Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
141827
0
嵐山町産 ラベンダーのキャンドル A
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=141827
町内のラベンダー園にある「オーナー管理型エリア」で育てたラベンダーを使ったオリジナルキャンドルです。 ほのかな香りがラベンダー畑にいるような気分にしてくれます。 火を灯す中心部は大豆からできたソイワックス。植物性ワックスで、空気の浄化作用もあると言われています。 さらに木芯を灯すことにより「パチパチ」と焚き火のような音もするので、癒しのひと時を演出してくれます。 こちらは、火を灯していくうちに段々と中心部が溶けていき、外側が残ります。 最後はキャンドルホルダーとして再利用できますので、灯して楽しみながらキャンドルを育ててみてください。 インテリアとしてもプレゼントとしても喜ばれるお品です。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/141827_image_1_m.jpg
雑貨・日用品
インテリア・絵画
14000
町内のラベンダー園にある「オーナー管理型エリア」で育てたラベンダーを使ったオリジナルキャンドルです。 ほのかな香りがラベンダー畑にいるような気分にしてくれます。 火を灯す中心部は大豆からできたソイワックス。植物性ワックスで、空気の浄化作用もあると言われています。 さらに木芯を灯すことにより「パチパチ」と焚き火のような音もするので、癒しのひと時を演出してくれます。 こちらは、火を灯していくうちに段々と中心部が溶けていき、外側が残ります。 最後はキャンドルホルダーとして再利用できますので、灯して楽しみながらキャンドルを育ててみてください。 インテリアとしてもプレゼントとしても喜ばれるお品です。
10

埼玉県嵐山町

嵐山町産 ラベンダーのキャンドル A

嵐山町産 ラベンダーのキャンドル A 141827 - 埼玉県嵐山町
  • 嵐山町産 ラベンダーのキャンドル A
  • 内容量:円柱キャンドル1個 7cm×高さ8cm(280g)
    パラフィンワックス・ソイワックス
  • 配送方法:常温配送

寄附金額 14,000 円

還元ポイント(1%)  140P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
町内のラベンダー園にある「オーナー管理型エリア」で育てたラベンダーを使ったオリジナルキャンドルです。
ほのかな香りがラベンダー畑にいるような気分にしてくれます。
火を灯す中心部は大豆からできたソイワックス。植物性ワックスで、空気の浄化作用もあると言われています。
さらに木芯を灯すことにより「パチパチ」と焚き火のような音もするので、癒しのひと時を演出してくれます。
こちらは、火を灯していくうちに段々と中心部が溶けていき、外側が残ります。
最後はキャンドルホルダーとして再利用できますので、灯して楽しみながらキャンドルを育ててみてください。
インテリアとしてもプレゼントとしても喜ばれるお品です。
返礼品名
嵐山町産 ラベンダーのキャンドル A
内容量
円柱キャンドル1個 7cm×高さ8cm(280g)
パラフィンワックス・ソイワックス
配送方法
常温配送
提供者
お花craft fleur
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※沖縄県及び離島への配送は出来ない商品となります。
※受注制作です。お花の個体差もある為、画像とは現物は多少異なりますがご了承下さい。
香料は嵐山町産のラベンダー精油でほのかな香りです。
香りがなくなりましたら、ロウ溜まりにお手持ちの精油を数滴垂らしていただくと都度香りが楽しめます。
(その他お取り扱い説明書同封をご参照ください)
※商品コード: 57550174
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

嵐山町

埼玉県嵐山町のご紹介
嵐山町(らんざんまち)は、埼玉県のほぼ中央に位置し、都心より60km圏にあります。比企丘陵の中枢部を占めており、山あり渓谷あり、平地ありと変化に富んだ自然の宝庫で、国蝶オオムラサキが生息する地としても有名です。そして、町名発祥の地でもある武蔵嵐山渓谷周辺樹林地は、平成8年にさいたま緑のトラスト保全第3号地(面積13.5ha)に指定され、翌9年には保全のための公有地化が完了。町と町民が一体となり当地の自然の保全・活用を進めています。 【嵐山渓谷】  武蔵嵐山渓谷は、その地形的な特徴から、秩父の長瀞岩畳に例えて「武蔵長瀞」と呼ばれていたこともあるようです。現在使われている「武蔵嵐山」は、昭和3年に当地を訪れた本多静六林学博士により名付けられたものです。本多博士は渓谷の最下流部にある槻川橋より、渓谷と周囲の赤松林の美しい景観を眺め、その様子が京都の「嵐山(あらしやま)」に大変よく似ているということで、「武蔵国の嵐山」という意味で命名されたということです。この地名は後に、当町の町名にも採用され「嵐山町(らんざんまち)」となりました。渓谷の半島部分にはそのことを記念する「嵐山町名発祥之地」が建立されています。

返礼品レビュー(0件)

特集ページの返礼品

特集ページ一覧へ

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です