1. HOME
  2. インタビュー
  3. 富山県射水市の紹介

富山県射水市の紹介

かつて北前船の中継地として栄えた港町、富山県射水市。
市内にはかつての面影を残す運河があり、住まう人々に海の恵みをもたらしています。

-射水の新鮮な海の幸を扱う水産仲卸「有限会社孫七・川田水産」

こちらは老舗水産加工会社で、主にに特産品の「紅ズワイガニ」を扱っています。
川田社長はこの道35年のベテランで、市場でのカニの選別も担う重要な存在。

射水のカニは冷凍ではなく、とれたてをボイルしてその美味しさを閉じ込め、さまざまな地域に送られています。

この射水の新湊の紅ズワイガニは「日戻り」という操業でとれたもの。
「日戻り」とは、夜中の0時に出漁して、同じ日のお昼の1時には競りにかける漁のことで、鮮度の良さが自慢です。

紅ズワイガニ

-独自の梨の長期保存方法を新開発し、日本で初めて取り入れた「藤岡農園」

こちらでは「きららか梨」という独自ブランドの梨を栽培しています。

ミネラル豊かな富山湾の海洋深層水と、特産の白えびやウニを肥料として使い、独自の保存法によって熟成させているので、一年を通じて美味しさを味わえます。

深層水は糖度を上げるために使い、白えびや生ウニはカルシウム・カリウムがあるので、梨の保存状態が良くなります。

研究を重ねて新開発した「氷温保存」という保存方法を取り入れることで、市場に梨がない時期にもほぼ一年中、おいしい梨をお届けすることができるようになりました。

射水市の返礼品には、あくなき探究心と味へのこだわりが詰まっています。

商品を、「最もおいしい状態でお客様に届けたい」という想いと、射水市の豊富な海の恵みによって実現する最高の品質。ぜひ実際に味わってみて下さい。

きららか梨

関連記事