Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
273165
0
BA-20 【さとりナチュラル】名刺入れ/葡萄(HCK14 E-Z)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=273165
[ここにしかない、銘柄牛革の最高傑作]黒毛和牛の銘柄牛の牛革を使用した【さとりナチュラル】シリーズの名刺入れです。いわゆる「霜降り」が人気の銘柄黒毛和牛は、食肉同様、皮革にも油分を潤沢に含んでいるため、限られた製革所でしか扱うことができません。また、その革素材は繊細な素材であるため、縫製作業にも非常に高度な技を要します。日本が誇る技術を結集して作られたのが「さとりナチュラル」シリーズです。使うほどに艶と柔らかさが生まれる独特の風合が特徴の皮革は、熟練の日本の職人の手によって、仕立て、縫製、仕上げられた匠の技が光る逸品。きめが細かくしっとりとした質感のこの革は、使うほどに味わい深い気品を醸し出します。【さとりナチュラル】シリーズは、表革は銘柄牛ならではの風合いが楽しめ、内側はヌメ革を使用し、丈夫さと表革との質感の違いを楽しめる商品に仕上げました。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/273165_image_1_m.jpg
雑貨・日用品
その他
40000
[ここにしかない、銘柄牛革の最高傑作]黒毛和牛の銘柄牛の牛革を使用した【さとりナチュラル】シリーズの名刺入れです。いわゆる「霜降り」が人気の銘柄黒毛和牛は、食肉同様、皮革にも油分を潤沢に含んでいるため、限られた製革所でしか扱うことができません。また、その革素材は繊細な素材であるため、縫製作業にも非常に高度な技を要します。日本が誇る技術を結集して作られたのが「さとりナチュラル」シリーズです。使うほどに艶と柔らかさが生まれる独特の風合が特徴の皮革は、熟練の日本の職人の手によって、仕立て、縫製、仕上げられた匠の技が光る逸品。きめが細かくしっとりとした質感のこの革は、使うほどに味わい深い気品を醸し出します。【さとりナチュラル】シリーズは、表革は銘柄牛ならではの風合いが楽しめ、内側はヌメ革を使用し、丈夫さと表革との質感の違いを楽しめる商品に仕上げました。
10

埼玉県鴻巣市

BA-20 【さとりナチュラル】名刺入れ/葡萄(HCK14 E-Z)

BA-20 【さとりナチュラル】名刺入れ/葡萄(HCK14 E-Z) 273165 - 埼玉県鴻巣市
  • BA-20 【さとりナチュラル】名刺入れ/葡萄(HCK14 E-Z)
  • 内容量:商品サイズ:H75×W113×D13mm
  • 配送方法:常温配送
  • 配送時期:寄附納入確認後、1ヶ月以内を目安に発送します。

寄附金額 40,000 円

還元ポイント(1%)  400P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

在庫: あり

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
[ここにしかない、銘柄牛革の最高傑作]黒毛和牛の銘柄牛の牛革を使用した【さとりナチュラル】シリーズの名刺入れです。いわゆる「霜降り」が人気の銘柄黒毛和牛は、食肉同様、皮革にも油分を潤沢に含んでいるため、限られた製革所でしか扱うことができません。また、その革素材は繊細な素材であるため、縫製作業にも非常に高度な技を要します。日本が誇る技術を結集して作られたのが「さとりナチュラル」シリーズです。使うほどに艶と柔らかさが生まれる独特の風合が特徴の皮革は、熟練の日本の職人の手によって、仕立て、縫製、仕上げられた匠の技が光る逸品。きめが細かくしっとりとした質感のこの革は、使うほどに味わい深い気品を醸し出します。【さとりナチュラル】シリーズは、表革は銘柄牛ならではの風合いが楽しめ、内側はヌメ革を使用し、丈夫さと表革との質感の違いを楽しめる商品に仕上げました。
返礼品名
BA-20 【さとりナチュラル】名刺入れ/葡萄(HCK14 E-Z)
内容量
商品サイズ:H75×W113×D13mm
配送時期
寄附納入確認後、1ヶ月以内を目安に発送します。
配送方法
常温配送
提供者
株式会社バンビ
■注意事項/その他
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

鴻巣市

埼玉県鴻巣市のご紹介
鴻巣市は埼玉県のほぼ中央に位置し、南西部を秩父山地を源流とする荒川が流れ、関東ローム層や荒川沖積層からなる肥沃な土地で、気候にも恵まれ、花卉や果樹などの栽培に適しています。 「こうのす」の名の由来は、かつてこの地に无邪志国(むさしのくに)の国府が置かれたことから「国府の州」が「こうのす」と転じ、後に「鴻(こうのとり)伝説」から「鴻巣」の字を当てるようになったと伝えられています。 昭和29年に1町5村(鴻巣町、箕田村、田間宮村、馬室村、笠原村、常光村)が合併して県内17番目の市として誕生した本市は、江戸時代には中山道の宿場町として栄え、380年余の伝統を誇る「ひな人形のまち」として、また近年では「花のまち」としても全国にその名が知られています。平成17年10月1日に、吹上町、川里町と合併し、新鴻巣市が誕生しました。 現在では首都圏50キロメートル圏内という地理的条件に恵まれ、県央部の中核都市として発展を続けています。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です