Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
58975
2
野末農園のとうもろこし「甘々娘」10本~12本
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=58975
メディアで話題!森町のとうもろこし「甘々娘」をお届けします。野末農園では、お米、とうもろこし、レタスの1年で3回田んぼを使う三毛作を行っており、レタスの後作としてたっぷり栄養を含んだ土を使ってとうもろこしを栽培しています。恵まれた太陽の光をいっぱい浴び、夜間に甘さを蓄えたとうもろこしを日が昇る前に収穫をしています。生でも食べられるほど甘い「甘々娘」を是非ご賞味ください!
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/58975_image_1_m.jpg
野菜類
とうもろこし
15000
メディアで話題!森町のとうもろこし「甘々娘」をお届けします。野末農園では、お米、とうもろこし、レタスの1年で3回田んぼを使う三毛作を行っており、レタスの後作としてたっぷり栄養を含んだ土を使ってとうもろこしを栽培しています。恵まれた太陽の光をいっぱい浴び、夜間に甘さを蓄えたとうもろこしを日が昇る前に収穫をしています。生でも食べられるほど甘い「甘々娘」を是非ご賞味ください!
10

静岡県森町

野末農園のとうもろこし「甘々娘」10本~12本

野末農園のとうもろこし「甘々娘」10本~12本
  • 野末農園のとうもろこし「甘々娘」10本~12本
  • 内容量:とうもろこし「甘々娘」10本~12本
  • 配送方法:冷蔵配送
  • 配送時期:2020年6月上旬~6月中旬

寄附金額 15,000 円

P寄附金額の1%のポイントが還元されます。

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。
  • こちらの自治体は1寄附当たりの返礼品申込数に上限があります。
※ 申込期間外のため、寄附手続きへ進むことができません。

お気に入りに追加する

現在のお気に入り追加数:♡

ポイント交換所はこちら
メディアで話題!森町のとうもろこし「甘々娘」をお届けします。野末農園では、お米、とうもろこし、レタスの1年で3回田んぼを使う三毛作を行っており、レタスの後作としてたっぷり栄養を含んだ土を使ってとうもろこしを栽培しています。恵まれた太陽の光をいっぱい浴び、夜間に甘さを蓄えたとうもろこしを日が昇る前に収穫をしています。生でも食べられるほど甘い「甘々娘」を是非ご賞味ください!
返礼品名
野末農園のとうもろこし「甘々娘」10本~12本
申込受付期間
2020年5月20日まで
内容量
とうもろこし「甘々娘」10本~12本
配送時期
2020年6月上旬~6月中旬
配送方法
冷蔵配送
提供者
野末農園
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※北海道・九州・沖縄を含む島嶼部へのお届けは出来ませんのでご注意下さい。
※鮮度維持のため商品到着後はなるべくお早めにお召し上がりください。
※商品到着後1日以上経ってからの商品の交換はお受けできません。
※とうもろこしは乾燥しやすいので直射日光、高温多湿を避け、加熱前後は冷蔵庫にて保存してください。
※毎朝採れたてのとうもろこしを発送しております。厳重に確認しておりますが、ごくまれに粒がないとうもろこしや虫がいることもございます。ご了承ください。
※甘々娘は先端まで粒が出来にくい品種となっております。先端に粒が無くても不良品ではございませんので安心してお召し上がりください。
※お申込限度数に達した場合は、予告なく締切日前にお申込みを締切る場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※出荷時期になりましたら、別途メールにてお届けについてのご案内をさせていただきます。
※賞味期間(目安):冷蔵3日
※2020年5月14日よりクレジット決済限定商品となります。
※商品コード: 58730584
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

森町

静岡県森町のご紹介
こころで京を感じるまち  遠州の小京都 森町 静岡県森町(もりまち)は、静岡県の西部、政令指定都市・浜松市のすぐ隣にあります。人口は約1万8千人で、健康寿命の長い静岡県の中でもお達者度(静岡県独自の介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間)が毎年上位で、元気な人が多い町です。  また、三方を小高い山々に囲まれ、町の中央を清流「太田川」が流れ、どこか京都に似た風情を感じる町でもあります。 大正12年(1923年)7月、森町を訪れた地理学者「志賀重昂(しがしげたか)」は、山紫水明のこの町を「小京都」と称賛し、以来遠州の小京都と呼ばれるようになりました。  森町には、5月の新茶、6月のとうもろこし、8月の新米、11月の次郎柿、12月のレタス、通年出荷できるクラウンメロン、歴史と伝統のある品々などなど、多くの特産品に恵まれている町です。みなさまには、そんな静岡県森町の選りすぐりのお礼の品を心を込めてお送りいたします。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です