Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

島根県

雲南市

島根県雲南市(うんなんし)
生命と神話が息づく新しい日本のふるさとづくり 「課題先進地」から「課題解決先進地」へ 雲南市は、笑顔あふれる地域の絆、世代がふれあう家族の暮らし、美しい農山村の風景、多彩な歴史遺産、新鮮で安心な食と農という私たちのふるさとが伝承してきた5つの恵みを受け継ぎまちづくりを進めています。一方で、少子高齢化がすすむ雲南市は、日本の25年先の課題先進地でもあります。今、その課題解決向けチャレンジしようとしている子どもたちや若者がいます。10年先も、20年先も、自分らしく暮らせるまちにするために、彼らのチャレンジをサポートし、雲南の、日本の未来をひらくチャレンジをはじめます。

邑南町

島根県邑南町(おおなんちょう)
豊かな自然と人情あふれるA級グルメの町 邑南町は島根県の中部に位置し、広島県と接する人口11,000人の町です。 基幹産業は農業であり、中国山地の豊かな自然に囲まれ、清らかな水と澄んだ空気に恵まれた高原地です。 ◆子育てしやすさ日本一を目指して 邑南町は子育て世代に優しく住みやすい町づくりを目指す「日本一の子育て村構想」に取り組んでおり、 中学校卒業までの医療費無償化、第2子以降の保育料無償化など、子どもを安心して産み育てられる 環境の整備に重点を置いています。 四季折々の表情を見せる自然の中で、安心してのびのびと子育てをしてみませんか? ◆豊かな自然の中で育まれた「A級」の食材と食文化 標高が高く、昼夜の気温差が大きい邑南町はおいしい農作物の宝庫です。 また、生産者の方がこだわりを持って丁寧に育てた石見ポークや石見和牛などのおいしいお肉、 珍しい国産キャビアなど多種多様なグルメが揃っています。 こうした邑南町の上質な食材やここでしか食や体験を「A級グルメ」と定義し、町の魅力を より多くの方々に知っていただきたいと取り組んでいます。

浜田市

島根県浜田市(はまだし)
平成17年10月1日に、浜田市、金城町、旭町、弥栄村、三隅町の5市町村が合併し、新「浜田市」が誕生しました。 全国に誇れる海、山などの美しい自然と、日本遺産に認定された石見神楽やユネスコの無形文化遺産に記載された石州半紙などの伝統文化、海水浴場、しまね海洋館アクアスなど豊かな自然を活かした観光資源を有しており、また、高速道路、港湾などの都市基盤や大学、美術館をはじめとする教育文化施設が充実した、人と文化と自然の調和のとれた島根県西部の中核都市です。

海士町

島根県海士町(あまちょう)
海士町は、人口約2,300人の半農半漁の町で、日本海に浮かぶ隠岐諸島の有人島の一つです。奈良時代に後鳥羽上皇がご配流になった歴史があり、神楽や俳句などの歴史文化や伝統も残っています。また島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島で、きれいな海や夜空一面の星を見ることができます。 海士町は、急激に進んだ少子高齢化・過疎化など島国日本の縮図です。現在の島の人口は 2300 人弱で、年間に生まれる子どもは約10人、そして人口の4割が65歳以上という超少子高齢化の過疎の町です。そうした人口の流出と財政破綻の危機の中、独自の行財政改革と産業創出によって、今や日本で最も注目される島の一つとなっています。 雇用の拡大や島外との積極的な交流により、2004 年からの 15 年間で 428 世帯 624 人の I ターン者、204 人の Uターン者が生まれ、島の全人口の 20% を占めています。いまでは新しい挑戦をしたいと思う若者たちの集う島となっており、まちおこしの挑戦モデルとして全国から関心を集めています。 海士町には日本らしさがまだ残っており、そしてそこには新しい価値観と問題解決へのヒントがあります。私たちはこれからも、未来向かって「小さな島の挑戦」を続けます。

処理中です