Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
186762
0
【定期便3ヵ月連続コース】ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入り)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=186762
毎月1回 180gパウチ(24本入り)を3ヶ月連続でお届けいたします。 「ミニッツメイド」は、1945年米国マサチューセッツ州で誕生しました。 太陽と大地の恵みをたっぷり受けた果実の豊かな味わいとさっぱりとした飲みやすさが、世界中で愛されている果実飲料です。 本製品はおいしさと栄養バランスを考え、朝食代わりに最適なフルーツ2個分の栄養が摂れるゼリー飲料です。 健康的で前向きなライフスタイルをサポートします。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/186762_image_1_m.jpg
飲料類
42000
毎月1回 180gパウチ(24本入り)を3ヶ月連続でお届けいたします。 「ミニッツメイド」は、1945年米国マサチューセッツ州で誕生しました。 太陽と大地の恵みをたっぷり受けた果実の豊かな味わいとさっぱりとした飲みやすさが、世界中で愛されている果実飲料です。 本製品はおいしさと栄養バランスを考え、朝食代わりに最適なフルーツ2個分の栄養が摂れるゼリー飲料です。 健康的で前向きなライフスタイルをサポートします。
10

埼玉県嵐山町

【定期便3ヵ月連続コース】ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入り)

【定期便3ヵ月連続コース】ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入り) 186762 - 埼玉県嵐山町
  • 【定期便3ヵ月連続コース】ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入り)
  • 内容量:ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入)
    砂糖、食物繊維、りんご果汁、脱脂粉乳、発酵乳、寒天、乳酸Ca、増粘多糖類(大豆由来)、香料、酸味料、酸化防止剤(V.C)、甘味料(スクラロース)

    毎月1回 180gパウチ(24本入り)を3ヶ月連続でお届け!
  • 配送方法:常温配送

寄附金額 42,000 円

還元ポイント(1%)  420P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
毎月1回 180gパウチ(24本入り)を3ヶ月連続でお届けいたします。
「ミニッツメイド」は、1945年米国マサチューセッツ州で誕生しました。
太陽と大地の恵みをたっぷり受けた果実の豊かな味わいとさっぱりとした飲みやすさが、世界中で愛されている果実飲料です。
本製品はおいしさと栄養バランスを考え、朝食代わりに最適なフルーツ2個分の栄養が摂れるゼリー飲料です。
健康的で前向きなライフスタイルをサポートします。
返礼品名
【定期便3ヵ月連続コース】ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入り)
内容量
ミニッツメイド朝バナナ 180gパウチ(24本入)
砂糖、食物繊維、りんご果汁、脱脂粉乳、発酵乳、寒天、乳酸Ca、増粘多糖類(大豆由来)、香料、酸味料、酸化防止剤(V.C)、甘味料(スクラロース)

毎月1回 180gパウチ(24本入り)を3ヶ月連続でお届け!
配送方法
常温配送
提供者
コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社(嵐山町)
■注意事項/その他
※パッケージデザインは、予告なく変更になる場合がございます。
※寄附金のご入金確認の翌月以降、初回発送から計3ヵ月連続でお届けします。
※商品コード: 57550220
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

嵐山町

埼玉県嵐山町のご紹介
嵐山町(らんざんまち)は、埼玉県のほぼ中央に位置し、都心より60km圏にあります。比企丘陵の中枢部を占めており、山あり渓谷あり、平地ありと変化に富んだ自然の宝庫で、国蝶オオムラサキが生息する地としても有名です。そして、町名発祥の地でもある武蔵嵐山渓谷周辺樹林地は、平成8年にさいたま緑のトラスト保全第3号地(面積13.5ha)に指定され、翌9年には保全のための公有地化が完了。町と町民が一体となり当地の自然の保全・活用を進めています。 【嵐山渓谷】  武蔵嵐山渓谷は、その地形的な特徴から、秩父の長瀞岩畳に例えて「武蔵長瀞」と呼ばれていたこともあるようです。現在使われている「武蔵嵐山」は、昭和3年に当地を訪れた本多静六林学博士により名付けられたものです。本多博士は渓谷の最下流部にある槻川橋より、渓谷と周囲の赤松林の美しい景観を眺め、その様子が京都の「嵐山(あらしやま)」に大変よく似ているということで、「武蔵国の嵐山」という意味で命名されたということです。この地名は後に、当町の町名にも採用され「嵐山町(らんざんまち)」となりました。渓谷の半島部分にはそのことを記念する「嵐山町名発祥之地」が建立されています。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です