約3.5倍もの大きさがあったようです。 明治の廃城令により、今はその姿を見ることはできなくなりましたが、 当時の尼崎城西三の丸エリアにあたる尼崎城址公園内に本丸の一部である 天守が整備されることとなり、 平成31年3月、400年の時を越えてついに尼崎城が蘇りました。

相生市

兵庫県相生市(あいおいし)
相生市は兵庫県南西部に位置し、一年を通じて瀬戸内海特有の穏やかな気候風土に恵まれた風光明媚なまちです。南部は瀬戸内海国立公園に面した天然の良湾相生湾、北部は西播丘陵県立自然公園に抱えられた緑豊かな田園風景を擁しており、豊かな自然を活かした「万葉の岬」や「羅漢の里」、道の駅・海の駅「あいおい白龍城」といった交流施設が多数あります。 また、2018年には観光案内所に待合所等を併設したあいおい情報ラウンジも新しくオープンしました。 初夏には播州路の一大イベントである「相生ペーロン祭」、秋には約1,000体のアイデアいっぱいのかかしが並ぶ「羅漢の里もみじまつり」、冬には相生牡蠣を使った料理が会場に溢れる「相生かきまつり」が開催されます。 平成23年度には「子育て応援都市宣言」を行い、教育・子育て施策、定住促進施策を積極的に展開し、「子育て支援、日本一!」を目指して“まちづくり”に取り組んでおります。 ぜひ一度、相生市へお越し下さい! 子育て応援都市宣言サイト:http://www.eetoko-aioi.jp/category/key/index.html 相生市観光協会公式サイト:http://aioi.in/ ***********【お申し込みの際に確認いただきたい事】*********** 相生市のふるさと応援寄附ページをご覧いただき、ありがとうございます。 以下、お申し込みの際にご確認いただきたい事項となりますので、ご一読ください。 ●入金、寄附金受領証明書について ・納付書払い、クレジットカード決済ともに入金・決済後のキャンセル・返金等は一切できません。 ・返礼品と寄附金受領証明書は別にお送りしておりますので、お届けが前後します。 ・寄附金受領証明書の発送は、入金月の翌月初旬に発送いたします。 ●お礼の品のお届けについて ・長期不在等でお礼品の受け取りができなかった場合、再送はいたしかねます。 ・複数のお礼の品を申し込みされた場合、別々のタイミングでのお届けとなる場合があります。

三木市

兵庫県三木市(みきし)
兵庫県三木市は、古い歴史と自然に恵まれ、播磨国風土記には、億計(おけ)、弘計(をけ)2皇子の古代ロマンの物語が記されています。また、戦国時代には、東播8郡24万石を領した別所氏の居城があり、三木合戦によって荒廃した町は、豊臣秀吉の復興策によって商工業が活発化し、今日の金物産業の発展の基礎をつくりました。 平成の大合併により兵庫県美嚢郡吉川町と合併し、名実ともに山田錦(酒米)の主生産地となるとともに、三木金物ブランドとしても全国的に有名なまちです。 一方、市域内を中国及び山陽自動車道が通過するなど、全国的にも交通の要衝として注目され、数多くのゴルフ場が立地する(ゴルフ場数25か所は、西日本一)ほか、「三木ホースランドパーク」「山田錦の館」「吉川温泉よかたん」をはじめ大型リゾート施設「ネスタリゾート神戸」など、観光資源も多彩なものがあります。

小野市

兵庫県小野市(おのし)
小野市は東播磨の中央で県内最大河川の加古川中流に位置し、豊かな自然と瀬戸内式の暖かな気候にめぐまれた地に約5万人暮らしています。 夏には一面に咲き誇る「ヒマワリ」日本を代表するそろばんなどの伝統工芸品、肥よくな大地が育てた新鮮な農産物など小野市には皆さまにお伝えしたい魅力がたっぷりと詰まっています。 そんな小野市の魅力をふるさと納税を通じて知っていただき、小野市の豊かさ人の優しさに触れていただければ幸いです。

南あわじ市

兵庫県南あわじ市(みなみあわじし)
南あわじはこんな場所 南あわじ市があるのは淡路島の最南端。年間を温暖で、年間を通じて降水量の少ない瀬戸内海気候に属しており、人口は約4万7000人、面積229.01キロ平方メートルと、淡路島の中でも人口、面積とも最大の市。「島」といっても、島の両端は橋とつながっています。 神戸や大阪、四国からもアクセスしやすく、高速バスだと、京阪神から約2時間。徳島方面から約1時間です。 そんな南あわじ市は多彩な農畜水産物の産地として、その生産とPRに力を入れています。

朝来市

兵庫県朝来市(あさごし)
朝来市は、兵庫県のほぼ中央部に位置しており、京阪神からは鉄道、高速道路等を利用しておよそ1時間半から2時間の距離にあります。 移住者支援や子育て支援をはじめ、地域住民と一体となってまちづくりに取り組む施策が評価され「2018年版住みたい田舎ベストランキング」では、近畿エリア1位に選ばれました。 観光名所として「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも称される国史跡「竹田城跡(たけだじょうせき)」があり、雲海に包まれた姿は見る者を魅了します。 平成29年4月には「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」にまつわる物語が日本遺産に認定され、その関連遺構として「生野銀山」や「神子畑選鉱場跡」などがあります。 特産品は「岩津ねぎ」が有名です。白ねぎと青ねぎのちょうど中間種で、青葉部分から白根まで大変柔らかく甘みがあり、すべて余すところなく食べられるのが特長です。 ふるさと納税の返礼品としても大変人気があり、鍋物や天ぷら、焼きねぎなどで食べると美味しさが引き立ちます。 これらの観光資源、歴史遺産、特産品などを活かしながら、今後もよりよいまちづくりに取り組んでいきます。

太子町

兵庫県太子町(たいしちょう)
太子町は、兵庫県の南西部、播州平野が広がる西播磨地域の一角に位置しており、聖徳太子ゆかりの地であることから、その名を町名としていただくこととなりました。 町内には、古代に建立されたといわれる斑鳩寺をはじめ多くの史跡が存在し、豊かな歴史と文化が息づいています。 また、美しい自然と良好な住環境から、兵庫県内で最も年少人口率が高く、子どもたちの笑顔があふれる若い元気なまちです。 ■太子町ふるさと応援寄付金:お礼品について 4,000円以上寄附をしていただいた太子町外在住の方に、まちのPRも兼ねて太子町の魅力あるお礼品を送らせていただきます。 【ご注意】 ・お礼品の送付は、太子町外にお住まいの方に限らせていただきます。 ・寄附につきましては、年度内の回数制限は現在設けておりません。 ・1回のご寄附につき、寄附金額に応じて、お礼品を最大10品までお選びいただけます。 ・法人様からのご寄附は受け付けておりません。ご了承ください。 ・お礼品のお届けには1~2ヶ月程度かかることがあります。

佐用町

兵庫県佐用町(さようちょう)
兵庫県西部に位置する佐用町。美しい棚田に清流、幻想的な朝霧や畑一面に咲き誇るひまわり、無数にまたたく星が自慢の町です。四季折々の色鮮やかな風景を楽しみに、ぜひお越しください。そして、もう一つの自慢がこの美しい風土で育まれた農産物や特産品の数々とそれらを作る人々の想いです。誇りと愛情を込めて作られた自慢の品をお届けします。ふるさと佐用町のまちづくりを応援くださいますようお願いします。

香美町

兵庫県香美町(かみちょう)
 香美町は兵庫県北部に位置し、海の幸、山の幸など、様々な逸品であふれる自然豊かな町です。 関西では唯一、香住漁港だけで水揚げされる「香住ガニ(紅ズワイガニ)」、冬の味覚の王様「松葉がに」や、全国のブランド牛の素牛である銘牛「但馬牛」など、四季を通してA級食材を楽しむことができます。 この豊かで美しい香美町の特産品を「ふるさと納税」を通してお楽しみください。

新温泉町

兵庫県新温泉町(しんおんせんちょう)
新温泉町は、兵庫県の北西部に位置し鳥取県に接する地域で、人口約15,000人の町です。北は日本海、山陰海岸国立公園、南は1,000メートル級の山、氷ノ山・後山・那岐山国定公園等の海・山・温泉を含む豊かな自然環境を有しています。世界ジオパークに認定されている山陰海岸の景観の素晴らしさや豊かな自然環境は、貴重な財産であり、これらを後世に継承していくことは非常に大切なことと考えています。また、全国屈指の但馬牛、松葉ガニ、ホタルイカといった地域資源を活かした特色あるまちづくりを行っています。さらに、「人づくりは、まちづくり」の理念のもと、特に次世代を担う子ども達の健全育成やお互いを認め合うことのできるこころ豊かな人づくりを行っています。新温泉町では、こうしたまちづくりを推進するにあたり「ふるさと新温泉町」を敬愛いただける方々からの応援(寄付)を受け、まちづくりに参加いただきながら事業を実施できるよう「新温泉町ふるさとづくり基金(ふるさと納税)」を設立しています。新温泉町に対してふるさと意識や興味をお持ちの方々、またこの趣旨に賛同していただける方々のご支援をお待ちしています。

処理中です