1. HOME
  2. 年金関連
  3. 手軽に試算ができる!ねんきんネットで年金記録や将来受け取る年金額を知るための使い方をご紹介します。
ふるさと納税

手軽に試算ができる!ねんきんネットで年金記録や将来受け取る年金額を知るための使い方をご紹介します。

あなたの年金の状況を知るために便利なねんきんネットをご存知ですか?

  • 今までどれくらい年金を納めたのかわからない
  • 将来もらえる年金見込金額を知りたい

というときに便利なのが「ねんきんネット」です!

この記事では、ねんきんネットについて詳しく紹介していきます。

具体的には、

  • ねんきんネットの使い方
  • ねんきんネットで困った時どうすればいいか

について解説します。ご参考いただけますと幸いです。

ねんきんネットは自分の年金記録や将来受け取る年金を知るの便利なサイト

ねんきんネットとは、年金にまつわる情報をインターネットで24時間いつでもどこでも確認できるサービスです。
正しくは「にほんねんきんネット」ではなく「日本年金機構」が運営している「ねんきんネット」というサービス名です。

ねんきんネットでは主に、

  • ご自身の今まで納めた年金記録
  • 将来受け取り年金見込額
  • 日本年金機構から送り届けられた通知書

などの情報を、パソコンやスマートフォンで確認することができます。

ねんきんネットの使い方を詳しくご紹介

それでは、ねんきんネットの使い方をお伝えします。

 

将来もらえる年金がいくらか知りたいなら「ねんきんネット」で試算してみよう

まずは、将来の年金見込金額がどれくらいかを「ねんきんネット」で知ることができます。

試算方法は様々です。
「かんたん試算」は画面をクリックするだけで、現在と同じ条件で60歳まで年金制度に加入し続けるとどれくらいの年金がどれくらいがもらえるのかを素早く計算してくれます。

他にも、今後の働き方などを質問に回答していく「質問形式で試算」という方法もありますよ。
今後の働き方だけではなく、老齢年金を受け取る年齢、未納分を今後追納した場合など条件を詳細に設定して年金見込額を試算できるのです。

ご自身の条件に合わせて年金の見込額をどこでも簡単に調べられるのは、とても便利ですね。

 

自分がどれくらい年金を払ったのか「ねんきんネット」で年金記録を確認しよう

ご自身で納めた年金がどれくらいなのか、年金記録の確認もできます。
例えば、

  • 国民年金を納めている期間
  • 厚生年金の加入記録
  • お勤め先の名称
  • 転職した日付

などの最新の年金記録に関する詳しい情報を知ることも可能です。

老後のためにもご自身の年金記録をチェックしておくことは必要です。

もし年金を免除していた時期があれば追納することができます。年金を支払っていない期間があっても追納をすることで、年金の受取額を増やすことができます。

また、免除されていた国民年金を支払うと「社会保険料控除」として扱われることもあります。そうなれば、所得税や住民税を計算するときに所得から差し引かれて、節税に繋がりますね。

定期的に年金記録をチェックして、ご自身の年金記録に「もれ」や「誤り」がないかも含めて一度見ておきましょう。

 

ほかにも便利な「ねんきんネット」の使い方

ねんきんネットでは、他にも

  • 年金支払いに関する通知書の確認
  • 通知書交付の申請

といったことができます。

また、厚生年金に統合された共済年金の記録もねんきんネットを使えば確認可能です。
電子版「ねんきん定期便」を活用して、共済組合等の加入月数や保険料納付額、年金見込額、標準報酬月額などを見ることができます。

年金で気になることがあれば、まずは「ねんきんネット」を使ってみてくださいね。

ねんきんネットの利用方法を解説

利用するときに必要な手続きについてご紹介します。

 

ねんきんネットを利用するときはユーザIDとパスワードが必要

まず、ねんきんネットを利用するには、ユーザIDとパスワードを取得しましょう。

ユーザIDとパスワードは「アクセスキー」をもっているかどうかで取得手順が異なります。

日本年金機構のTOPページから「ねんきんネット申請用トップページ」へ進むと、アクセスキーをもっているかどうかでページが分かれています。

このアクセスキーは「ねんきん定期便」や「20歳に到達した方等へのねんきんネットアクセスキー通知書」で通知されているものです。アクセスキーをお持ちでない方は、年金事務所で発行してもらうと良いでしょう。

アクセスキーの有無によって任意のページを開き、

  • 年金番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 希望のパスワード

といった情報を入力します。

アクセスキーを持っている場合はすぐに入力したメールアドレスにユーザIDが届いて、ログインができるようになります。

アクセスキーを持っていない場合はユーザIDの発行は郵送で行われます。お手元に届くまでに5日ほどかかります。アクセスキーを持っていなくとも発行そのものは可能です。届くまでに時間がかかる点に注意しましょう。

通知書に明記されているユーザIDとパスワードを使ってログインができます。

 

住所変更はねんきんネット上ではなく窓口で手続きが必要

ねんきんネットに登録した住所を変更したいときは注意が必要です。

  1. 健康保険・厚生年金保険に加入
  2. 国民年金に加入
  3. 会社員や公務員の被扶養配偶者

どれに当てはまるかによって変更方法が変わります。

1.健康保険(協会けんぽ)・厚生年金保険に加入
お勤めの会社などへ

2.国民年金に加入
市役所、区役所、町村役場の国民年金担当窓口へ

3.会社員や公務員の被扶養配偶者
配偶者のお勤めの会社などへ

それぞれの窓口に「住所変更届」を提出してくださいね。
インターネット上では手続きができないため、注意しましょう。

年金だけで将来の生活が心配な方は節税できるふるさと納税をやってみよう

ご自身の将来受け取れる年金を確認してみていかがでしたか?
老後の生活のためにも今の生活のためにも、節税を意識したいですよね。
誰でも簡単に節税できる制度として、ふるさと納税があります。

 

ふるさと納税の仕組みを簡単に解説

ふるさと納税の仕組みはこのようになっています。

  • 地方自治体の用意する返礼品を選んで、自治体にふるさと納税(寄附)をする
  • 寄附金額のうち自己負担分の2,000円を除いた金額が、所得税や住民税から控除(返金)される
  • 控除(返金)される税金には上限があり、個人の年収と家族構成によって限度額が決まる

支払っていた税金が引かれてお得になり、なおかつ各地の返礼品がもらえるという制度です。
人によってふるさと納税で控除できる金額が変わるため注意しましょう。

ふるさと納税のことをもっと詳しく知りたいという方にはこちらの記事もおすすめです。

 

ふるさと納税でもらえる返礼品は豪華なものがたくさん

各自治体にふるさと納税をすることで返礼品がもらえます。
ふるさと納税でもらえる返礼品は、地方の名産など豪華なものが多く種類も豊富です。

例えば、いくらやカニといった新鮮な海の幸や、各地自慢のブランド和牛なども選ぶことができます。
日本の食卓には欠かせないお米も、ご自宅で手軽に食べられますよ。

興味があれば、どんな返礼品があるか覗いてみてくださいね!

ふるさと納税 いくら


ふるさと納税 カニ


ふるさと納税 お肉


ふるさと納税 お米

登録しないなんてもったいない!ねんきんネットを利用して年金を知ろう

ねんきんネットでは、

  1. 今まで支払った年金の記録
  2. 将来受け取る年金見込額
  3. 年金支払いに関する通知書の確認
  4. 通知書交付の申請

など、年金の様々な情報を知ることができます。

年金に関して知りたいことがあれば、ねんきんネットを試してみましょう!

関連記事