Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
293602
0
【波佐見焼】金雲香梅 長 角皿 5枚セット 食器 皿 【不二商店】 [UC20]
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=293602
波佐見焼といえば、染付と青磁の器が中心です。大村藩主大村喜前は文禄・慶長の役のさい朝鮮から李祐慶兄弟等の陶工達を伴い帰国しました。彼等は慶長4年(1599年)波佐見町内に階段状連房式登窯を築き施釉陶器をつくっていましたが、慶長7年(1602年)町内三股郷の山谷から陶石が発見されたことにより慶長11年(1606年)陶磁器製造が始まりました。江戸後期には日本一の磁器生産量を誇るまでになったのは、貞享2年(1685年)大村藩の藩窯として開かれた大新登窯(全長170m、39の窯室を持ち、当時、世界最大・最長の登り窯として江戸・明治時代まで多くのやきものを生産してきました。)、中尾上登窯(160m超)、永尾本登窯(150m超)等の大規模な登り窯が稼働してからです。規模的に世界第1位~3位の登窯としても有名です。磁器の原料が発見されてからは急速に染付と青磁を中心とする磁器へ移行し、ついには大村藩の特産品となりました。先人から職人へと受け継がれた技と心で染付絵の繊細で味わい深い日常食器が多くの窯で焼かれていますが、明治以降は創作を加え赤絵を用いての染錦絵柄も多く作られる様になりました。陶工たちの弛まぬ研鑽により波佐見焼は1978年に伝統工芸品に指定されました。くらわんか碗から引き継がれた青磁の器に藍染めを施し、上絵をすることにより艶やかな香ばしさを醸し出しています。描かれている竹は、健康と長寿の象徴であり、梅は白梅の花言葉が「澄んだ心」紅梅が「清らかさ」であり、また冬が明け一早く花を咲かせ春の喜びを感じさせてくれることからおめでたい花とされています。少し深みのある長角皿は菓子皿や和洋中華といろんな料理に幅広く使える便利なお皿です。また重ねも収納も便利なお皿です。※手作業での制作の為ひとつひとつの商品サイズと色合いが若干異なることがあります。#/波佐見焼/皿/角皿/#/波佐見焼/皿/中皿/
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/293602_image_1_m.jpg
雑貨・日用品
食器・グラス
30000
波佐見焼といえば、染付と青磁の器が中心です。大村藩主大村喜前は文禄・慶長の役のさい朝鮮から李祐慶兄弟等の陶工達を伴い帰国しました。彼等は慶長4年(1599年)波佐見町内に階段状連房式登窯を築き施釉陶器をつくっていましたが、慶長7年(1602年)町内三股郷の山谷から陶石が発見されたことにより慶長11年(1606年)陶磁器製造が始まりました。江戸後期には日本一の磁器生産量を誇るまでになったのは、貞享2年(1685年)大村藩の藩窯として開かれた大新登窯(全長170m、39の窯室を持ち、当時、世界最大・最長の登り窯として江戸・明治時代まで多くのやきものを生産してきました。)、中尾上登窯(160m超)、永尾本登窯(150m超)等の大規模な登り窯が稼働してからです。規模的に世界第1位~3位の登窯としても有名です。磁器の原料が発見されてからは急速に染付と青磁を中心とする磁器へ移行し、ついには大村藩の特産品となりました。先人から職人へと受け継がれた技と心で染付絵の繊細で味わい深い日常食器が多くの窯で焼かれていますが、明治以降は創作を加え赤絵を用いての染錦絵柄も多く作られる様になりました。陶工たちの弛まぬ研鑽により波佐見焼は1978年に伝統工芸品に指定されました。くらわんか碗から引き継がれた青磁の器に藍染めを施し、上絵をすることにより艶やかな香ばしさを醸し出しています。描かれている竹は、健康と長寿の象徴であり、梅は白梅の花言葉が「澄んだ心」紅梅が「清らかさ」であり、また冬が明け一早く花を咲かせ春の喜びを感じさせてくれることからおめでたい花とされています。少し深みのある長角皿は菓子皿や和洋中華といろんな料理に幅広く使える便利なお皿です。また重ねも収納も便利なお皿です。※手作業での制作の為ひとつひとつの商品サイズと色合いが若干異なることがあります。#/波佐見焼/皿/角皿/#/波佐見焼/皿/中皿/
10

長崎県波佐見町

【波佐見焼】金雲香梅 長 角皿 5枚セット 食器 皿 【不二商店】 [UC20]

【波佐見焼】金雲香梅 長 角皿 5枚セット 食器 皿 【不二商店】 [UC20] 293602 - 長崎県波佐見町
  • 【波佐見焼】金雲香梅 長 角皿 5枚セット 食器 皿 【不二商店】 [UC20]
  • 内容量:【セット内容】
    金雲香梅 長角皿 ×5

    【サイズ】
    約幅23×幅14×高2.2cm 重390g

    【対応機器】
    電子レンジ○ / オーブン× / 食器洗浄機○

    【お申し込み前に必ずお読みください】
    お届けする返礼品には個体差が生じる場合があります。
    下部記載の「個体差について」、「破損・欠陥について」を必ずご一読のうえ、お申し込みください。
  • 配送方法:常温配送
  • 配送時期:入金確認後1ヶ月以内にお届けいたします。

寄附金額 30,000 円

還元ポイント(1%)  300P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

在庫: あり

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
波佐見焼といえば、染付と青磁の器が中心です。大村藩主大村喜前は文禄・慶長の役のさい朝鮮から李祐慶兄弟等の陶工達を伴い帰国しました。彼等は慶長4年(1599年)波佐見町内に階段状連房式登窯を築き施釉陶器をつくっていましたが、慶長7年(1602年)町内三股郷の山谷から陶石が発見されたことにより慶長11年(1606年)陶磁器製造が始まりました。江戸後期には日本一の磁器生産量を誇るまでになったのは、貞享2年(1685年)大村藩の藩窯として開かれた大新登窯(全長170m、39の窯室を持ち、当時、世界最大・最長の登り窯として江戸・明治時代まで多くのやきものを生産してきました。)、中尾上登窯(160m超)、永尾本登窯(150m超)等の大規模な登り窯が稼働してからです。規模的に世界第1位~3位の登窯としても有名です。磁器の原料が発見されてからは急速に染付と青磁を中心とする磁器へ移行し、ついには大村藩の特産品となりました。先人から職人へと受け継がれた技と心で染付絵の繊細で味わい深い日常食器が多くの窯で焼かれていますが、明治以降は創作を加え赤絵を用いての染錦絵柄も多く作られる様になりました。陶工たちの弛まぬ研鑽により波佐見焼は1978年に伝統工芸品に指定されました。くらわんか碗から引き継がれた青磁の器に藍染めを施し、上絵をすることにより艶やかな香ばしさを醸し出しています。描かれている竹は、健康と長寿の象徴であり、梅は白梅の花言葉が「澄んだ心」紅梅が「清らかさ」であり、また冬が明け一早く花を咲かせ春の喜びを感じさせてくれることからおめでたい花とされています。少し深みのある長角皿は菓子皿や和洋中華といろんな料理に幅広く使える便利なお皿です。また重ねも収納も便利なお皿です。※手作業での制作の為ひとつひとつの商品サイズと色合いが若干異なることがあります。#/波佐見焼/皿/角皿/#/波佐見焼/皿/中皿/
返礼品名
【波佐見焼】金雲香梅 長 角皿 5枚セット 食器 皿 【不二商店】 [UC20]
申込受付期間
通年
内容量
【セット内容】
金雲香梅 長角皿 ×5

【サイズ】
約幅23×幅14×高2.2cm 重390g

【対応機器】
電子レンジ○ / オーブン× / 食器洗浄機○

【お申し込み前に必ずお読みください】
お届けする返礼品には個体差が生じる場合があります。
下部記載の「個体差について」、「破損・欠陥について」を必ずご一読のうえ、お申し込みください。
配送時期
入金確認後1ヶ月以内にお届けいたします。
配送方法
常温配送
提供者
有限会社 不二商店
■注意事項/その他
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

波佐見町

長崎県波佐見町のご紹介
『波佐見焼』ってなんて読む?正解は、、『はさみやき』!おしゃれなデザインでありながら、日常使いにもぴったりの波佐見焼。 そんな波佐見焼が盛んな町、波佐見町(はさみちょう)は長崎県の中央部に位置し、四方を山に囲まれています。 ここでは、日本の棚田百選に選ばれた「鬼木棚田」にみられるように、豊かな自然のなかで、お米やお茶、アスパラガスなどの農畜産業が行われているほか、400年の歴史を持つ陶磁器産業を中心とした「ものづくり」の息吹が根付いています。 今なお多くの窯元が集積する中尾山には世界最大規模の登り窯跡があり、江戸時代には、ここで焼かれた「くらわんか碗」が全国に出荷され、当時貴重品であった磁器を広く普及させるとともに、食文化にも大きな影響を与えたといわれています。 そして近年においても、日本の食卓を彩るおしゃれで機能的な日用和食器の一大産地として、全国的にも高いシェアを誇っています。(すでに皆さまの食卓にも、波佐見で作られたやきものがあるかも!?)窯元、棚田、温泉など、ここでは紹介しきれません。長崎へお越しの際は、ぜひ波佐見町へお立ち寄りください。

返礼品レビュー(0件)

他にもこんな返礼品があります

この自治体のおすすめ返礼品

この自治体の新着返礼品

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です