Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
278892
2
【美しくエコな織物】佐田岬裂織りテーブルセンター(小)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=278892
明治時代の佐田岬半島で生まれたといわれる「裂織り(さきおり)」は、使い古した布を再利用した、エコな織物です。とっても丈夫なため、この地域では仕事着や祭りのハッピ、また普段使いにも幅広く使用されてきました。さまざまな色や柄の古布を裂いて横糸に使うことで、美しい模様が紡ぎ出される。それはまさに、先人の知恵が織り込まれた偶然の美。そんな美しく丈夫な裂織りによるテーブルセンターは、暮らしに彩りを与えるアイテムとして重宝しそうです!●伝統の裂織りで暮らしに彩りを大きさは幅が約36cm、長さが約45cm。ダイニングテーブルのアクセントに敷いたり、植物や雑貨などを飾ったりと使い方はいろいろ。材料には木綿を使用しているので、汚れたら洗濯機でお洗濯OK。普段の暮らしに気軽に取り入れることができます。●どんな模様に出会えるかはお楽しみ裂織りは、さまざまな色や柄の古布を裂いて横糸に使っているため、一つとして同じものはありません。オンリーワンの美しい織物は、届くまでのお楽しみです。●裂織りの生まれる場所へ佐田岬ならではの伝統文化を守るべく、「佐田岬裂織り保存会」が廃校となった小学校を拠点に、技術の保存と体験の受け入れを実施しています。裂織り体験では、自分で好きな古布を選び、コースター作りになどに挑戦!体験を通して、物を大切にするという当時の精神を感じられる機会になりそうです。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/278892_image_1_m.jpg
雑貨・日用品
その他
8000
明治時代の佐田岬半島で生まれたといわれる「裂織り(さきおり)」は、使い古した布を再利用した、エコな織物です。とっても丈夫なため、この地域では仕事着や祭りのハッピ、また普段使いにも幅広く使用されてきました。さまざまな色や柄の古布を裂いて横糸に使うことで、美しい模様が紡ぎ出される。それはまさに、先人の知恵が織り込まれた偶然の美。そんな美しく丈夫な裂織りによるテーブルセンターは、暮らしに彩りを与えるアイテムとして重宝しそうです!●伝統の裂織りで暮らしに彩りを大きさは幅が約36cm、長さが約45cm。ダイニングテーブルのアクセントに敷いたり、植物や雑貨などを飾ったりと使い方はいろいろ。材料には木綿を使用しているので、汚れたら洗濯機でお洗濯OK。普段の暮らしに気軽に取り入れることができます。●どんな模様に出会えるかはお楽しみ裂織りは、さまざまな色や柄の古布を裂いて横糸に使っているため、一つとして同じものはありません。オンリーワンの美しい織物は、届くまでのお楽しみです。●裂織りの生まれる場所へ佐田岬ならではの伝統文化を守るべく、「佐田岬裂織り保存会」が廃校となった小学校を拠点に、技術の保存と体験の受け入れを実施しています。裂織り体験では、自分で好きな古布を選び、コースター作りになどに挑戦!体験を通して、物を大切にするという当時の精神を感じられる機会になりそうです。
10

愛媛県伊方町

【美しくエコな織物】佐田岬裂織りテーブルセンター(小)

【美しくエコな織物】佐田岬裂織りテーブルセンター(小) 278892 - 愛媛県伊方町
  • 【美しくエコな織物】佐田岬裂織りテーブルセンター(小)
  • 内容量:テーブルセンター(小)1枚
    幅36cm×長さ45cm
  • 配送時期:お申込みから30日以内に発送予定

寄附金額 8,000 円

還元ポイント(1%)  80P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

在庫: あり

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
明治時代の佐田岬半島で生まれたといわれる「裂織り(さきおり)」は、使い古した布を再利用した、エコな織物です。とっても丈夫なため、この地域では仕事着や祭りのハッピ、また普段使いにも幅広く使用されてきました。さまざまな色や柄の古布を裂いて横糸に使うことで、美しい模様が紡ぎ出される。それはまさに、先人の知恵が織り込まれた偶然の美。そんな美しく丈夫な裂織りによるテーブルセンターは、暮らしに彩りを与えるアイテムとして重宝しそうです!●伝統の裂織りで暮らしに彩りを大きさは幅が約36cm、長さが約45cm。ダイニングテーブルのアクセントに敷いたり、植物や雑貨などを飾ったりと使い方はいろいろ。材料には木綿を使用しているので、汚れたら洗濯機でお洗濯OK。普段の暮らしに気軽に取り入れることができます。●どんな模様に出会えるかはお楽しみ裂織りは、さまざまな色や柄の古布を裂いて横糸に使っているため、一つとして同じものはありません。オンリーワンの美しい織物は、届くまでのお楽しみです。●裂織りの生まれる場所へ佐田岬ならではの伝統文化を守るべく、「佐田岬裂織り保存会」が廃校となった小学校を拠点に、技術の保存と体験の受け入れを実施しています。裂織り体験では、自分で好きな古布を選び、コースター作りになどに挑戦!体験を通して、物を大切にするという当時の精神を感じられる機会になりそうです。
返礼品名
【美しくエコな織物】佐田岬裂織りテーブルセンター(小)
申込受付期間
通年
内容量
テーブルセンター(小)1枚
幅36cm×長さ45cm
配送時期
お申込みから30日以内に発送予定
■注意事項/その他
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

伊方町

愛媛県伊方町のご紹介
伊方町 四国の最西端、日本で一番細長い佐田岬半島(半島の長さは約50㎞)に位置する伊方町。 南の宇和海側はなだらかな白砂の連なる海岸、北の瀬戸内海側はリアス式海岸を形成しており、年間平均気温16℃の温暖な海洋性気候に恵まれた伊方町では、段々畑で温州みかん、清見タンゴール、デコポンなどの果樹栽培が盛んです。 天然の好漁場にも恵まれ、高級魚の一本釣りや採介藻、底引き網漁業が主に営まれ美しい自然の中に人々の暮らしが息づいています。 美しい自然とともに豊かな暮らしが営まれてきた伊方町ですが、少子高齢化率が県内でも高く、町の将来への不安感や危機感から、町をあげて地域活性化に取り組んでいます。例えば、県立三崎高校は分校化の危機の中、自治体や地元企業との協働イベントなどを通じて、地域の魅力を積極的に発信。その甲斐あって、分校化の見送りが決定し、県外からの入学生も順調に増加しています。 ここにしかない自然の恵みと地域コミュニティの絆を活かして、ふるさとの未来を明るく、元気に!住民みんなでがんばる伊方町に、ぜひご支援の程よろしくお願いします。 ■□■…………………………………………………… 返礼品・証明書等のお問い合わせはこちらへ 伊方町ふるさと納税担当 TEL:0120-049-763(平日10:00~18:00) ※土日祝日、年末年始を除く E-mail:f384429-ikata-cs@mlosjapan.com ……………………………………………………■□■

返礼品レビュー(0件)

この自治体のおすすめ返礼品

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です