Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
125619
0
21-850.【新米】四万十清流の自然米 白米10kg【コシヒカリ】
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=125619
~栽培期間中農薬・化学肥料不使用の美味しい白米~ 【令和3年産新米をお届け!随時配送】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 11月~12月はお申込みが集中する場合がございます。 混雑時は発送が遅れる場合がありますので、 予めご了承の上お申込みください。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 人も自然も大切にするお米とは? 日本最後の清流と呼ばれる四万十川水系の水を使い栽培期間中農薬・化学肥料不使用で育てた人も自然も大切にするお米です。美味しいお米にするため、高知県黒潮町の「天然にがり」や世界遺産の白神山地でとれる「白神酵母」を田んぼの中に入れて、天然のものだけで味をよくする工夫をしています。 また農薬を使わないことで、田んぼの中に本来いる様々な生き物で害虫を防御しています。 ◇栽培の特徴 (1)天然にがりの効果 高知県黒潮町産の天然にがりには、マグネシウムやカリウムなどのミネラルが沢山含まれているため、稲の生育がよくなり、ミネラルがお米の粒の中に入ることで味がよくなります。 (2)酵母菌の効果 世界遺産の白神山地で採れる酵母の「白神酵母」は低温でも増えることのできる特性があります。その酵母を田んぼの中にまくことにより、酵母が田んぼの有機物を分解して稲に必要な有機酸をつくり稲を健康に育てます。 また酵母菌が増えるのに酸素が使われ、水の中の酸素濃度が減ります。 そのため、ヒエなどの発芽に酸素が沢山いるものは発芽しにくくなり、除草剤を使わずに栽培ができます。 (3)特別な米糠発酵肥料を使用 米糠に有用微生物を入れて堆積し、均一に発酵できるように丁寧に切り替えして作られた特別な米糠を使用しております。良い微生物が入ることで、土の中の善玉菌が増えて稲を健康に育てる事ができます。 (4)自然の生き物のバランスをそのまま生かすこと 稲の品質を下げる害虫は、主にカメムシやウンカと言われています。 しかし、彼らの天敵はカエル・クモ・トンボ・ハチなど自然の中にいる生き物です。 農薬を使用しないことにより、天敵が死なず生態系のバランスのみで害虫の発生を防ぐという考え方で栽培しています。 また、稲を食べるジャンボタニシなども敵としてみるのではなく、雑草を食べてくれる益虫へとなるような方法をとっています。 田植えの段階で苗を大きく大人の苗まで育て、苗を固くして田植えをしております。 そうすることで、後から生えてくる雑草の方が柔らかくなる為、稲より雑草を食べ、除草剤を使用しないでも育つ田んぼにできるように努めています。 ◇品種:コシヒカリの特徴 言わずと知れたお米の代表選手の「コシヒカリ」。 粒の大きさ、甘みと旨味、炊いた時の光沢、モチモチした食感など全てバランスが整った安心して食べられるお米です。 1956年に開発されて以降、日本全国で栽培されている農家にも消費者にも信頼されているお米NO.1といってもいいでしょう。 ◇美味しい食べ方 コシヒカリは炊き立てはもちろん美味しいですが、冷めても美味しいお米です。 これは、でんぷんの主成分である「アミロース」と粘り気のもとである「アミロペクチン」のバランスが絶妙なためなのです。 炊き立てはおかずと一緒に、また卵かけご飯として食べるのがおススメ。 また、お弁当のご飯・おむすびにしても美味しく食べられる安心なお米です。 ◇保存方法 10℃以下での保存で品質が長期間保てます。 白米にすると、白米の表面部分である糊粉層(こふんそう)が空気に触れ酸化し分解していきます。これが進むと古米臭などの原因になります。温度が上がれば上がるほど、この分解スピードが速くなり、また15℃を超えてくると虫の発生の原因にもなります。 冷蔵庫などでの保管すると2~3か月でも味が変わりにくいですが、難しい場合は風通しがよく直射日光が当たらない場所で保存し、1か月以内に食べてもらうのが望ましいです。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/125619_image_1_m.jpg
米・パン
24000
~栽培期間中農薬・化学肥料不使用の美味しい白米~ 【令和3年産新米をお届け!随時配送】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 11月~12月はお申込みが集中する場合がございます。 混雑時は発送が遅れる場合がありますので、 予めご了承の上お申込みください。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 人も自然も大切にするお米とは? 日本最後の清流と呼ばれる四万十川水系の水を使い栽培期間中農薬・化学肥料不使用で育てた人も自然も大切にするお米です。美味しいお米にするため、高知県黒潮町の「天然にがり」や世界遺産の白神山地でとれる「白神酵母」を田んぼの中に入れて、天然のものだけで味をよくする工夫をしています。 また農薬を使わないことで、田んぼの中に本来いる様々な生き物で害虫を防御しています。 ◇栽培の特徴 (1)天然にがりの効果 高知県黒潮町産の天然にがりには、マグネシウムやカリウムなどのミネラルが沢山含まれているため、稲の生育がよくなり、ミネラルがお米の粒の中に入ることで味がよくなります。 (2)酵母菌の効果 世界遺産の白神山地で採れる酵母の「白神酵母」は低温でも増えることのできる特性があります。その酵母を田んぼの中にまくことにより、酵母が田んぼの有機物を分解して稲に必要な有機酸をつくり稲を健康に育てます。 また酵母菌が増えるのに酸素が使われ、水の中の酸素濃度が減ります。 そのため、ヒエなどの発芽に酸素が沢山いるものは発芽しにくくなり、除草剤を使わずに栽培ができます。 (3)特別な米糠発酵肥料を使用 米糠に有用微生物を入れて堆積し、均一に発酵できるように丁寧に切り替えして作られた特別な米糠を使用しております。良い微生物が入ることで、土の中の善玉菌が増えて稲を健康に育てる事ができます。 (4)自然の生き物のバランスをそのまま生かすこと 稲の品質を下げる害虫は、主にカメムシやウンカと言われています。 しかし、彼らの天敵はカエル・クモ・トンボ・ハチなど自然の中にいる生き物です。 農薬を使用しないことにより、天敵が死なず生態系のバランスのみで害虫の発生を防ぐという考え方で栽培しています。 また、稲を食べるジャンボタニシなども敵としてみるのではなく、雑草を食べてくれる益虫へとなるような方法をとっています。 田植えの段階で苗を大きく大人の苗まで育て、苗を固くして田植えをしております。 そうすることで、後から生えてくる雑草の方が柔らかくなる為、稲より雑草を食べ、除草剤を使用しないでも育つ田んぼにできるように努めています。 ◇品種:コシヒカリの特徴 言わずと知れたお米の代表選手の「コシヒカリ」。 粒の大きさ、甘みと旨味、炊いた時の光沢、モチモチした食感など全てバランスが整った安心して食べられるお米です。 1956年に開発されて以降、日本全国で栽培されている農家にも消費者にも信頼されているお米NO.1といってもいいでしょう。 ◇美味しい食べ方 コシヒカリは炊き立てはもちろん美味しいですが、冷めても美味しいお米です。 これは、でんぷんの主成分である「アミロース」と粘り気のもとである「アミロペクチン」のバランスが絶妙なためなのです。 炊き立てはおかずと一緒に、また卵かけご飯として食べるのがおススメ。 また、お弁当のご飯・おむすびにしても美味しく食べられる安心なお米です。 ◇保存方法 10℃以下での保存で品質が長期間保てます。 白米にすると、白米の表面部分である糊粉層(こふんそう)が空気に触れ酸化し分解していきます。これが進むと古米臭などの原因になります。温度が上がれば上がるほど、この分解スピードが速くなり、また15℃を超えてくると虫の発生の原因にもなります。 冷蔵庫などでの保管すると2~3か月でも味が変わりにくいですが、難しい場合は風通しがよく直射日光が当たらない場所で保存し、1か月以内に食べてもらうのが望ましいです。
10

高知県四万十市

21-850.【新米】四万十清流の自然米 白米10kg【コシヒカリ】

21-850.【新米】四万十清流の自然米 白米10kg【コシヒカリ】
レビュー一覧
レビューはまだありません
返礼品詳細ページへ

返礼品レビュー(0件)

レビューはまだありません

処理中です