Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
211449
0
バンブーフライロッド
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=211449
1本1本手間と時間をかけ職人が作り上げたバンブーフライロッド 小中規模河川で使い勝手の良い長さ、ライン番手、ミディアムアクション 1匹の魚との出会い・駆け引きを上質なものにしたい貴方にオススメの1本です。 横田バンブーフライロッドを通して自然との一体感をお楽しみください。 イワナ、ヤマメなどをフライ(毛針)で釣るバンブーフライロッド(竹製洋式毛針竿)です。 1991年より、今までに1800本以上のバンブーフライロッドを世に送り出した、横田ロッドこと釣り竿職人横田純さんが、竹の削りだし、金属パーツの成型など職人技による手作りの完全受注生産品となります。 作業工程の概略としては、乾燥させて割った竹をカンナでテーパーの付いた正三角柱に削ります。 この正三角柱を6本貼り合わせ、6角形の竿を作ります。 この時の形状はとても長い鉛筆のような感じです。 専用の成型用の器具を使用し、細い先端から太い下端まで100分の1ミリの精度で作りこんでいます。 これにガイドやグリップ等の各パーツを取り付け、塗装・乾燥させて完成となります。 ■横田ロッド 横田純さんは、1960年に長野県で生まれ、4才の時に父親に教わった千曲川での流し毛ばりが始まりと言います。 フライフィシングだけでなく釣りはなんでも好き、いわゆる「釣りキチ」です。グラスやカーボンといった素材が現在の釣り竿の主流ですが、釣り竿としての竹の面白さにひかれていきました。 1990年に8年の会社勤めを経てこの道に入り、長野市篠ノ井に工房を構えています。 竹には1本1本曲がりや節などの個性があり、それらの性質を見極めたうえで焼き入れ・補正などを行い、バンブーフライロッドを作り上げます。 竿の要となる竹の素材はもちろん、コーティングに使う塗料の温度管理、ガイド、リールシート金具以外は自身で製作する等のこだわりよう。 1本の竿を最後まで一人で作り上げる職人だから出来る技です。 素材の味わい・自然と調和するようなバンブーフライロッドをお楽しみください。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/211449_image_1_m.png
工芸品・装飾品
民芸品・工芸品
雑貨・日用品
その他
398000
1本1本手間と時間をかけ職人が作り上げたバンブーフライロッド 小中規模河川で使い勝手の良い長さ、ライン番手、ミディアムアクション 1匹の魚との出会い・駆け引きを上質なものにしたい貴方にオススメの1本です。 横田バンブーフライロッドを通して自然との一体感をお楽しみください。 イワナ、ヤマメなどをフライ(毛針)で釣るバンブーフライロッド(竹製洋式毛針竿)です。 1991年より、今までに1800本以上のバンブーフライロッドを世に送り出した、横田ロッドこと釣り竿職人横田純さんが、竹の削りだし、金属パーツの成型など職人技による手作りの完全受注生産品となります。 作業工程の概略としては、乾燥させて割った竹をカンナでテーパーの付いた正三角柱に削ります。 この正三角柱を6本貼り合わせ、6角形の竿を作ります。 この時の形状はとても長い鉛筆のような感じです。 専用の成型用の器具を使用し、細い先端から太い下端まで100分の1ミリの精度で作りこんでいます。 これにガイドやグリップ等の各パーツを取り付け、塗装・乾燥させて完成となります。 ■横田ロッド 横田純さんは、1960年に長野県で生まれ、4才の時に父親に教わった千曲川での流し毛ばりが始まりと言います。 フライフィシングだけでなく釣りはなんでも好き、いわゆる「釣りキチ」です。グラスやカーボンといった素材が現在の釣り竿の主流ですが、釣り竿としての竹の面白さにひかれていきました。 1990年に8年の会社勤めを経てこの道に入り、長野市篠ノ井に工房を構えています。 竹には1本1本曲がりや節などの個性があり、それらの性質を見極めたうえで焼き入れ・補正などを行い、バンブーフライロッドを作り上げます。 竿の要となる竹の素材はもちろん、コーティングに使う塗料の温度管理、ガイド、リールシート金具以外は自身で製作する等のこだわりよう。 1本の竿を最後まで一人で作り上げる職人だから出来る技です。 素材の味わい・自然と調和するようなバンブーフライロッドをお楽しみください。
10

長野県長野市

バンブーフライロッド

バンブーフライロッド 211449 - 長野県長野市
  • バンブーフライロッド
  • 内容量:竹製釣り竿
    ・スウェルバット仕様
    ・アクション:ミディアム
    ・長さ:7'0" ライン番手:#3/4
    ・2pc 1tip
    ・布袋付き

    製造地:長野市
  • 配送方法:常温配送

寄附金額 398,000 円

還元ポイント(1%)  3,980P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。
  • こちらの自治体は1寄附当たりの返礼品申込数に上限があります。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
1本1本手間と時間をかけ職人が作り上げたバンブーフライロッド
小中規模河川で使い勝手の良い長さ、ライン番手、ミディアムアクション
1匹の魚との出会い・駆け引きを上質なものにしたい貴方にオススメの1本です。
横田バンブーフライロッドを通して自然との一体感をお楽しみください。

イワナ、ヤマメなどをフライ(毛針)で釣るバンブーフライロッド(竹製洋式毛針竿)です。
1991年より、今までに1800本以上のバンブーフライロッドを世に送り出した、横田ロッドこと釣り竿職人横田純さんが、竹の削りだし、金属パーツの成型など職人技による手作りの完全受注生産品となります。

作業工程の概略としては、乾燥させて割った竹をカンナでテーパーの付いた正三角柱に削ります。
この正三角柱を6本貼り合わせ、6角形の竿を作ります。
この時の形状はとても長い鉛筆のような感じです。
専用の成型用の器具を使用し、細い先端から太い下端まで100分の1ミリの精度で作りこんでいます。
これにガイドやグリップ等の各パーツを取り付け、塗装・乾燥させて完成となります。

■横田ロッド
横田純さんは、1960年に長野県で生まれ、4才の時に父親に教わった千曲川での流し毛ばりが始まりと言います。
フライフィシングだけでなく釣りはなんでも好き、いわゆる「釣りキチ」です。グラスやカーボンといった素材が現在の釣り竿の主流ですが、釣り竿としての竹の面白さにひかれていきました。
1990年に8年の会社勤めを経てこの道に入り、長野市篠ノ井に工房を構えています。
竹には1本1本曲がりや節などの個性があり、それらの性質を見極めたうえで焼き入れ・補正などを行い、バンブーフライロッドを作り上げます。
竿の要となる竹の素材はもちろん、コーティングに使う塗料の温度管理、ガイド、リールシート金具以外は自身で製作する等のこだわりよう。
1本の竿を最後まで一人で作り上げる職人だから出来る技です。
素材の味わい・自然と調和するようなバンブーフライロッドをお楽しみください。
返礼品名
バンブーフライロッド
内容量
竹製釣り竿
・スウェルバット仕様
・アクション:ミディアム
・長さ:7'0" ライン番手:#3/4
・2pc 1tip
・布袋付き

製造地:長野市
配送方法
常温配送
提供者
横田ロッド
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※受注生産品のためお申し込みから3か月程お時間を頂きます。
※商品コード: 55660893
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

長野市

長野県長野市のご紹介
幸せ実感都市『ながの』 ~“オールながの”で未来を創造しよう~ 長野市は長野県の北部に位置し、古くから善光寺の門前町として栄えてきたまちです。 善光寺や真田十万石の城下町・松代の真田邸といった歴史情緒あふれる建造物と、戸隠・鬼無里・中条・信州新町に代表される四季折々の豊かな自然が自慢です。 果物の生産でよく知られ、雄大な自然の中で栽培されるりんごやぶどう、桃などは全国的にも高い評価をいただいています。 近年では1998年に冬季オリンピックを開催し、「観光都市・国際都市NAGANO」としても発展を続けている長野市を、ぜひ応援してください。

返礼品レビュー(0件)

この自治体のおすすめ返礼品

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です