Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
156831
0
【読谷山花織】名刺入れ&コースター(3枚)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=156831
手織りの着物地をもとに作られた、贅沢な名刺入れと、コースターのセットです。 沖縄で生まれた情熱の織物読谷山花織 伝統が育んだ色と形 素材の良さと、手作りの温かさ 可憐な花柄の内側に秘めたロマンが伝わる 沖縄で生まれた情熱の織物読谷山花織(ゆんたんざ はなうい) 1372年読谷山の宇座出身の泰期は、中山の察度王の王弟として、 琉球から初めて中国へ朝貢し、琉球は大貿易時代を迎えます。 大交易時代は、中国や東南アジア諸国との交易が盛んで、 読谷山花織のルーツとなる絣や浮織の技法も伝来しました。 伝来した技法を元に琉球王府時代には読谷山花織として独自に織られ、受け継がれてきました。 しかし、その染織技術は明治時代の中頃から時代の波に押され衰退しつつあり、 沖縄戦争後は人々の記憶からすっかり忘れ去られ、「幻の花織」となっていました。 その「幻の花織」が、1964年に読谷村の情熱ある有志によって約90年ぶりに復活。 当初は愛好会でしたが、読谷山花織事業協同組合の組織へと発展し、 現在では沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として、 全国に多く知られるようになりました。 技術・技法 読谷山花織・読谷山ミンサーは、紋(もん)織物の一種です。読谷山花織は絹糸や綿糸で、 染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。 模様を表すのに花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮(たてうき)花織」「緯浮(よこうき)花織」と「手(てぃ)花織」があります。 経浮花織・経浮花織は布幅の経糸方向又は緯糸方向に色糸を用いて模様を織ります。 手花織は、手で色糸を縫い取るように模様を構成して織ります。 読谷山ミンサーは「グーシ花織」とも呼ばれ、綿糸を用いた細帯で、 模様を表すのに紋棒又は花綜絖を用いて織ります。 製品の特徴 色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、図柄に立体感をかもしだしています。 この紋様に絣や縞、格子をあしらった着尺や帯、手巾(ティーサージ)などがあります。 読谷山花織 名刺入れ&コースター(3枚) ・名刺入れ 手織りの着物地をもとに作られた、贅沢な名刺入れ。 マチも大きく30枚以上の名刺が収納できるので、出張や会議で多くの方に会うときでも安心です。 ポケット3つ。外布は絹製。その他は牛革製。箱入り。 ・コースター お気に入りのグラスやカップと合わせて使ったり、 一輪挿しを置いてもお部屋の雰囲気がグッとアップします。 テーブルセンターとお揃いでどうぞ。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/156831_image_1_m.jpg
工芸品・装飾品
民芸品・工芸品
織物・繊維品
織物・繊維品
機織物
21000
手織りの着物地をもとに作られた、贅沢な名刺入れと、コースターのセットです。 沖縄で生まれた情熱の織物読谷山花織 伝統が育んだ色と形 素材の良さと、手作りの温かさ 可憐な花柄の内側に秘めたロマンが伝わる 沖縄で生まれた情熱の織物読谷山花織(ゆんたんざ はなうい) 1372年読谷山の宇座出身の泰期は、中山の察度王の王弟として、 琉球から初めて中国へ朝貢し、琉球は大貿易時代を迎えます。 大交易時代は、中国や東南アジア諸国との交易が盛んで、 読谷山花織のルーツとなる絣や浮織の技法も伝来しました。 伝来した技法を元に琉球王府時代には読谷山花織として独自に織られ、受け継がれてきました。 しかし、その染織技術は明治時代の中頃から時代の波に押され衰退しつつあり、 沖縄戦争後は人々の記憶からすっかり忘れ去られ、「幻の花織」となっていました。 その「幻の花織」が、1964年に読谷村の情熱ある有志によって約90年ぶりに復活。 当初は愛好会でしたが、読谷山花織事業協同組合の組織へと発展し、 現在では沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として、 全国に多く知られるようになりました。 技術・技法 読谷山花織・読谷山ミンサーは、紋(もん)織物の一種です。読谷山花織は絹糸や綿糸で、 染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。 模様を表すのに花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮(たてうき)花織」「緯浮(よこうき)花織」と「手(てぃ)花織」があります。 経浮花織・経浮花織は布幅の経糸方向又は緯糸方向に色糸を用いて模様を織ります。 手花織は、手で色糸を縫い取るように模様を構成して織ります。 読谷山ミンサーは「グーシ花織」とも呼ばれ、綿糸を用いた細帯で、 模様を表すのに紋棒又は花綜絖を用いて織ります。 製品の特徴 色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、図柄に立体感をかもしだしています。 この紋様に絣や縞、格子をあしらった着尺や帯、手巾(ティーサージ)などがあります。 読谷山花織 名刺入れ&コースター(3枚) ・名刺入れ 手織りの着物地をもとに作られた、贅沢な名刺入れ。 マチも大きく30枚以上の名刺が収納できるので、出張や会議で多くの方に会うときでも安心です。 ポケット3つ。外布は絹製。その他は牛革製。箱入り。 ・コースター お気に入りのグラスやカップと合わせて使ったり、 一輪挿しを置いてもお部屋の雰囲気がグッとアップします。 テーブルセンターとお揃いでどうぞ。
10

沖縄県読谷村

【読谷山花織】名刺入れ&コースター(3枚)

【読谷山花織】名刺入れ&コースター(3枚) 156831 - 沖縄県読谷村
  • 【読谷山花織】名刺入れ&コースター(3枚)
  • 内容量:名刺入れ×1
    コースター×3
  • 配送方法:常温配送
  • 配送時期:寄付受付より約1ヶ月~2ヶ月後

寄附金額 21,000 円

還元ポイント(1%)  210P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
手織りの着物地をもとに作られた、贅沢な名刺入れと、コースターのセットです。

沖縄で生まれた情熱の織物読谷山花織
伝統が育んだ色と形
素材の良さと、手作りの温かさ
可憐な花柄の内側に秘めたロマンが伝わる
沖縄で生まれた情熱の織物読谷山花織(ゆんたんざ はなうい)

1372年読谷山の宇座出身の泰期は、中山の察度王の王弟として、
琉球から初めて中国へ朝貢し、琉球は大貿易時代を迎えます。

大交易時代は、中国や東南アジア諸国との交易が盛んで、
読谷山花織のルーツとなる絣や浮織の技法も伝来しました。
伝来した技法を元に琉球王府時代には読谷山花織として独自に織られ、受け継がれてきました。

しかし、その染織技術は明治時代の中頃から時代の波に押され衰退しつつあり、
沖縄戦争後は人々の記憶からすっかり忘れ去られ、「幻の花織」となっていました。
その「幻の花織」が、1964年に読谷村の情熱ある有志によって約90年ぶりに復活。

当初は愛好会でしたが、読谷山花織事業協同組合の組織へと発展し、
現在では沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として、
全国に多く知られるようになりました。

技術・技法
読谷山花織・読谷山ミンサーは、紋(もん)織物の一種です。読谷山花織は絹糸や綿糸で、
染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。
模様を表すのに花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮(たてうき)花織」「緯浮(よこうき)花織」と「手(てぃ)花織」があります。
経浮花織・経浮花織は布幅の経糸方向又は緯糸方向に色糸を用いて模様を織ります。
手花織は、手で色糸を縫い取るように模様を構成して織ります。
読谷山ミンサーは「グーシ花織」とも呼ばれ、綿糸を用いた細帯で、
模様を表すのに紋棒又は花綜絖を用いて織ります。
製品の特徴
色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、図柄に立体感をかもしだしています。
この紋様に絣や縞、格子をあしらった着尺や帯、手巾(ティーサージ)などがあります。

読谷山花織 名刺入れ&コースター(3枚)

・名刺入れ
手織りの着物地をもとに作られた、贅沢な名刺入れ。
マチも大きく30枚以上の名刺が収納できるので、出張や会議で多くの方に会うときでも安心です。
ポケット3つ。外布は絹製。その他は牛革製。箱入り。

・コースター
お気に入りのグラスやカップと合わせて使ったり、
一輪挿しを置いてもお部屋の雰囲気がグッとアップします。
テーブルセンターとお揃いでどうぞ。
返礼品名
【読谷山花織】名刺入れ&コースター(3枚)
内容量
名刺入れ×1
コースター×3
配送時期
寄付受付より約1ヶ月~2ヶ月後
配送方法
常温配送
提供者
読谷山花織事業協同組合
■注意事項/その他
ひとつひとつ手織りで作っています。
そのため多少サイズに違いがあり、デザインも異なります。
写真は一例であり、写真とは色・柄が違うものが届くとがありますことをご了承ください。
※商品コード: 1394
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

読谷村

沖縄県読谷村のご紹介
読谷村は、沖縄本島の中部、西海岸に位置し、東シナ海にカギ状に突き出た半島で人口4万人余りの日本一人口の多い村です。 東には、緑濃い山並み、西は東シナ海に面し、南は「比謝川」を境とし、北は景勝の地「残波岬」に囲まれた、美しい自然と豊かな伝統文化に育まれたところです。 読谷村には、歴史史実として世界遺産に登録された「座喜味城址」の他に「喜名焼」に代表されるヤチムン(焼物)等の伝統文化や各地の民族芸能が継承されています。 また、琉球三線音楽の始祖として讃えられる「赤犬子」のゆかりの地としても知られ、琉球音楽や島唄が盛んです。 読谷村は、【平和・環境】【文化・健康】【自立・共生】の3つの理念を結び、「ゆたさある風(フン)水(シ)、優(マサ)る肝心(チムグクル)、咲き誇る(サチフク )文化(ハナ)ど(ドゥ)、想(ウム)い合(アワ)ち」をむらづくりの目標に主体的創造的に進めています。 読谷村で生まれ育った方、読谷を訪れたことのある方、読谷村が大好きな方、そのような読谷村に思いを寄せるみなさまとともに読谷のむらづくりを行っていきます。全国のみなさまからの応援をお待ちしております。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です