Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

茨城県

守谷市

茨城県守谷市(もりやし)
水と緑のまち・守谷市は、人にやさしいふるさとづくり 守谷市は、茨城県の南端に位置し、利根川、鬼怒川、小貝川の三つの清流に囲まれた水と緑に恵まれたまちです。また,首都から40キロメートル圏内という立地条件から、宅地開発とともに公園や街路、上下水道など都市基盤の整備が進んでいます。  2005年には待望のつくばエクスプレスが開通、都心からわずか32分で結ばれることになりました。また,2008年には、経済専門誌による「住みよさランキング」で、全国784都市中総合第1位となりました。  これからも守谷市は、さらなる住みよさを目標に都市機能の充実と自然環境の調和のとれたまちづくりを積極的に推進し、先人から引き継がれてきた豊かな自然や歴史的な財産を後世に引き継ぐとともに、福祉の充実や教育文化などを育み、市民生活をより豊かなものにしていくため、郷土に愛着をお持ちの方々や本市の取り組みに賛同していただける方々から寄附金を募り、その貴重な財源を活用して、皆さんに愛される個性あるふるさとづくりを進めてまいります。

大子町

茨城県大子町(だいごまち)
花と緑と若者の住む 互いに支え合う 心豊かなまち 大子町では,ふるさと大子応援寄附金(ふるさと納税)の受付を行っております。 本町出身で町外にお住まいの方や,本町を訪れたことがある方など,大子町を心のふるさととして応援していただける方からの寄附をお待ちしております。現在, 町は,企業誘致や都市住民との交流事業,子育て支援事業等により「若者の住むまちづくり」,基幹産業である農林業と観光資源を活かした「経済的活力を高める施策」,福祉や医療等の充実を図り「誰もが安全かつ安心して暮らせるまちづくり」を町民と総力を挙げて推進しております。

古河市

茨城県古河市(こがし)
古河市(こがし)は関東平野のドマンナカ、茨城県の西端に位置し、埼玉県・栃木県の県境に接しています。 歴史のある街で、古くは奈良時代に編さんされた「万葉集」の一首にも詠われました。室町時代には関東公方の足利成氏が「古河公方」として本拠地を古河に置き、その後約130年の間、古河は関東一円の政治の中心となりました。江戸時代には古河城を中心とした日光街道の宿場町として栄え、現在も当時の面影を残す街並みや史跡・歴史的文化施設などが点在し、散策に訪れる観光客の姿が多くみられます。 渡良瀬川の治水・利水のため整備された渡良瀬遊水地は、貴重な湿地環境が保たれており、様々な生き物たちの宝庫になっています。また、桃の花などが咲き誇る古河公方公園は、自然景観を生かした公園として日本で初めてユネスコの「メリナ・メルクーリ賞」を受賞し、市民の憩いの場となっています。 水と緑の豊かな自然と、歴史と伝統の町。古河市には様々な魅力が溢れています。

つくばみらい市

茨城県つくばみらい市(つくばみらいし)
平成18年3月27日に旧伊奈町、旧谷和原村が合併し「つくばみらい市」が誕生しました。人口約5万1千人、面積79.16㎢の新しい自治体です。 当市は茨城県の南西部、東京都心から約40㎞圏に位置し、鬼怒川、小貝川の2大河川が流れています。小貝川沿いには、広大な水田地帯が広がり、丘陵部は、畑地、4つのゴルフ場、住宅地が形成され首都圏近郊都市に位置付けされています。 道路網は、北部に国道354号線、西側に国道294号線、中央部を常磐自動車道が走り、国道294号線と交差し谷和原ICがあり交通の利便がはかられています。 鉄道網では、関東鉄道常総線や首都圏新都市高速鉄道「つくばエクスプレス」が走り、みらい平駅から東京秋葉原まで最速で40分、つくばまでは12分で結ばれました。 みらい平駅周辺では県主体の優良な住宅地開発が進みマンションなどが整備され、新しいまちづくり進んでいます。 また、市内には首都圏内で唯一、時代劇のロケが出来る施設である「ワープステーション江戸」をはじめ、関東三大不動尊である「板橋不動尊」や茨城百景に名を連ねる「福岡堰の桜並木」、さらに間宮海峡を発見した偉大な探検家・測量家である「間宮林蔵」の生家や記念館など、多くの観光名所があります。 ぜひ魅力あふれる当市まで実際に足をお運びください。

境町

茨城県境町(さかいまち)
「自然と近未来が体験できるまち」~そうだ!境町に行ってみよう!~ 境町(さかいまち)は茨城県の県西部、ちょうど千葉県と埼玉県の県境にある町です。利根川と江戸川の分岐点に位置し、江戸時代には水運を活かした利根川随一の【河岸のまち】として、人や文物が行き交う文化交流の場として栄えました。 2015年の圏央道「境古河IC」開通により、都心からのアクセスも約1時間になりました。さらに平成28年度には、圏央道がつくば方面へ全線開通したことにより成田方面へも接続されるなど、ますます便利に快適に発展を続けています。 2019年4月19日、道の駅さかいにさかい河岸レストラン「茶蔵」がオープンいたしました。このレストランの設計を手掛けたのは、新国立競技場の設計でも有名な隈研吾氏です。 1階には、地元食材のおいしさを提供するテイクアウト専門店「さかいキッチンデリカ」、2階には一流シェフが目の前で肉を焼き上げる「さかい鉄板」がございます。建物自体の「建築美」もお愉しみいただければと思います。 ぜひお近くにお越しの際は、境町へ足をお運びください。

大洗町

茨城県大洗町(おおあらいまち)
〜季節ごとに旬の食材を味わえる観光・保養の地〜 大洗町は、茨城県の太平洋側のほぼ中心にあり、首都東京からは約100kmの距離に位置しています。穏やかな気候に恵まれた観光・保養の地であり、日本三大民謡のひとつ「磯節」でも謳われる白砂青松の景勝地です。豊かな自然を始め、近代的な観光施設とレトロな雰囲気が残る商店街がひとつの街に融合しており、老若男女問わず楽しんで頂ける観光地として知られています。特産として、海に面する立地より魚介類や加工品に加え、豊かな土壌による農産物も豊富な土地柄となります。季節ごとの旬な食材をはじめ、観光地としての宿泊券や水族館の年間パスポートなども返礼品としてご用意させていただいておりますのでぜひご覧ください。

筑西市

茨城県筑西市(ちくせいし)
筑西(ちくせい)市は、下館市・関城町・明野町・協和町の1市3町が合併し、平成17年3月28日に誕生しました。東京から北へ約70km、茨城県の西部に位置し、鬼怒川・小貝川などが南北に貫流した肥沃な田園地帯を形成しています。特に農業が盛んで、特産の米や、梨、こだまスイカ、キュウリ、トマト、イチゴ、常陸そばは、全国の消費者から高い評価を受けています。 ●筑西市イベント情報(予定) ・下館祇園まつり(下館駅前通り・羽黒神社ほか)7月下旬 ・あけのひまわりフェスティバル(筑西市明野地区)8月下旬〜9月上旬 ・どすこいペア(筑西市役所関城支所)9月上旬 ・小栗判官まつり(筑西市協和地区)12月第一日曜日 ・ダイヤモンド筑波(母子島遊水地)2月14日前後・10月28前後 ※日程等詳細につきましては、こちらでご確認ください。 【筑西市観光協会】 http://www.chikuseikanko.jp ●筑西市PR動画 オリジナルダンスで文字どおり「体を張って」筑西市をPRしています! 2019年「いきいき茨城ゆめ国体」が開催に伴い『剣動画』も公開中!! 【ちくせいムービーちゃんねる】 https://www.city.chikusei.lg.jp/chikusei_channel.php ●移住定住応援サイト「ちくせいかつ」オープン! https://www.city.chikusei.lg.jp/page/dir003888.html

日立市

茨城県日立市(ひたちし)
「日立」の名の由来は、「水戸黄門」として親しまれている水戸藩2代藩主徳川光圀が日立地方を訪れ、海から昇る朝日の美しさに「日の立ち昇るところ領内一」と称えたという故事に由来すると言われています。 日立市は、日本で最も広い関東平野の北端、茨城県の北東部にあり、南北25.9km、東西17.9km、面積は225.71㎢を有しています。 西は阿武隈山系に連なり、東は起伏に富んだ太平洋の海岸線を臨み、穏やかな気候、山・海の豊かな自然環境に恵まれています。 明治時代から鉱業、電気機械産業を中心とした産業が発展し、日本有数の鉱工業都市として成長してきました。 日立市には、長い歴史を物語る貴重な文化遺産が数多くあり、先人たちの確かな息づかいを今に伝えています。 長い海岸線には6か所の海水浴場と漁港があり、賑わいと海の幸をもたらしています。 また、市の地形は縦に長く、市内に5つある常磐線の駅に沿って市街地が形成され発展しています。 かみね公園、奥日立きららの里、吉田正音楽記念館、シビックセンターなど日立市ならではの施設があり、四季を通じて人が集い楽しめる交流拠点を有する茨城県北の中核都市として今も発展し続けています。

牛久市

茨城県牛久市(うしくし)
【紹介】  東京・品川から常磐線で約50分の牛久市(うしくし)は、成田空港や茨城空港へのアクセスも良好で、ギネス認定の世界最大の青銅製立像である「牛久大仏」や、日本初のワイン醸造場「牛久シャトー」など、観光資源に恵まれています。 市内随一の美景である牛久沼のほとりには、明治から昭和にかけて活躍した画家「小川芋銭」のアトリエである雲魚亭(小川芋銭記念館)があり、芸術にゆかりのある地でもあります。また、うしくかっぱ祭りといった特色あるイベントが多数開催され、多くの人でにぎわいます。地元の美味しい特産品が豊富な牛久市へぜひお越しください。 【見どころ】 ・牛久シャトー  明治期の実業家、神谷傅兵衛が建てた日本初の本格的なワイン醸造場「牛久醸造場」の建物群を今に残す施設であり、2020年には日本遺産に認定された牛久市を代表する歴史ある施設です。傅兵衛は、ブランデーのカクテル「電気ブラン」や輸入葡萄酒を日本人の口に合うように甘く精製した「蜂印香鼠葡萄酒」をヒットさせ、葡萄栽培からワイン醸造までを一貫して行える施設の建設をかねてから夢見ておりました。当時の農業界ではフランス種のブドウは日本の土地では育たないとされていましたが、調査研究を重ね、1898年に広さ23町歩の神谷葡萄園を開墾し、5年後の1903年にはついにボルドー地区の最新様式を取り入れた赤レンガ造りの牛久醸造場が完成しました。壮麗は姿は今も現存し、醸造場事務室、醗酵室、貯蔵庫などは明治期の歴史的価値の高い意匠資料となっています。現在は、神谷傅兵衛記念館として見学頂けます。

那珂市

茨城県那珂市(なかし)
「いぃ時間」が流れる自然豊かな那珂市は、住みよさと活力のあふれるまちに挑戦し続けます。 那珂市は茨城県の中心よりやや北部、那珂台地の中央にあり、東京からは100㎞圏内に位置しています。市の南北を流れる那珂川と久慈川の両河川が作り出す那珂台地は土地が肥えていて、穏やかな気候にも恵まれ「那珂かぼちゃ」や「ほしいも」に代表されるような豊かな農産物を育みます。 特に目立った名所はないかもしれません。しかし、ここにはいい感じに田舎な、「いぃ時間」が流れています。そのような「いぃ那珂」をふるさと納税をとおして、皆さまにおすそ分け。

八千代町

茨城県八千代町(やちよまち)
関東平野のほぼ中央、茨城県の南西部に位置する八千代町は、広大な田園風景が広がる実り豊かなまちです。 首都東京から約60kmという恵まれた立地と広大で平坦な土地、温暖な気候を最大限に活かした大規模農業を展開しており、白菜の生産量は全国トップ、メロンや梨も全国有数の生産量を誇っています。初秋になると、筑波山の麓まで続くかのように青々と広がる白菜畑は、まさに八千代町ならではの風景と言えます。 町では、白菜を使った町おこしプロジェクトの一環として、町内の飲食店において、オリジナリティ溢れる「白菜キムチ鍋」を提供したり、町内の精肉店では、白菜をたっぷり使用することで、さっぱりとしながらも肉の旨みが存分に感じられる「白菜メンチカツ」を販売するなど、まさに町ぐるみで町グルメの普及に向けた取り組みを行っています。 また、メロンは県内第2位の産地となっており、春には昔懐かしいプリンスメロンをはじめ、キンショーメロン、ホームランメロン、タカミメロンなどが、秋には「1本1果」の栽培方法で育てられる高級メロン、アールスメロンが栽培されています。 さらに、鬼怒川が育んだ地味豊かな土地で育った梨は「肥土(あくと)梨」と呼ばれ、そのみずみずしさと甘さで、市場からも高い評価を得ているブランド梨です。7月の幸水から始まり、豊水、あきづき、かおり、新星、新高など多くの品種が栽培されており、11月頃まで楽しむことができます。 この他にも、豊かな土壌で育った美味しいお米をはじめ、日本三大銘茶の一つに数えられる「猿島茶」や、町内で生産されたブドウで造られたワイン、丹精込めて育てられた美しいシクラメンなど、数多くの特産品があります。 このように、農業のイメージが強い八千代町ですが、町内には農家さん以外にもアロマキャンドルやプリザーブドフラワー、革製品や鉄道模型など、こだわりを持った事業者の方も数多くいらっしゃいます。 現在、町では「見つけてください やちよの宝物」をキャッチコピーに、日々新たな事業者や返礼品の発掘に力を入れておりますので、ぜひふるさと納税を通じて、八千代町の魅力を存分に感じていただければ幸いです。

処理中です