1. HOME
  2. 年金関連
  3. 年金はいつからいくらもらえる?仕組みや受給開始年齢、年金支給日、見込額の試算方法をまとめました

年金はいつからいくらもらえる?仕組みや受給開始年齢、年金支給日、見込額の試算方法をまとめました

  • 年金がそもそもどんな制度なのか理解したい
  • 年金がいつから受給できるか知りたい
  • 年金がいくらもらえるか把握したい

このような考えをお持ちではないでしょうか?

この記事では年金の仕組みについて解説します。上記のような考えをお持ちの方はぜひ読んでみてくださいね。

年金の仕組みを解説!公的年金の種類は「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3つ

ではまずは「年金」がどういった制度なのか確認しましょう。

年金とは、家計を支える人が老齢になったり障害をもったりした場合に生活を続けるのが困難とならないように金銭給付を行う社会保障制度です。

年金には様々な種類がありますが、大まかには下記の2種類に分類されます。

  • 国が運営・管理する公的年金
  • 民間が運営・管理する私的年金

日本では20歳以上60歳未満の国民は原則として公的年金への加入が義務化されています。

対して私的年金は個人の意思で入るものです。私的年金に加入した場合は原則として公的年金と掛け持ちをする形となります。

その代わり、加入した私的年金団体が用意した優待を受けることができたり、老齢になった時に受け取れる金額が増えたりします。興味のある方は自分の理想と会う私的年金団体を探してみてはいかがでしょうか。

ここでは、日本に住む多くの方の義務である公的年金について話をしていきましょう。
国が運営・管理する公的年金は3種類あります。

  1. 国民年金
  2. 厚生年金
  3. 共済年金

日本国民であれば、このどれかに確実に加入することになります。詳しく見ていきましょう。

参考:公的年金の種類と加入する制度|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/seidozenpan/shurui-seido/20140710.html

公的年金の種類1.国民年金

まず1つ目の国民年金とは、日本国内に住所をもつ20歳以上60歳未満の全員が加入するものです。
これに加入し決められた保険料を納めれば、高齢になったり死亡した場合に「基礎年金」を受け取ることができます。

この国民年金には、

  1. 第1号被保険者
  2. 第2号被保険者
  3. 第3号被保険者

の3種類があります。それぞれ、どの制度に加入するかで「保険料の納め方」が変わります。

1.第1号被保険者:農業をする方、学生、フリーター、無職の方など
納付書や口座振替などを使い自分で納めます。

2.第2号被保険者:65歳以上で老齢年金を受ける人を除いた、厚生年金保険の適用を受ける事業所に勤務する方
国民年金保険料は厚生年金保険料に含まれるため、厚生年金をかける人は自動的に加入することになります。すると厚生・共済各制度から基礎年金拠出金が交付されます。

3.第3号被保険者:年間収入が130万円以下で第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の方
国民年金保険料は配偶者の加入する年金制度で一括負担されます。

ひとまず、ここでは上記の3種類があるとだけ覚えておいてくださいね。

ちなみに、どの被保険者であっても国民年金の保険料は定額です。例えば、平成29年度国民年金保険料は月額16,490円でした。

そして、支給額に関しては加入月数に応じて変動します。
例えば、平成30年度の満額支給額は年額779,300円と日本年金機構が発表しました。この満額支給とは20歳から60歳までの保険料を滞納や遅延なく納付し続けたという意味です。

(数字は該当年のものです。毎年、定額の保険料や満額支給の年額は変動します。)

この2つの情報を組み合わせると、「20歳以上60歳未満の間に月額16,490円の保険料を納めると、老後は年額779,300円の給付を受けられる」ということになります。

  • 40年間で支払う金額:月額16,490円×40年間(480ヶ月)=7,915,200円
  • 満額支給の場合、老後1ヵ月あたりでもらえる金額:年額779,300円÷12ヶ月=月々64,941円

このように計算してみるとわかりやすいですね。簡単に言うと、国民年金を利用し毎月16,490円の保険料を支払うと、老後は月々64,941円の給付が受けられる仕組みなのです。

ただ、実際はいつ亡くなるかわかりませんし、給付の金額が年々引き上げられるなどの問題もあります。現実は色々な不確定要素が加味されますが、あくまで仕組みとしては上記のように考えられるのです。

参考:平成 30 年度の年金額改定についてお知らせします~年金額は昨年度から据え置き~|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12502000-Nenkinkyoku-Nenkinka/0000192296.pdf

公的年金の種類2.厚生年金

2つ目の厚生年金とは、1つ目に紹介した国民年金の第2号被保険者の方が加入する仕組みです。この厚生年金に加入する方は、国民年金の給付である「基礎年金」に加えて、「厚生年金」を受けることができます。

公的年金の種類3.共済年金

3つ目の救済年金は国家公務員、地方公務員、私立学校の教員などに向けた年金です。「共済(組合)制度」とも呼ばれることもあります。

年金はいくらもらえる?→金額は日本年金機構の年金見込額試算で把握しよう

それぞれ年金の種類について解説をしました。

その中で国民年金保険料の満額支給を受けた場合について計算を交えつつ仕組みをお話しましたが、誰もが「満額支給の方」とは限りませんね。

中には転職をされて該当する年金制度が途中で変わったり、数ヶ月の遅延をしてしまったり、それぞれの状況があるかと思います。

そういった状況も合わせて実際にご自身がどれだけの給付を受け取ることができるかは、日本年金機構の年金見込額試算で把握しましょう。

見込額試算は日本年金機構の運営する「ねんきんネット」が提供するサポートの1つです。ご自身の条件を設定することで、将来受け取る老齢年金の見込額を試算できます。

参考:年金見込額試算|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/n_net/n_net/estimatedamount.html

年金の受給開始年齢はいつ?→受け取りは原則65歳からですが引き上げもあるため「ねんきん定期便」で確認しよう

ちなみに、年金の受給開始年齢は原則65歳からとされています。

つまり、20歳以上60歳未満の間に保険料を納め、65歳以上になってから受給できるのです。

ただ、この受給開始年齢は引き上げされる場合もあります。そのため、確実な情報は社会保険庁が2009年4月から実施している「ねんきん定期便」での確認がおすすめです。

「ねんきん定期便」では、受給開始年齢だけでなく公的年金の保険料納付実績や将来受給できる年金額の見込みなども確認できます。
国民年金・厚生年金保険の被保険者には、毎年1回、誕生月に郵便で発送されていますよ。

参考:大切な「未来」への情報、「ねんきん定期便」をお届けしています|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/nenkinkiroku/torikumi/teikibin/20150331-05.html

「ねんきん定期便」に関してはこちらの記事でもお話しています。合わせて読んでみてくださいね。

年金 定期便 個別ページへのリンク

年金支給日はいつ?→原則として偶数月の15日

受給開始年齢になった後、年金は決まった月の決まった日に振り込まれます。

原則としてはこちらのように偶数月の15日が支給日です。

年金の支払い月 支払い対象月
2月 12月~1月の2ヶ月分
4月 2月~3月の2ヶ月分
6月 4月~5月の2ヶ月分
8月 6月~7月の2ヶ月分
10月 8月~9月の2ヶ月分
12月 10月~11月の2ヶ月分

ちなみに、15日が土曜日や日曜日、もしくは祝日の場合はその直前の平日に振り込まれます。

参考:年金の支払月はいつですか。|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/faq/jukyu/uketori/shiharaiduki/20140421-01.html

年金支給日に関する詳しい情報はこちらの記事でもお話しています。何か疑問や困ったことがある方はぜひ読んでみてくださいね。

年金支給日 個別ページへのリンク

年金相談は電話でも可能!日本年金機構や年金事務所に連絡しよう

ここまで、年金ついての情報を解説しました。もし何かわからないことがある場合は日本年金機構や年金事務所に連絡すると相談できますよ。

年金事務所とは日本年金機構が運営する窓口機関です。簡単な質問にも丁寧にこたえてくれますから答えてくれるのでお気軽に相談してみてくださいね。

実際に足を運ぶ場合は予約をとって面談ができます。ご自宅から遠い場合は電話でも受け付けていますのでご検討してみてください。

ちなみに、受付時間は平日の午前8時30分から午後5 時15分までです。平日は年金事務所に行けないという方は、時間延長や週末相談の時を利用してもいいですね。

補足:年金手帳を紛失し再発行したい場合→年金事務所に年金手帳再交付申請書を提出しよう

補足ですが、年金事務所では相談以外にも

  • 年金手帳・年金証書の再発行
  • 健康保険・厚生年金保険に関する事業所からの届出の受付
  • 保険料の徴収

などの対応を行っています。

例えば、年金手帳を紛失した場合も年金事務所で再発行手続きが可能ですよ。

支給日や受給開始年齢を把握して年金をしっかりと受け取ろう

この記事では年金に関しての情報をまとめました。

重要なポイントをおさらいすると、

  • 年金とは、家計を支える人が老齢になったり障害をもった場合、生活を続けるのが困難にならないように金銭給付を行う社会保障制度
  • 国が運営・管理する公的年金と民間が任意で行う私的年金の2種類に分られる
  • 日本では20歳以上60歳未満の国民は原則として公的年金への加入が義務化
  • 公的年金の種類は「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3つ
  • 20歳以上60歳未満の間に保険料を納め、65歳以上になってから受給できる
  • 年金支給日は原則として偶数月の15日
  • 受給開始年齢は原則65歳。ただし、引き上げもあるため「ねんきん定期便」で確認しよう
  • 何か困った場合は日本年金機構や年金事務所に相談しよう

といった形です。

日本では公的年金への加入は義務です。だからこそ、支給日や受給開始年齢を把握してしっかりと年金を受け取りましょう。

関連記事