Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

福井県自治体一覧(12件)

おおい町

福井県おおい町(おおいちょう)
輝く笑顔がうみだす希望情熱よせ合うふるさと“おおい”  おおい町は、平成18年3月3日、大飯町と名田庄村が合併して誕生しました。 町域の90%を占める山林と、若狭湾国定公園に面し、美しいリアス式の眺望が得られる海を中心に、豊かな自然に囲まれた町です。この豊かな自然は、きのこや梅、じねんじょなどの「山の幸」、若狭ぐじに代表される新鮮な魚介類などの「海の幸」を特産物としてもたらしてくれます。 ようこそ!おおい町へ  おおい町は関西・中京方面からの観光客を中心に賑わいをみせており、毎年8月には、町の二大イベントである「若狭おおいのスーパー大火勢」、「星のフィエスタ」が盛大に開催され、多くの観光客を魅了します。  また、八ヶ峰家族旅行村やきのこの森など家族そろって楽しめる施設のほか、若州一滴文庫や暦会館などの個性的な文化施設が立地しており、自然に加え魅力ある文化や歴史も満喫できます。

若狭町

福井県若狭町(わかさちょう)
輝きと優しさに出会えるまち 若狭町は、地質学的年代を決定するうえで世界標準となった年縞のある「国指定の名勝 三方五湖」などの豊かな自然や、 宿場町として昔ながらの町並みが残る 「国選定の重要伝統的建造物群保存地区 熊川宿」などの歴史資産を有し、自然と歴史文化が薫る町です。 若狭町では、それら自然・歴史の保全と活用に取り組むために、若狭町に想いを寄せてくださる皆様から広くご寄附(ふるさと納税)を募り、これからのまちづくりに役立ててまいります。ぜひ「ふるさと納税」制度を利用して、若狭町を応援してください。

大野市

福井県大野市(おおのし)
福井県大野市は、霊峰白山の支脈に囲まれ、豊かな自然と美しい水とに恵まれたまちです。山々に降り積もった雪が少しずつ解けて地下に浸透し、まちの至るところから澄んだ水となって湧き出ています。 「名水百選」「平成の名水百選」に加え、「水の郷百選」にも選ばれています。 まちの中心にそびえる越前大野城は、日本三大「天空の城」として全国的に有名になっています。城のふもとには、江戸時代から今もなお残る短冊状の風情ある城下町が広がり、「北陸の小京都」と呼ばれています。 大野市では、未来の子どもたちのため、将来の大野市を豊かなものにするため、「ひかりかがやき、たくましく、心ふれあうまち」の実現を目指し、みんなが大野を好きになる「未来へつなぐまちづくり」を進めています。

高浜町

福井県高浜町(たかはまちょう)
高浜町は福井県のいちばん西に位置する小さな町です。当町はビーチ・マリーナの国際環境認証をアジアで初めて取得した海水浴場、薬草の宝庫で若狭富士と呼ばれる「青葉山」など多くの自然が溢れています。 ふるさと納税をきっかけとして、故郷を懐かしんでいただけるように、またご縁があって高浜町を初めて知っていただけた方には、これから是非高浜町を応援していただけると嬉しく思います。 皆様からの貴重な応援のお気持ちを活かし、暮らしたい、働きたい、訪れたいまちと思っていただける「選ばれる町」高浜町の実現を目指して、これからも精進していきますので、今後ともよろしくお願い致します。

坂井市

福井県坂井市(さかいし)
坂井市版ふるさと納税【寄附市民参画制度】 寄附金の使い道を選ぶことができるのも、ふるさと納税の大きな魅力のひとつです。 坂井市では、寄附金の使い道を市民から募り、 その決定にまで市民の意思を取り入れるという全国で唯一の取り組みを行っております。 返礼品を選ぶときのように、ワクワクしながら寄附金の使い道を選んでみませんか? 寄附金の使い道を考えることは、あなたの好きな”ふるさと”を元気にする第一歩になるかもしれません。 【福井県坂井市のプロフィール】 坂井市は福井県の北部に位置し、県内随一の穀倉地帯である坂井平野が広がる”コシヒカリのふるさと”です!(同市丸岡町はコシヒカリ開発者 石墨博士の故郷です。) その他、若狭牛、甘えび、越前がに、花らっきょう、越前そば、油揚げなど豊かな食に恵まれており、地場産業である越前織による織マークは国内シェアの80%を占めております。 また、景勝地「東尋坊」に代表される海岸線や日本最古の天守閣として知られる「丸岡城」などを有することでも有名です。 心から笑顔になれるまち坂井市へのご支援のほどよろしくお願いします。

福井県庁

福井県福井県庁(ふくいけんちょう)
福井県は子どもたちの学力・体力全国トップクラス、健康長寿、安定した雇用などにより、「幸福度日本一」と評される暮らしやすい県です。 世界三大恐竜博物館の一つである「県立恐竜博物館」や曹洞宗の大本山「永平寺」、現存する日本最古の天守閣を有する「丸岡城」、柱状節理世界三大絶勝の一つともいわれる「東尋坊」、ラムサール条約指定湿地の「三方五湖」など豊かな歴史、文化、自然があります。

敦賀市

福井県敦賀市(つるがし)
2023年に北陸新幹線が敦賀駅まで延伸予定! 首都圏・中京・関西から1本でつながります! 日本が世界に誇る風景地、日本三大松原の「気比の松原」やラムサール条約湿地「中池見湿地」。 100年以上の歴史を誇り鉄道ファンの聖地ともされている、衣掛山のループ線や山中隧道をはじめとする鉄道遺産群。 「越前ガニ」や「敦賀ふぐ」等豊富な海の幸。 日本最北限、甘さが自慢の「東浦みかん」。 ”御食国”のルーツとして、食物の神・伊奢沙別神(いささわけのみこと)が祀られている「氣比神宮」。 これが全て敦賀の魅力。 数えきれない魅力で多くの人やモノを惹き寄せる国際交流拠点都市。 それが「敦賀」です。 ================================ 敦賀の魅力発信サイトできました。 詳しくは、下記ページをご覧ください。 https://kuras-tsuruga.jp/ (上記URLをコピー&ペーストしアドレスバーへ貼り付けてご覧ください。)

小浜市

福井県小浜市(おばまし)
小浜市には、古代から「御食国(みけつくに)」として、塩や海産物などの豊富な食材を都に運び、都の食文化を支えてきた歴史があります。そして今も、受け継がれてきた食や祭礼など様々な文化が息づいています。小浜市はこの文化を受け継ぎ、「食」を中心としたまちづくりを進めています。

鯖江市

福井県鯖江市(さばえし)
鯖江市について 鯖江市は、国内生産シェア9割を占める「眼鏡産業」をはじめ、繊維王国福井の中核を担ってきた「繊維産業」、1500年余の歴史を有し国内の業務用漆器の8割を占める「漆器産業」、そして、近年はIT産業など、産業が集積した「ものづくりのまち」です。 王山古墳をはじめ、古墳の多い古代ロマンのまちであり、近松門左衛門が幼少期を過ごした地域には当時をしのぶ街並みが残っています。 豊かな自然にも恵まれ、日本歴史公園百選に認定されている西山公園は日本海側随一のつつじの名所として親しまれています。 めがねのまちさばえのSDGsについて 鯖江市はものづくり分野を中心に内発的に発展し、成長を遂げてきたまちです。 その発展を支えてきたのは、女性の活躍、時代を見据えイノベーションを繰り広げてきた市民性、市民一人ひとりが主役になれる地域風土にあります。 今後、鯖江市が50年後、100年後と将来にわたって成長力を確保し、持続可能なまちづくりを進め、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、「持続可能な地域モデル"めがねのまちさばえ"」の確立のために、国連で採択された国際目標「SDGs」の理念に賛同し、市民や経済界、市民団体、大学等と協働で一丸となって取り組みます。

あわら市

福井県あわら市(あわらし)
どこまでも広がる田園のむこうに、ゆっくりと夕陽がしずむ。日本海を渡ってきた風に、のんびりと風車がまわる。あぁ、おもえば「贅沢」な景色かもしれない。食卓にはいつも、海の幸、山の幸、里のめぐみ。こんやのお風呂は、どの温泉にしようかな。あぁ、これって「贅沢」な暮らしかもしれない。おはよう。いい天気やの。気ぃつけて、行ってきねの。みんなが声をかけあって、みんながみんなを思いあっている。これがあわらの普通で「ふだん」だけど、よそから見たらとても豊かで「贅沢」かもしれない。みなさん、あわららしい贅沢を見つけてください。そして、どうぞ感じてみてください。ここはあわら市、幸福な福井県にあるちょっと贅沢なまちです。

越前市

福井県越前市(えちぜんし)
越前市は、福井県の中央部に位置し、平成17年10月1日に旧武生市と旧今立町が合併して誕生しました。本市の歴史は大変古く、「大化の改新」の頃に越前の国の国府が置かれ、以来北陸地方の政治・経済・文化の中心部として栄えました。平安時代には、「源氏物語」の作者である紫式部が生涯でただ一度、京の都を離れ、多感な少女時代を過ごした地でもあります。  産業面では、越前和紙や越前打刃物、越前箪笥をはじめとする伝統産業から、電子部品などの先端技術産業に至るまで幅広い産業が集積し、製造品出荷額等が福井県第一位の「モノづくりのまち」として発展を続けています。  また、豊かな緑や清らかな水など、美しい自然を誇る本市は、コウノトリをシンボルに「生きものと共生する越前市」とし里地里山の保全再生や環境調和型農業の推進しており、平成27年9月に「環境・文化創造都市宣言」を行いました。  本市では「働く」「住む」「子育て・教育」「妊娠・赤ちゃん」などの情報が見つかる移住希望者向けポータルサイトを公開しています。詳しくは、下記「住もっさ!越前市」のリンクからご確認ください。  日本を代表する絵本作家かこさとし氏の監修をいただき整備した武生中央公園の「だるまちゃん広場」、「パピプペポー広場」、「コウノトリ広場」には、休日たくさんの家族づれでにぎわいます。  令和2年1月に新庁舎が完成し、令和3年春には新庁舎前の広場が整備されました。令和6年春の北陸新幹線「越前たけふ」駅の開業に向け、現在周辺の整備を行っています。 越前市HP http://www.city.echizen.lg.jp/index.html 越前市観光協会HP http://welcome-echizenshi.jp/

越前町

福井県越前町(えちぜんちょう)
~人と技 海土里(みどり) 織りなす 快適なまち~  福井の冬を代表する味覚の王様「越前がに」で有名な越前町。海岸部が越前加賀海岸国定公園の指定を受けており、自然と豊かな海の恵みに恵まれています。  また、越前海岸は日本水仙の日本三大群生地の一つとして知られており、12月~2月末までの開花シーズンには国道305号から眺めた斜面は水仙でうめつくされ、優しい香りが漂います。内陸部には、織田信長一族ゆかりの「剱神社」や日本六古窯のひとつである「越前焼」、古代山岳信仰の祖と云われる泰澄大師ゆかりの「越知山」など、歴史や文化の香り高い魅力ある観光地が多くあります。ぜひ一度お越しいただき、本物の“越前ブランド”に触れてみてください。 【お問い合わせについて】 越前町ふるさと納税サポート 営業時間 9:30~17:30 (土日祝日・12/29~1/3休み) TEL 050-5526-2902 メール furusato@town-echizen.com ※寄附金受領証明書およびワンストップ特例申請は返礼品とは別に郵送をしております。

処理中です