Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)

愛知県長久手市【ながくてし】

愛知県長久手市のご紹介
長久手市は、名古屋市東側に位置し、面積は21.55平方キロメートル、人口約5万7千人の街です。天正12年に徳川・豊臣両氏があいまみえた激戦の地(小牧・長久手の戦い)として名を知られた本市は、平成24年1月に市制を施行して現在の長久手市となりました。2005年には、愛・地球博のメイン会場に本市にある愛知青少年公園(現在は愛・地球博記念公園に改称)が選ばれ、新たな歴史を刻みました。名古屋に隣接した市西部は住宅地・商業施設などが多く都市化が進んでいます。また、市東部は今なお自然を多く残しており、市街化された都市と自然豊かな田園の両面を併せ持った二面性の良さを兼ね備えているのが特徴です。市の中央部を東部丘陵線(リニモ)が走っており、西は地下鉄藤が丘駅、東は愛知環状鉄道八草駅と乗り換えもできます。車でのアクセスも東名高速道路名古屋ICや、名古屋瀬戸道路長久手ICが近く、交通の便にも恵まれています。
ふるさと納税の使い道
みなさまから頂いた寄附金は下記のメニューに使わせて頂きます。
寄附者に使い道を選んでいただけますので、未来の長久手市のためにも寄附先をご検討ください。
「やってみたい」でつながるまち」に関する事業
「子どもが元気に育つまち」に関する事業
「みんなで未来へつなぐ 緑はまちの宝物」に関する事業
「誰もがいきいきと安心して暮らせるまち」に関する事業
「いつでも どこでも 誰とでも 広がる交流の輪」に関する事業
「あえて歩いてみたくなるまち」に関する事業
その他(市長にお任せ)

処理中です