Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

山梨県

甲府市

山梨県甲府市(こうふし)
人・まち・自然が共生する未来創造都市甲府 四季折々の彩りを魅せてくれる美しい自然に恵まれた、私たちの“心のふるさと”甲府市は、先人たちが共に手を携え、心を一つにして、誇りある文化と歴史を培ってきました。 そして、多くの人・もの・文化が集い交わる県都として、地域の中核的な役割を担っています。 私たちは、このかけがえのないふるさとを次の世代に引き継いでいくために、人の温もりや心の交流を大切にしながら、様々な課題に真摯に取り組み、優しさが実感できるまちづくりを進めていきます。 また、2019年、戦国武将武田信玄公の父である信虎公が、躑躅(つつじ)ヶ崎の地に館を構え、甲斐の府中である「甲府」が誕生して500年を迎えます。 甲府市では、この佳節を「こうふ開府500年」として、歴史・伝統・文化・自然などを見つめ直す機会とするとともに、将来に向けて継承していく事業に取り組んでいます。 今後、開府500年に向けて様々な事業を行ってまいりますので、事業推進に対する皆様からのご支援・ご協力をお願いいたします。

中央市

山梨県中央市(ちゅうおうし)
実り豊かな生活文化都市  中央市は、平成18年2月20日に玉穂町、田富町、豊富村の二町一村が合併し、誕生いたしました。県都甲府市に隣接し、市名のとおり山梨県のほぼ中心に位置します。 恵まれた自然を活かしつつ都市機能の向上と生活環境の整備に取り組んできた中央市。区画整理されたリバーサイドタウンや山梨大学医学部周辺の市街地は、住宅地や大型ショッピングセンターが集積し公共施設も身近にあります。新山梨環状道路の開通など交通アクセスもよいことから、利便性の高い住空間となっています。 2016年「全国住みよさランキング」では。全813都市中31位、利便度は8位と高い評価を受けています。 市では、誰もが住みたくなる、住んでよかったと思えるまち「実り豊かな生活文化都市」を将来像に掲げ、推進しています。

市川三郷町

山梨県市川三郷町(いちかわみさとちょう)
若い世代の住宅環境、子育て環境を手厚くサポートする町 市川三郷町は、甲府盆地の南西に位置し、南アルプスを源流とする釜無川と、秩父山系を源流とする笛吹川が合流し富士川となる左岸に位置しています。四季折々の自然が楽しめる四尾連湖や芦川渓谷、甲斐源氏の基を開いた新羅三郎源義光の三男刑部三郎源義清が館を構え甲斐源氏発祥の記念碑が立つ平塩の岡、江戸時代中期、江戸幕府により甲府・石和と共に市川代官所(陣屋)が置かれていた旧跡、歌舞伎初代市川團十郎の曽祖父・堀越十郎家宣、祖父・堀越重右衛門が居を構え市川團十郎発祥の地として親しまれている歌舞伎文化公園、ぼたん回廊や桜の名所、花火、和紙、はんこなどの地場産業、「大塚にんじん」やとうもろこしの「甘々娘(かんかんむすめ)」に代表される農産物、市川の百祭りをはじめとして地域で大切に守られてきた文化など沢山の魅力が満載です。

富士吉田市

山梨県富士吉田市(ふじよしだし)
富士吉田市は、富士山を中心とした豊かな自然を背景に、本市独自の歴史・伝統・文化を培い、富士北麓地域の政治・経済・文化の中心都市として発展して参りました。 山梨県の南東部、日本一の標高3,776メートルと美しさを誇る富士山の北麓に位置し、海抜750メートルの市街地を形成する高原都市です。 古くから、富士山信仰の町として栄え、御師文化の面影が今も残されています。 また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、政治・経済・文化の面で富士北麓の中核都市としての役割を果たしてきました。

富士河口湖町

山梨県富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)
富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)は、日本最高峰の富士山の北側に位置しています。 周辺を緑豊かな山々に囲まれ、青木ヶ原樹海に代表される森林と原野が広がる自然環境の中で、富士五湖のうち、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖という全く特徴の異なった4つの湖を有する日本屈指の景勝地として高い評価を得ています。 南は富士山の傾斜地、北は御坂山系に挟まれた高原のため夏季は過ごしやすく、四季折々、美しく豊かな自然を求めて国内外から多くの人々が訪れる国際観光地です。 後世に向け「富士山」が世界文化遺産であり続けるよう、様々な政策に取り組んでいます。 都心から車で約90分の場所に位置する富士河口湖町では、河口湖美術館や河口湖ステラシアターなどの文化・観光施設のほか、富士山と湖が眺望できる温泉郷、旅館、ホテルなどの宿泊施設も充実しています。 ハーブフェスティバルや紅葉まつりなど季節を感じることのできるイベントのほかにも、富士山河口湖音楽祭や、4つの湖で行われる花火大会、マラソンなど多彩なイベントが開催され、1年を通じて楽しむことができます。

甲斐市

山梨県甲斐市(かいし)
 山梨県の北西部に位置し、南北に細長い甲斐市は、北部は令和2年度日本遺産に認定された「御嶽昇仙峡」やワイナリーなどの観光名所があり、南部は、釜無川の恵みを受けて、豊かな農地と市街地が広がる緑豊かな市です。  日照時間が長く、昼夜の寒暖差があり、雨の少ない甲斐市の気候は、ブドウ栽培に適しており、人気のシャインマスカットをはじめ、ブドウを原材料とするワインの醸造、ワインを原材料とした餌を与えられて育つ「甲州ワインビーフ」などを生産しています。  その他にも、甲州名物「あわびの煮貝」や「馬刺し」、豊かな自然環境で飼育された鶏が産む「オーガニック卵」など数多くの特産品があります。  豊かな自然と快適な都市機能が調和した美しいまち「甲斐市」の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

都留市

山梨県都留市(つるし)
都留市は東京からおよそ一時間の場所にあり、山梨県の東部に位置します。”平成の名水百選”に選ばれた富士山の清らかな湧水があふれ、”新・花の百名山”に選ばれた三ツ峠山など、周囲を個性ある山々に囲まれた豊かな自然が人々の生活に溶け込んでいます。 湧水を利用したわさびやいちご、水かけ菜、山梨県ブランドサーモン富士の介や湧水ポーク、また、「甲斐絹」に代表される織物のまちならではの上質な生地にこだわった高級寝具などこだわりの特産品が多くあります。 現在は、リニア実験線の拠点基地があることで知られるとともに、人口約 3 万人規模の都市では全国唯一といえる公立大学法人都留文科大学を擁し、多くの学生が集い研鑽に励む、歴史と文化が融合した知的風土を醸し出すまちです。

処理中です