旬の返礼品が見つかる!ふるさと納税サイト

×
×
59018
0
【4ヶ月連続お届け・A4等級以上】飛騨牛西軍(赤身)コース
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=59018
飛騨牛の中でも赤身の部位を厳選し、4ヶ月間毎月お楽しみいただける定期便コースです。約2人前の容量となっており、毎月様々な召し上がり方で飛騨牛の赤身肉をご堪能頂けます。ヒレステーキは真空パックにすることで、お肉の表面の鮮度を保ち、冷凍やけも防ぎます。 「飛騨牛について」 肉質はきめ細やかで柔らかく、美しい霜降りと口の中でとろける芳醇な香りと味わいがあります。山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術を持つ生産者達の手により安全・安心にこだわり、愛情深く手間暇掛けてつくられた逸品です。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/59018_square_image_1_m.jpg
牛肉
150000
飛騨牛の中でも赤身の部位を厳選し、4ヶ月間毎月お楽しみいただける定期便コースです。約2人前の容量となっており、毎月様々な召し上がり方で飛騨牛の赤身肉をご堪能頂けます。ヒレステーキは真空パックにすることで、お肉の表面の鮮度を保ち、冷凍やけも防ぎます。 「飛騨牛について」 肉質はきめ細やかで柔らかく、美しい霜降りと口の中でとろける芳醇な香りと味わいがあります。山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術を持つ生産者達の手により安全・安心にこだわり、愛情深く手間暇掛けてつくられた逸品です。
10

岐阜県関ケ原町

【4ヶ月連続お届け・A4等級以上】飛騨牛西軍(赤身)コース

【4ヶ月連続お届け・A4等級以上】飛騨牛西軍(赤身)コース
  • 【4ヶ月連続お届け・A4等級以上】飛騨牛西軍(赤身)コース
  • 内容量:1ヶ月目)A4等級以上飛騨牛モモすき焼き用500g
    2ヶ月目)A5等級飛騨牛ヒレサイコロステーキ計400g
    3ヶ月目)A4等級以上飛騨牛モモ(ランプ)赤身ステーキ計400g
    4ヶ月目)A5等級飛騨牛ヒレステーキ170g×2枚
  • 配送方法:冷凍配送

寄附金額 150,000 円

  • こちらの自治体は1寄附当たりの返礼品申込数に上限があります。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

お気に入りに追加する

現在のお気に入り追加数:♡

飛騨牛の中でも赤身の部位を厳選し、4ヶ月間毎月お楽しみいただける定期便コースです。約2人前の容量となっており、毎月様々な召し上がり方で飛騨牛の赤身肉をご堪能頂けます。ヒレステーキは真空パックにすることで、お肉の表面の鮮度を保ち、冷凍やけも防ぎます。

「飛騨牛について」
肉質はきめ細やかで柔らかく、美しい霜降りと口の中でとろける芳醇な香りと味わいがあります。山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術を持つ生産者達の手により安全・安心にこだわり、愛情深く手間暇掛けてつくられた逸品です。
返礼品名
【4ヶ月連続お届け・A4等級以上】飛騨牛西軍(赤身)コース
内容量
1ヶ月目)A4等級以上飛騨牛モモすき焼き用500g
2ヶ月目)A5等級飛騨牛ヒレサイコロステーキ計400g
3ヶ月目)A4等級以上飛騨牛モモ(ランプ)赤身ステーキ計400g
4ヶ月目)A5等級飛騨牛ヒレステーキ170g×2枚
配送方法
冷凍配送
提供者
高木精肉店
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※入金確認の翌月より4ヶ月連続でお届けします。
※2・4回目は2個口でのお届けとなります。
※商品コード: 59270297
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

関ケ原町

岐阜県関ケ原町のご紹介
笑顔あふれ 活気みなぎる 古戦場のまち せきがはら 関ケ原町は岐阜県の西端に位置し、北は伊吹山を主峰とする伊吹山地、南は鈴鹿山脈に囲まれています。平野部でも海抜100m~200mの高低差があり、変化の多い地形が特徴で、東西8.1km、南北12.5kmの町です。中山道、北国街道、伊勢街道と、三つの街道が出合う東西の結節点であったこの地には、古くは日本武尊に縁の地であったり、壬申の乱の舞台となるなど、日本史に登場する重要人物たちの物語が多く残されています。壬申の乱の後に置かれた不破関を境に、 「関東」「関西」の呼称が使われるようになったとも言われ、関ケ原には、言葉や食など様々な分野で東西文化が混在する姿が見られます。 なかでも、当時の主だった戦国武将が相まみえた「関ケ原合戦」は、一人ひとりの武将の心の葛藤に得も言われぬ物語があります。関ケ原はまさに「戦国(終焉)の聖地」といえるでしょう。魅力あふれる関ケ原町の観光情報の発信拠点としてJR関ケ原駅前に開館した「関ケ原駅前観光交流館(愛称:いざ!関ケ原)」では、 おみやげショップや観光案内所があり、古戦場巡りの拠点としてご利用いただけます。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です