Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
77581
0
AD129元祖 具雑煮 姫松屋のペアお食事券
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=77581
 「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことで、「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。  「具雑煮」は、寛永14年(1637年)の島原・天草一揆のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ、山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。  これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。  姫松屋の具雑煮は、シロナ、かまぼこ3種類、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐、れんこん、鶏肉、餅、春菊の計13種類の厳選した地元の食材にこだわりのダシが決め手です!  この姫松屋の具雑煮と刺身などがセットになった松定食のペアお食事券をお届けします。 <有限会社 姫松屋>
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/77581_image_1_m.jpg
イベントやチケット等
イベントやチケット等
お食事券
20000
 「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことで、「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。  「具雑煮」は、寛永14年(1637年)の島原・天草一揆のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ、山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。  これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。  姫松屋の具雑煮は、シロナ、かまぼこ3種類、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐、れんこん、鶏肉、餅、春菊の計13種類の厳選した地元の食材にこだわりのダシが決め手です!  この姫松屋の具雑煮と刺身などがセットになった松定食のペアお食事券をお届けします。 <有限会社 姫松屋>
10

長崎県島原市

AD129元祖 具雑煮 姫松屋のペアお食事券

AD129元祖 具雑煮 姫松屋のペアお食事券 77581 - 長崎県島原市
  • AD129元祖 具雑煮 姫松屋のペアお食事券
  • 内容量:具雑煮定食 松 ペアお食事券

寄附金額 20,000 円

還元ポイント(1%)  200P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
 「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことで、「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。
 「具雑煮」は、寛永14年(1637年)の島原・天草一揆のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ、山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。
 これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。
 姫松屋の具雑煮は、シロナ、かまぼこ3種類、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐、れんこん、鶏肉、餅、春菊の計13種類の厳選した地元の食材にこだわりのダシが決め手です!
 この姫松屋の具雑煮と刺身などがセットになった松定食のペアお食事券をお届けします。

<有限会社 姫松屋>
返礼品名
AD129元祖 具雑煮 姫松屋のペアお食事券
申込受付期間
通年
内容量
具雑煮定食 松 ペアお食事券
■注意事項/その他

※商品コード:
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

島原市

長崎県島原市のご紹介
長崎県の南東部島原半島の東端にある、温暖な気候で水と緑に恵まれた島原市(しまばらし)。徳川時代、松平七万石の城下町として栄えた名残で、現在も島原城を囲むお堀と点在する武家屋敷が古き面影を漂わせている、古くから政治・経済・文化の中核的役割を担う都市です。 西には「眉山」、その奥には1990年に噴火した雲仙普賢岳の溶岩ドーム「平成新山」、東には「有明海」を望む風光明媚な城下町です。 島原市はキリシタンをはじめとする歴史的遺産、火山や温泉、街中をゆったりと流れる湧水群などの地域資源を活かした観光都市であり、また、県下有数の食の宝庫でもあります。肥沃な大地の恩恵を受け、豊かな農業地帯が生み出す、四季折々多種多様な島原産のブランド野菜の数々。ミネラル豊富な有明海の新鮮な天然モノの魚介類と技術を結集した養殖モノの魚介類。さらには、魅力的で質が高い肉を生産する畜産業や素材力を存分に活かした加工品など島原には“美味しい”がいっぱいです。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です