Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
312538
0
杉本太鼓商 近江 長胴太鼓(一尺三寸)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=312538
滋賀県伝統工芸品に選ばれ、350年以上続く太鼓を営んでいます。江戸時代から愛知川の良質の水を利用して皮なめしが行われ、太鼓が作られてきた。太鼓の皮は雌牛の皮が最適で、これを川の水にさらしながら1ヶ月間なめし、脱毛して自然乾燥させる。太鼓の胴にはケヤキを使う。機械でできる行程がなく、体力を消耗する、全身を使って行う作業ではあるが、昔ながらの技法を受け継いで今に至ります。太鼓の音響は人の心を柔らげ善に導く霊力ある道具であります。祖先から受け継いだ伝統の技をかたくなに守り続けています。化学薬品を使った皮は、数年で痛みますが愛知川の良質な水を利用してつくられた「近江なめし」は、数十年破れず鳴音も良く長く使って頂けます。 (提供)杉本太鼓商
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/312538_image_1_m.jpg
工芸品・装飾品
民芸品・工芸品
1169000
滋賀県伝統工芸品に選ばれ、350年以上続く太鼓を営んでいます。江戸時代から愛知川の良質の水を利用して皮なめしが行われ、太鼓が作られてきた。太鼓の皮は雌牛の皮が最適で、これを川の水にさらしながら1ヶ月間なめし、脱毛して自然乾燥させる。太鼓の胴にはケヤキを使う。機械でできる行程がなく、体力を消耗する、全身を使って行う作業ではあるが、昔ながらの技法を受け継いで今に至ります。太鼓の音響は人の心を柔らげ善に導く霊力ある道具であります。祖先から受け継いだ伝統の技をかたくなに守り続けています。化学薬品を使った皮は、数年で痛みますが愛知川の良質な水を利用してつくられた「近江なめし」は、数十年破れず鳴音も良く長く使って頂けます。 (提供)杉本太鼓商
10

滋賀県愛荘町

杉本太鼓商 近江 長胴太鼓(一尺三寸)

杉本太鼓商 近江 長胴太鼓(一尺三寸) 312538 - 滋賀県愛荘町
  • 杉本太鼓商 近江 長胴太鼓(一尺三寸)
  • 内容量:近江 長胴太鼓(一尺三寸)、 欅製 平置台、バチ付

寄附金額 1,169,000 円

還元ポイント(1%)  11,690P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

在庫: あり

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
滋賀県伝統工芸品に選ばれ、350年以上続く太鼓を営んでいます。江戸時代から愛知川の良質の水を利用して皮なめしが行われ、太鼓が作られてきた。太鼓の皮は雌牛の皮が最適で、これを川の水にさらしながら1ヶ月間なめし、脱毛して自然乾燥させる。太鼓の胴にはケヤキを使う。機械でできる行程がなく、体力を消耗する、全身を使って行う作業ではあるが、昔ながらの技法を受け継いで今に至ります。太鼓の音響は人の心を柔らげ善に導く霊力ある道具であります。祖先から受け継いだ伝統の技をかたくなに守り続けています。化学薬品を使った皮は、数年で痛みますが愛知川の良質な水を利用してつくられた「近江なめし」は、数十年破れず鳴音も良く長く使って頂けます。 (提供)杉本太鼓商
返礼品名
杉本太鼓商 近江 長胴太鼓(一尺三寸)
申込受付期間
通年
内容量
近江 長胴太鼓(一尺三寸)、 欅製 平置台、バチ付
提供者
杉本太鼓商
■注意事項/その他
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

愛荘町

滋賀県愛荘町のご紹介
愛荘町は滋賀県の中央部に位置し、東西約13キロメートル、南北約6.9キロメートル、総面積は37.95平方キロメートルで滋賀県全体の約1%を占めています。町東部の山際には国道307号線と名神高速道路が、西部に広がる湖東平野には中山道と国道8号線、近江鉄道、東海道新幹線が、それぞれ南北に縦断しており、交通の要衝地でもあります。この名神高速道路の秦荘スマートICを利用すれば、京都へ1時間、名古屋へ2時間弱で行くことができます。 町の沿革・由来 滋賀県地図と愛荘町の位置図 http://www.town.aisho.shiga.jp/images/sigaken.jpg 琵琶湖の東部・湖東地域に位置し、鈴鹿山系からの豊かな清水と自然に恵まれ、古くから水との関わりが深いまちで、この地形が農業をはじめとするさまざまな産業を発展させてきました。おだやかな風が吹き、青い空が広がる春、太陽の光を受けて深緑のみどりがまぶしい夏、田園風景が小麦色に染まる秋、まっ白い雪景色に包まれる冬。このように彩り豊かな自然と、美しい水辺空間が愛荘町を囲んでいます。  この地域は古くから開けた土地で、条里制による土地制度の遺構が多く残されています。湖東三山として知られる金剛輪寺は聖武天皇の勅願により行基が開山。近世には中山道65番目の宿場として愛知川宿が栄えたほか、明治には郡役所や警察などの官公署が置かれ、近江鉄道が開通するなど、古くから地方の中心として発展しました。昭和30年、昭和の大合併では秦川村と八木荘村が合併して秦荘町に、また愛知川町と豊国村が合併して愛知川町となりました。この秦荘町と愛知川町が平成18年に合併し愛荘町が誕生しました。

返礼品レビュー(0件)

特集ページの返礼品

特集ページ一覧へ

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です