Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
30778
0
ヤマハリゾート葛城北の丸昼食日帰プラン(2名様)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=30778
かつて遠江の国と呼ばれた静岡・遠州。 日本の歴史と文化の交差するその地の奥座敷にある「現代の平城」ともいうべき非日常空間のリゾート。 ヤマハグループが展開する「葛城北の丸」。 「地産地消」を大切に、遠州の食材を取り入れながら山海の幸を生かした個性豊かな味わいのお料理をお愉しみいただけます。 歴史ある古民家を移築して誕生した「匠の技」が息づく贅沢な空間と日本の伝統美を現代の感性で進化させた「極上の日本」をお楽しみください。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/30778_image_1_m.jpg
旅行
宿泊券
イベントやチケット等
ゴルフ場利用権
40000
かつて遠江の国と呼ばれた静岡・遠州。 日本の歴史と文化の交差するその地の奥座敷にある「現代の平城」ともいうべき非日常空間のリゾート。 ヤマハグループが展開する「葛城北の丸」。 「地産地消」を大切に、遠州の食材を取り入れながら山海の幸を生かした個性豊かな味わいのお料理をお愉しみいただけます。 歴史ある古民家を移築して誕生した「匠の技」が息づく贅沢な空間と日本の伝統美を現代の感性で進化させた「極上の日本」をお楽しみください。
10

静岡県森町

ヤマハリゾート葛城北の丸昼食日帰プラン(2名様)

ヤマハリゾート葛城北の丸昼食日帰プラン(2名様)
  • ヤマハリゾート葛城北の丸昼食日帰プラン(2名様)
  • 内容量:葛城北の丸昼食日帰りプラン(2名様)
    北の丸レストラン椿の間(11:30~13:30最終入場)
    ご昼食は、四季彩昼膳(四季でメニューが変わります)

寄附金額 40,000 円

P寄附金額の1%のポイントが還元されます。

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。
  • こちらの自治体は1寄附当たりの返礼品申込数に上限があります。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

お気に入りに追加する

現在のお気に入り追加数:♡

ポイント交換所はこちら
かつて遠江の国と呼ばれた静岡・遠州。
日本の歴史と文化の交差するその地の奥座敷にある「現代の平城」ともいうべき非日常空間のリゾート。
ヤマハグループが展開する「葛城北の丸」。
「地産地消」を大切に、遠州の食材を取り入れながら山海の幸を生かした個性豊かな味わいのお料理をお愉しみいただけます。
歴史ある古民家を移築して誕生した「匠の技」が息づく贅沢な空間と日本の伝統美を現代の感性で進化させた「極上の日本」をお楽しみください。
返礼品名
ヤマハリゾート葛城北の丸昼食日帰プラン(2名様)
内容量
葛城北の丸昼食日帰りプラン(2名様)
北の丸レストラン椿の間(11:30~13:30最終入場)
ご昼食は、四季彩昼膳(四季でメニューが変わります)
提供者
(株)ヤマハリゾート
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※有効期限はチケット発行から1年間です。
※北の丸レストラン椿の間(11:30~13:30最終入場)
※おもてなしの内容やご利用可能日については葛城北の丸にお問い合わせください。
※ご希望日に利用出来ない可能性がありますので、希望日がお決まりの場合には必ず日程をご確認ください。
寄付後のキャンセルは受け入れられませんので、ご注意下さい。
※お電話0120-211-489(受付時間9:00~18:00)
※北の丸の詳細はホームページをご確認ください。
※除外日:2020年12/30~31、2021年1/1~1/5、3/28~4/4、GW、7/5~8/8、 年末年始、休館日、満室日(満席日)
※商品コード: 58730451
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

森町

静岡県森町のご紹介
こころで京を感じるまち  遠州の小京都 森町 静岡県森町(もりまち)は、静岡県の西部、政令指定都市・浜松市のすぐ隣にあります。人口は約1万8千人で、健康寿命の長い静岡県の中でもお達者度(静岡県独自の介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間)が毎年上位で、元気な人が多い町です。  また、三方を小高い山々に囲まれ、町の中央を清流「太田川」が流れ、どこか京都に似た風情を感じる町でもあります。 大正12年(1923年)7月、森町を訪れた地理学者「志賀重昂(しがしげたか)」は、山紫水明のこの町を「小京都」と称賛し、以来遠州の小京都と呼ばれるようになりました。  森町には、5月の新茶、6月のとうもろこし、8月の新米、11月の次郎柿、12月のレタス、通年出荷できるクラウンメロン、歴史と伝統のある品々などなど、多くの特産品に恵まれている町です。みなさまには、そんな静岡県森町の選りすぐりのお礼の品を心を込めてお送りいたします。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です