Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
203355
2
ジェラート 国際大会優勝店「Rimo」おすすめ8個セット
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=203355
2021年のお申込み累計10,000セット突破!! 2017年、2019年の2度、ジェラート国際大会優勝店「Rimo」のシェフ高田聡が、技術を駆使し、地元北海道網走の牛乳と、日本はもとより世界中から選び抜いた食材で生み出すジェラートです。 本場イタリア仕込みの濃厚で滑らかな口溶けのジェラートを是非ご賞味下さい。 1.北海道網走の牛乳を使用 ジェラートの主成分は牛乳。そのため使用する牛乳の質によってジェラートの味や滑らかさが、大きく左右されてしまいます。 Rimoでは、北海道網走産の牛乳を100%使用。 産地である牧場は、能取湖を見渡せる小高い丘にあり、潮風が吹く丘で育つ牛は他の牧場に比べ、涼しくストレスフリーな環境で育てられています。 牛たちには一頭一頭名前が付けられるほど愛情が注がれている。 牛たちは、時には自らブラシで背中を掻きながら毎日のびのびと過ごしています。 2.牛への愛情がジェラートへ宿る 愛情をたっぷりと受けた牛から搾られる上質な牛乳は、低温殺菌することで乳へのダメージを最小限に。ノンホモジナイズと言われる脂肪分のサイズを自然に委ね、牛乳本来の美味しさをストレートに活かすようにしています。 酪農家は牛を育てるプロ、ジェラティエーレはジェラートを作るプロ、プロ同士が熱い思いでお互いに仕事をすることで、最高のジェラートを届けたいという信念で取り組んでいます。 シェフ自ら牧場へ訪れ、搾乳を行なったり、牛の育て方のプロである酪農家のから、牛について教わります。 3.濃厚で深みのある味を生み出す 『ノンホモジナイズ牛乳』は、脂肪球が大きく濃厚な乳感が特徴。 扱いは非常に難しく、口当たりを安定させることが非常に困難です。 シェフ高田は世界大会でアジア人初優勝をした実力派。 この乳脂肪球を保ちながら、滑らかなジェラートにする技術を持ちます。 また、牛乳は気温や牛の食べ物、牛の体調によって味が変化するものですが、 その中でも日々最高のものを届けています。 4.牛乳本来の美味しさを守る 一般販売されている牛乳の90%以上が『超高温瞬間殺菌』 120~135℃で1~3秒間殺菌する方法が主流で、耐熱性の菌のほとんどが死滅してしまいます。 Rimoでは、絞りたての牛乳を、お店独自で殺菌処理を行っており、65℃で30分間殺菌する『低温保持殺菌』を行っております。高温での殺菌に比べ時間と手間はかかりますが、乳へのダメージを最小限にとどめ、牛乳本来の美味しさと深みを引き出すことができます。 5.ジェラートが複雑で美味しい理由 Rimoのジェラートが複雑で美味しい理由の一つは、『 糖 』の調合技術。 ジェラート作りには型破りな種類の糖や素材の甘味を、 シェフ独自のノウハウと繊細な味覚により配合しています。甘みの出るタイミング。強さ。なめらかさ。口溶け。を意図的に調整してます。 この絶妙なバランスの上に成り立つ、繊細な味。 もし機会があれば他店と比べて食べてください。 Rimoのジェラートの強さ、繊細さ、深みが伝わるでしょう。 6.150種類以上のレシピ 例えば、一番人気のピスタチオでは、世界一美味しい『 緑の宝石 』と言われるブロンテ産を使用。 高温のオーブンでさっと熱したピスタチオは、香ばしさと本物のピスタチオだけが持つ旨味とコク特徴的なピスタチオ本来の美味しさを味わいを。 チョコレートは、DOMORIのチョコレート3種を使用。 ジェラートにカカオ100%を使用するのは困難です。 それでもアロマを大切にするRimoはカカオ100%にこだわります。 アロマの潮流作り出すために、3種のチョコレートを絶妙なバランスで組み合わせることで出来る香りの波は他店のジェラートとは一線を画します。 ★『 初めての美味しいは当たり前の美味しい。 二度目の美味しいはプロフェッショナルの美味しい 』と語るシェフの信念の元、 Rimoのレシピは半年~1年の間に全て更新されます。 そうして日々成長を続けるジェラートは出来上がるのです。 【フレーバー】 ミルク、ピスタチオ、抹茶、クリームチーズ、いちごミルク、キャラメル、ノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)、ショコラータ 【原材料】 <ミルク> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、 砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、 グァーガム、カラギーナン <ピスタチオ> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、ピスタチオ、砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン <抹茶> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、抹茶、 トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン <クリームチーズ> 牛乳、クリームチーズ(クリーム・乳たん白・食塩)、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン、ph調整剤 <いちごミルク> 牛乳、いちご、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、クリームチーズ(クリーム、乳たん白、食塩)、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン、pH調整剤 <キャラメル> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、 砂糖、和三盆、キャラメル(還元水飴) カラメルペースト、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、 ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン、香料、プロピレングリコール <ノッチョーラ> 牛乳、生クリーム、ヘーゼルナッツ、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン <ショコラータ> 牛乳、生クリーム、カカオ、砂糖、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、和三盆、食用はしばみ油、洋酒 トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン 【保存方法】 要冷凍(−18℃以下) 【備考】 北海道網走市内で加工、製造
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/203355_image_1_m.jpg
菓子
菓子
アイス・ヨーグルト
10000
2021年のお申込み累計10,000セット突破!! 2017年、2019年の2度、ジェラート国際大会優勝店「Rimo」のシェフ高田聡が、技術を駆使し、地元北海道網走の牛乳と、日本はもとより世界中から選び抜いた食材で生み出すジェラートです。 本場イタリア仕込みの濃厚で滑らかな口溶けのジェラートを是非ご賞味下さい。 1.北海道網走の牛乳を使用 ジェラートの主成分は牛乳。そのため使用する牛乳の質によってジェラートの味や滑らかさが、大きく左右されてしまいます。 Rimoでは、北海道網走産の牛乳を100%使用。 産地である牧場は、能取湖を見渡せる小高い丘にあり、潮風が吹く丘で育つ牛は他の牧場に比べ、涼しくストレスフリーな環境で育てられています。 牛たちには一頭一頭名前が付けられるほど愛情が注がれている。 牛たちは、時には自らブラシで背中を掻きながら毎日のびのびと過ごしています。 2.牛への愛情がジェラートへ宿る 愛情をたっぷりと受けた牛から搾られる上質な牛乳は、低温殺菌することで乳へのダメージを最小限に。ノンホモジナイズと言われる脂肪分のサイズを自然に委ね、牛乳本来の美味しさをストレートに活かすようにしています。 酪農家は牛を育てるプロ、ジェラティエーレはジェラートを作るプロ、プロ同士が熱い思いでお互いに仕事をすることで、最高のジェラートを届けたいという信念で取り組んでいます。 シェフ自ら牧場へ訪れ、搾乳を行なったり、牛の育て方のプロである酪農家のから、牛について教わります。 3.濃厚で深みのある味を生み出す 『ノンホモジナイズ牛乳』は、脂肪球が大きく濃厚な乳感が特徴。 扱いは非常に難しく、口当たりを安定させることが非常に困難です。 シェフ高田は世界大会でアジア人初優勝をした実力派。 この乳脂肪球を保ちながら、滑らかなジェラートにする技術を持ちます。 また、牛乳は気温や牛の食べ物、牛の体調によって味が変化するものですが、 その中でも日々最高のものを届けています。 4.牛乳本来の美味しさを守る 一般販売されている牛乳の90%以上が『超高温瞬間殺菌』 120~135℃で1~3秒間殺菌する方法が主流で、耐熱性の菌のほとんどが死滅してしまいます。 Rimoでは、絞りたての牛乳を、お店独自で殺菌処理を行っており、65℃で30分間殺菌する『低温保持殺菌』を行っております。高温での殺菌に比べ時間と手間はかかりますが、乳へのダメージを最小限にとどめ、牛乳本来の美味しさと深みを引き出すことができます。 5.ジェラートが複雑で美味しい理由 Rimoのジェラートが複雑で美味しい理由の一つは、『 糖 』の調合技術。 ジェラート作りには型破りな種類の糖や素材の甘味を、 シェフ独自のノウハウと繊細な味覚により配合しています。甘みの出るタイミング。強さ。なめらかさ。口溶け。を意図的に調整してます。 この絶妙なバランスの上に成り立つ、繊細な味。 もし機会があれば他店と比べて食べてください。 Rimoのジェラートの強さ、繊細さ、深みが伝わるでしょう。 6.150種類以上のレシピ 例えば、一番人気のピスタチオでは、世界一美味しい『 緑の宝石 』と言われるブロンテ産を使用。 高温のオーブンでさっと熱したピスタチオは、香ばしさと本物のピスタチオだけが持つ旨味とコク特徴的なピスタチオ本来の美味しさを味わいを。 チョコレートは、DOMORIのチョコレート3種を使用。 ジェラートにカカオ100%を使用するのは困難です。 それでもアロマを大切にするRimoはカカオ100%にこだわります。 アロマの潮流作り出すために、3種のチョコレートを絶妙なバランスで組み合わせることで出来る香りの波は他店のジェラートとは一線を画します。 ★『 初めての美味しいは当たり前の美味しい。 二度目の美味しいはプロフェッショナルの美味しい 』と語るシェフの信念の元、 Rimoのレシピは半年~1年の間に全て更新されます。 そうして日々成長を続けるジェラートは出来上がるのです。 【フレーバー】 ミルク、ピスタチオ、抹茶、クリームチーズ、いちごミルク、キャラメル、ノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)、ショコラータ 【原材料】 <ミルク> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、 砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、 グァーガム、カラギーナン <ピスタチオ> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、ピスタチオ、砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン <抹茶> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、抹茶、 トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン <クリームチーズ> 牛乳、クリームチーズ(クリーム・乳たん白・食塩)、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン、ph調整剤 <いちごミルク> 牛乳、いちご、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、クリームチーズ(クリーム、乳たん白、食塩)、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン、pH調整剤 <キャラメル> 牛乳、生クリーム、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、 砂糖、和三盆、キャラメル(還元水飴) カラメルペースト、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、 ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン、香料、プロピレングリコール <ノッチョーラ> 牛乳、生クリーム、ヘーゼルナッツ、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、砂糖、和三盆、トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン <ショコラータ> 牛乳、生クリーム、カカオ、砂糖、脱脂粉乳、ブドウ糖、デキストリン、イヌリン、和三盆、食用はしばみ油、洋酒 トレハロース、グリセリン脂肪酸エステル、ローカストビーンガム、グァーガム、カラギーナン 【保存方法】 要冷凍(−18℃以下) 【備考】 北海道網走市内で加工、製造
10

返礼品星3レビュー(0件)

レビューはまだありません

処理中です