旬の返礼品が見つかる!ふるさと納税サイト

×
×

宮城県富谷市[とみやし]

宮城県富谷市のご紹介
住みたくなるまち日本一を目指して

私たちのふるさと富谷は、宮城県のほぼ中央部、仙台市の北隣に位置し、江戸時代には奥州街道の宿場町として栄えました。人口減少傾向にある中、若い子育て世代を中心として人口増加を続けており、平成28年10月10日には市制を施行しました。
市制施行にあたり「富谷市総合計画」において、どなたからも「住みたい」「住んでよかった」と思ってもらえるまちを目指し、まちづくりの将来像を「住みたくなるまち日本一~100年間ひとが増え続けるまち 村から町へ 町から市へ~」と定めました。将来像の実現に向けて、本市の特徴である多様な‘ひと’と‘資源’を「活かし」「守り」「育み」ながら、新たなまちづくりへと「動き」だします。

ふるさとを愛する皆さまと市民の皆さまからの寄附金を、伝統・文化を守りながら未来を担う子ども達の教育や若い世代の子育て支援、さらに健康や福祉の増進を図る事業等に充てさせていただき、「住みたくなるまち日本一」のまちづくりの実現に向かって大切に使わせていただきます。
住み慣れたまちをさらに発展させたいという「富谷市民」の方や、積極的に「富谷市」を応援したいという方からの温かい支援をお待ちしています。

ふるさと納税の使い道
みなさまから頂いた寄附金は下記のメニューに使わせて頂きます。
寄附者に使い道を選んでいただけますので、未来の富谷市のためにも寄附先をご検討ください。
1. 富谷市民図書館基金事業
2. とみやスイーツ基金事業
3. 暮らしを自慢できるまちづくり事業
4. 教育と子育て環境を誇るまちづくり事業
5. 元気と温かい心で支えるまちづくり事業
6. 市民の思いを協働でつくるまちづくり事業
7. 自治体におまかせ

処理中です