Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
349952
0
ひのき組立て ミニベンチ 「ならぶ」 F21N-185
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=349952
太い丸太を製造する際に、副産物として生まれる板を利用した子供向けのミニベンチです。幼児が2人ならんで仲良く座るイメージで名付けました。作ることの楽しさも感じてほしいので、ドライバー1本でできる組立式です。100年近く続く地元の木を身近に触れてもらい、木を通じて快適で丁寧な暮らしをお届けいたします。商品には「humming」のブランドロゴが押してあります。「humming」とは、ノッティーハウスリビングの子ども家具ブランドです。※天然木のため、収縮する場合が稀にございます。到着後、お早目に組み立ててください。木の不具合があれば、お問合せください。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/349952_image_1_m.jpg
雑貨・日用品
インテリア・絵画
26000
太い丸太を製造する際に、副産物として生まれる板を利用した子供向けのミニベンチです。幼児が2人ならんで仲良く座るイメージで名付けました。作ることの楽しさも感じてほしいので、ドライバー1本でできる組立式です。100年近く続く地元の木を身近に触れてもらい、木を通じて快適で丁寧な暮らしをお届けいたします。商品には「humming」のブランドロゴが押してあります。「humming」とは、ノッティーハウスリビングの子ども家具ブランドです。※天然木のため、収縮する場合が稀にございます。到着後、お早目に組み立ててください。木の不具合があれば、お問合せください。
10

三重県亀山市

ひのき組立て ミニベンチ 「ならぶ」 F21N-185

ひのき組立て ミニベンチ 「ならぶ」 F21N-185 349952 - 三重県亀山市
  • ひのき組立て ミニベンチ 「ならぶ」 F21N-185
  • 内容量:サイズ(完成後):W710、H235(SH200)、D≒250
    組み立て前パーツ:底面1枚、脚2枚、取付金物セット、取扱説明書
    材質:三重県産材ひのき
  • 配送方法:常温配送

寄附金額 26,000 円

還元ポイント(1%)  260P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

在庫: あり

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
太い丸太を製造する際に、副産物として生まれる板を利用した子供向けのミニベンチです。幼児が2人ならんで仲良く座るイメージで名付けました。作ることの楽しさも感じてほしいので、ドライバー1本でできる組立式です。100年近く続く地元の木を身近に触れてもらい、木を通じて快適で丁寧な暮らしをお届けいたします。商品には「humming」のブランドロゴが押してあります。「humming」とは、ノッティーハウスリビングの子ども家具ブランドです。※天然木のため、収縮する場合が稀にございます。到着後、お早目に組み立ててください。木の不具合があれば、お問合せください。
返礼品名
ひのき組立て ミニベンチ 「ならぶ」 F21N-185
内容量
サイズ(完成後):W710、H235(SH200)、D≒250
組み立て前パーツ:底面1枚、脚2枚、取付金物セット、取扱説明書
材質:三重県産材ひのき
配送方法
常温配送
提供者
三栄林産株式会社
■注意事項/その他
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

亀山市

三重県亀山市のご紹介
位置・地勢・気候・面積 亀山市は、三重県の北中部に位置し、県内の主要都市である津市や四日市市、鈴鹿市からは20km圏内に、名古屋市から約50km、大阪から約100kmに位置しています。 亀山市の北西部には、標高500mから900m前後の鈴鹿の山々が南北に走り、そこから東方面にかけては、傾斜面の丘陵地や台地が形成され、伊勢平野へと続いています。本地域中央部には、加太川や安楽川を支流とする鈴鹿川と中ノ川が東西に流れ、伊勢湾へと注いでいます。 総面積は191.04km2であり、東西方向の延長は約21km、南北方向の延長は約17kmです(国土交通省国土地理院中部地方測量部提供)。 地目別民有地割合は、山林が50.3%と最も多く、次いで、田畑26.1%、宅地13.1%、その他10.5%となっており、三重県内14市の地目別面積合計値の割合(山林50.0%、田畑27.2%、宅地14.7%、その他8.1%)と比較すると、ほぼ平均的な構成となっています。(平成29年三重県統計書)。 歴史 亀山市の歴史は古く、古代、鈴鹿の関は、越前の愛発、美濃の不破とともに律令三関と呼ばれ、都と東国を結ぶ交通の要衝として栄えてきました。 江戸時代に入ると、亀山宿、関宿、坂下宿は東海道の宿場町としてにぎわいました。なかでも関宿は、西の追分から大和・伊賀街道が、東の追分から伊勢別街道が、それぞれ分岐していたため、参勤交代や伊勢参りなど、多くの人やものが行き交いました。また、亀山宿では、亀山城を中心としたまちが形成されたことから、城下町特有のまちとなり、現在の中心市街地の基礎となっています。 明治時代の中頃には、現在のJR関西本線とJR紀勢本線が相次いで開通したことから、亀山は両線が分岐する鉄道のまちとして発展してきました。 一方、道路については、東海道を基軸として国道1号が整備された後、東名阪自動車道、近畿自動車道伊勢線、名阪国道とも結節して、企業が立地し内陸産業都市として発展してきました。 このように、亀山市はそれぞれの時代を通して交通の結節点としての役割を担ってきました。今後はさらに、事業が推進されている新名神高速道路、また、リニア中央新幹線構想による県内駅誘致など更なる結節点としての飛躍が期待できます。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です