Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

沖縄県

竹富町

沖縄県竹富町(たけとみちょう)
「わーりたぽーり竹富町」 ~自然と文化がいきづく日本最南端の町~ 沖縄県竹富町は、日本最南端の町として、美しい石西礁湖の海と亜熱帯の雄大な自然に恵まれた西表石垣国立公園を有し、広範囲に点在する大小16の島々からなる島嶼の町です。 日本最後の秘境と言われる西表島には、特別天然記念物のイリオモテヤマネコ、カンムリワシ、亜熱帯特有のマングローブ群落の植物など「自然の宝庫」が残っております。民俗芸能においては、竹富島の種取祭、西表島(祖納・干立)の節祭、小浜島の結願祭等の重要無形文化財をはじめ、各島々での伝統民俗芸能は、今も暮らしの中にいきづき町民のよりどころとなっております。  そこで本町では、「自然の生きるまちづくり」「文化のいきづくまちづくり」「未来にはばたくまちづくり」のために竹富町ふるさと応援寄付金条例を制定し、全国の皆様から「寄附」という応援をいただきながら、自然環境保全や教育、医療福祉の充実、産業の振興等、地域活性化に向けた取り組みを進めています。  「ふるさと(竹富町)」を応援したい、貢献したい、また「竹富町が大好き」など本町とゆかりのある方々に、是非、本町の取り組みに賛同していただけるよう、皆様のあたたかい応援の心をお待ちしております。

八重瀬町

沖縄県八重瀬町(やえせちょう)
八重瀬町は県都那覇市に近接し、那覇空港から車で20分とアクセスしやすい位置にあります。 八重瀬町には様々な地域資源が存在します。八重瀬岳、具志頭海岸に代表される豊かな自然や新人化石骨で国際的にも貴重な「港川人」、勤労の喜びを謡った「汗水節」他、「獅子舞・綱引き・棒術・エイサー・港川ハーレー」などの行事が伝統として受け継がれており、それらはまちの誇りになっています。 産業としては、肥沃な土壌を生かした農業が盛んで「サトウキビ、ピーマン、レタス、ゴーヤー、オクラ、紅にも、洋ラン、小菊、マンゴー、ドラゴンフルーツ」など彩り鮮やかな作物が数多く生産されており、養豚・酪農も盛んに行われております。また、太平洋という豊かな漁場を有しており海の幸も豊富です。近年では、泡盛、黒糖、染物、加工食品、資源リサイクル品の生産など商工業も活気づいています。

南風原町

沖縄県南風原町(はえばるちょう)
南風原町は沖縄本島南部に位置します。県都那覇市に隣接し6市町に囲まれています。 畜産を中心とした農業では県内生産量No1「かぼちゃの里」として知られており、織物では「絣(かすり)」「南風原花織」など生産が村の発展の原動力となり、伝統芸能では、無形民俗文化財に指定されるなど、豊かな自然と伝統文化に恵まれています。

うるま市

沖縄県うるま市(うるまし)
うるま市は、平成17年4月1日に具志川市、石川市、勝連町、与那城町が合併し、誕生しました。沖縄本島中部の東海岸に位置し、世界文化遺産の勝連城跡、風光明媚な海中道路とその先の島しょ地域で、毎年島の風景と一体となったアートフェスなどが行われるなど、多くの観光客が訪れます。 また、旧盆のお盆に行われる、伝統芸能エイサーは、地域で特徴ある踊りが繰り広げられ多くのエイサーファンを魅了しています。さらに、獅子舞フェスティバルや闘牛大会など沖縄の歴史・文化を感じるイベントも多く開催される自然と文化芸能の魅力あるまちです。

読谷村

沖縄県読谷村(よみたんそん)
読谷村は、沖縄本島の中部、西海岸に位置し、東シナ海にカギ状に突き出た半島で人口4万人余りの日本一人口の多い村です。 東には、緑濃い山並み、西は東シナ海に面し、南は「比謝川」を境とし、北は景勝の地「残波岬」に囲まれた、美しい自然と豊かな伝統文化に育まれたところです。 読谷村には、歴史史実として世界遺産に登録された「座喜味城址」の他に「喜名焼」に代表されるヤチムン(焼物)等の伝統文化や各地の民族芸能が継承されています。 また、琉球三線音楽の始祖として讃えられる「赤犬子」のゆかりの地としても知られ、琉球音楽や島唄が盛んです。 読谷村は、【平和・環境】【文化・健康】【自立・共生】の3つの理念を結び、「ゆたさある風(フン)水(シ)、優(マサ)る肝心(チムグクル)、咲き誇る(サチフク )文化(ハナ)ど(ドゥ)、想(ウム)い合(アワ)ち」をむらづくりの目標に主体的創造的に進めています。 読谷村で生まれ育った方、読谷を訪れたことのある方、読谷村が大好きな方、そのような読谷村に思いを寄せるみなさまとともに読谷のむらづくりを行っていきます。全国のみなさまからの応援をお待ちしております。

嘉手納町

沖縄県嘉手納町(かでなちょう)
嘉手納町は、沖縄本島の中部に位置し、県都那覇市からは北へ約23kmの地点にあります。また、町域の約82%が、嘉手納基地として接収されており、まちづくりなどに大きな制約を受けています。 本町は、中国へ渡って甘藷(いも)を持ち帰り、多くの人を飢饉から救った沖縄産業の恩人のひとりである「野國總管」の生誕の地として知られています。その他、産業まつりやハーリー大会、エイサーまつりなど年間を通して様々なイベントが開催され、賑わいをみせていま

処理中です