Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
37654
0
【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ 106W左
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=37654
野球のグラブ、ミットは奈良県の地場産業製品です。大正時代から100年以上の歴史があり全国シェアの80%ありました。最盛期は年間生産数が数百万個以上でしたが、2000年頃から国内の大手グラブメーカーが生産拠点を海外に移行し始め、その影響で地元奈良県内の多くのグラブ工房は次々に廃業していきました。 その中で、ヤマトグラブ工房は奈良県大和郡山市近鉄郡山駅前で一つ一つ独自の「こだわりの和グラブ」を丁寧に作成しています。 代表の梅原伸宏は長年の研究の結果、野球グラブの本を4冊書き(グラブバイブル・グラブノート・グラブマスター、絵本グーランの冒険 累計約5万部)全てアメリカの野球殿堂博物館から表彰されています。その本を読まれた多くの指導者のご依頼で、グラブの効果的な使い方やお手入れ方法などの講演会も全国で行ってきました。ヤマトグラブは、原材料の革、グラブの形状を決める裁断方法、型紙、グラブ専用ミシンの縫製にも独自技法を開発し、この和グラブ職人の活動は過去にマスコミに何度も紹介されています(NHKおはよう日本、日本TVニュースゼロ、ZIP、ジャパンタイムズ、朝日新聞天声人語、日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞等)。 この活動の中で多くの指導者・保護者様から「コントロールが変わる、野球肘、野球肩予防になる進化したグラブを作製してほしい」と依頼を受け、プロ野球のキャンプなどにお邪魔して研究してきました。 そして2018年に投手用グラブの既成概念をなくし、自分で自由に締め付け具合を調節できる世界初の回内Wベルト構造を発明、2019年3月に特許を取得して正式に登録されました(特許第6501132号)。 ゲーム中に自分で手のフィット感を変えられ、肩甲骨の可動域が広がり、投球時にグラブが滑るストレスが軽減され、コントロールやボールの回転数が向上する、進化した投手用グラブです。 この詳しい解説は、youtube「ヤマトグラブTV」でご紹介しています。是非ご覧下さい。 どこにもない進化した最先端技術の、奈良県大和郡山産「和グラブ」の効能を1度試して頂き、大きな夢を次々に叶えて下さい。ご来店できない方の為の試着サービスもございます。詳しくはお気軽にご連絡下さいませ。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/37654_image_1_m.jpg
雑貨・日用品
その他
地域のお礼の品
234000
野球のグラブ、ミットは奈良県の地場産業製品です。大正時代から100年以上の歴史があり全国シェアの80%ありました。最盛期は年間生産数が数百万個以上でしたが、2000年頃から国内の大手グラブメーカーが生産拠点を海外に移行し始め、その影響で地元奈良県内の多くのグラブ工房は次々に廃業していきました。 その中で、ヤマトグラブ工房は奈良県大和郡山市近鉄郡山駅前で一つ一つ独自の「こだわりの和グラブ」を丁寧に作成しています。 代表の梅原伸宏は長年の研究の結果、野球グラブの本を4冊書き(グラブバイブル・グラブノート・グラブマスター、絵本グーランの冒険 累計約5万部)全てアメリカの野球殿堂博物館から表彰されています。その本を読まれた多くの指導者のご依頼で、グラブの効果的な使い方やお手入れ方法などの講演会も全国で行ってきました。ヤマトグラブは、原材料の革、グラブの形状を決める裁断方法、型紙、グラブ専用ミシンの縫製にも独自技法を開発し、この和グラブ職人の活動は過去にマスコミに何度も紹介されています(NHKおはよう日本、日本TVニュースゼロ、ZIP、ジャパンタイムズ、朝日新聞天声人語、日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞等)。 この活動の中で多くの指導者・保護者様から「コントロールが変わる、野球肘、野球肩予防になる進化したグラブを作製してほしい」と依頼を受け、プロ野球のキャンプなどにお邪魔して研究してきました。 そして2018年に投手用グラブの既成概念をなくし、自分で自由に締め付け具合を調節できる世界初の回内Wベルト構造を発明、2019年3月に特許を取得して正式に登録されました(特許第6501132号)。 ゲーム中に自分で手のフィット感を変えられ、肩甲骨の可動域が広がり、投球時にグラブが滑るストレスが軽減され、コントロールやボールの回転数が向上する、進化した投手用グラブです。 この詳しい解説は、youtube「ヤマトグラブTV」でご紹介しています。是非ご覧下さい。 どこにもない進化した最先端技術の、奈良県大和郡山産「和グラブ」の効能を1度試して頂き、大きな夢を次々に叶えて下さい。ご来店できない方の為の試着サービスもございます。詳しくはお気軽にご連絡下さいませ。
10

奈良県大和郡山市

【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ 106W左

【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ 106W左 37654 - 奈良県大和郡山市
  • 【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ 106W左
  • 内容量:【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ
    【商品の大きさ】人差し指先から手首のあごヘリ革の部分まで 約29.5センチ
  • 配送方法:常温配送

寄附金額 234,000 円

還元ポイント(1%)  2,340P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。
  • こちらの自治体は1寄附当たりの返礼品申込数に上限があります。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
野球のグラブ、ミットは奈良県の地場産業製品です。大正時代から100年以上の歴史があり全国シェアの80%ありました。最盛期は年間生産数が数百万個以上でしたが、2000年頃から国内の大手グラブメーカーが生産拠点を海外に移行し始め、その影響で地元奈良県内の多くのグラブ工房は次々に廃業していきました。
その中で、ヤマトグラブ工房は奈良県大和郡山市近鉄郡山駅前で一つ一つ独自の「こだわりの和グラブ」を丁寧に作成しています。

代表の梅原伸宏は長年の研究の結果、野球グラブの本を4冊書き(グラブバイブル・グラブノート・グラブマスター、絵本グーランの冒険 累計約5万部)全てアメリカの野球殿堂博物館から表彰されています。その本を読まれた多くの指導者のご依頼で、グラブの効果的な使い方やお手入れ方法などの講演会も全国で行ってきました。ヤマトグラブは、原材料の革、グラブの形状を決める裁断方法、型紙、グラブ専用ミシンの縫製にも独自技法を開発し、この和グラブ職人の活動は過去にマスコミに何度も紹介されています(NHKおはよう日本、日本TVニュースゼロ、ZIP、ジャパンタイムズ、朝日新聞天声人語、日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞等)。

この活動の中で多くの指導者・保護者様から「コントロールが変わる、野球肘、野球肩予防になる進化したグラブを作製してほしい」と依頼を受け、プロ野球のキャンプなどにお邪魔して研究してきました。

そして2018年に投手用グラブの既成概念をなくし、自分で自由に締め付け具合を調節できる世界初の回内Wベルト構造を発明、2019年3月に特許を取得して正式に登録されました(特許第6501132号)。
ゲーム中に自分で手のフィット感を変えられ、肩甲骨の可動域が広がり、投球時にグラブが滑るストレスが軽減され、コントロールやボールの回転数が向上する、進化した投手用グラブです。

この詳しい解説は、youtube「ヤマトグラブTV」でご紹介しています。是非ご覧下さい。
どこにもない進化した最先端技術の、奈良県大和郡山産「和グラブ」の効能を1度試して頂き、大きな夢を次々に叶えて下さい。ご来店できない方の為の試着サービスもございます。詳しくはお気軽にご連絡下さいませ。
返礼品名
【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ 106W左
内容量
【特許取得】コントロールが変わる硬式投手用・ヤマト回内Wベルトグラブ
【商品の大きさ】人差し指先から手首のあごヘリ革の部分まで 約29.5センチ
配送方法
常温配送
提供者
ヤマトグラブ
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※お客様の手のサイズに合わせて型をおつけいたしますのでご注文後弊社からご連絡させて頂きます。
※納期はご注文確定後4週間から5週間になります。
※商品コード: 59900170
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

大和郡山市

奈良県大和郡山市のご紹介
平和のシンボル、金魚が泳ぐ城下町。 大和郡山市は、旧市街地部分は郡山城跡を中心に城下町の趣を残し、生産量日本一の金魚を飼育している池が数多く見られます。郊外に行くと田畑や丘陵地など自然が豊富にあり、また市の東西に大型商業施設、南部には工業団地も備え、近鉄・JRの鉄道路線も通っている非常にバランスの取れた住みよいまちです。  本市では、「あふれる夢と希望と誇り 暮らしてみたくなる 元気城下町(やまとこおりやま)」を将来像とさだめ、新たな可能性に恵まれ、誇らしい気持ちを抱くことができるまち、また、誰もが訪れ、住み続けたくなるまちを目指します。「夢と誇りと自信」を持てるまちづくりへの取り組みにご協力をいただきますよう、お願いいたします。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です