Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
114450
0
No.094 漆器 小楢ぐい呑 端反 桐箱入り / ぐいのみ 杯 盃 おちょこ 群馬県
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=114450
数量限定2セット 器の真ん中に梅の花が咲いているような、珍しい花柄の木目のぐい呑です。 365日お花見しながら一杯を楽んでください。縁が端反っているため、口当たりが優しく、飲みやすいです。 木地加工、漆塗りを一人で一貫して行っているので、木と漆の良さを最大限生かした器となっています。丁寧に木を削り、10回以上拭き漆を施しております。 木と漆の器 長い年月を生きてきた木を、器という形でまた生き返らせられるよう丹精込めて創りました。 できるだけ木の良さ、 木目の美しさを引き出せるように、木工轆轤で丁寧に木地を挽き、木に漆をよくしみ込ませ、その上に何度も拭き漆をして仕上げております。 木の器は軽くて保温性が高く、熱いものを入れても外側が熱くならないため、手で持つことができます。温かいものは温かさを保ち、冷たいものは冷たさが長持ちいたします。ですからお年寄りや子供、器を手に持つ文化の日本に適した器といえます。そして何より木には温もりがあります。 愛情を持って大切に使っていただけるように、丁寧にいいもの“本物”を創っていきたいと思っております。 【作者】任 性珍(イム ソンジン) 1974年 大韓民国忠清南道生まれ 1999年 韓国 韓南大学造形芸術学部応用美術科卒業木漆工藝専攻 2000年~2004年 石川県立挽物轆轤技術研修所において、人間国宝・川北良造先生をはじめとする講師陣に木工轆轤及び漆塗りを学ぶ。その間、宮本常吉氏に師事 2005年 群馬県安中市にて工房 世二(せい)開設 2006年~ 日本伝統工芸展 2009年 日本工芸会正会員認定 2016年 日本工芸会退会 現在 展示会を中心に活動(丸善日本橋店、軽井沢、前橋 等) ※お申込時の決済手段は、『クレジットカード決済限定』となります。 <その他の払込方法をご選択いただいても受付が出来ませんので何卒ご了承ください。> 提供:工房 世二
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/114450_image_1_m.jpg
工芸品・装飾品
民芸品・工芸品
雑貨・日用品
食器・グラス
67000
数量限定2セット 器の真ん中に梅の花が咲いているような、珍しい花柄の木目のぐい呑です。 365日お花見しながら一杯を楽んでください。縁が端反っているため、口当たりが優しく、飲みやすいです。 木地加工、漆塗りを一人で一貫して行っているので、木と漆の良さを最大限生かした器となっています。丁寧に木を削り、10回以上拭き漆を施しております。 木と漆の器 長い年月を生きてきた木を、器という形でまた生き返らせられるよう丹精込めて創りました。 できるだけ木の良さ、 木目の美しさを引き出せるように、木工轆轤で丁寧に木地を挽き、木に漆をよくしみ込ませ、その上に何度も拭き漆をして仕上げております。 木の器は軽くて保温性が高く、熱いものを入れても外側が熱くならないため、手で持つことができます。温かいものは温かさを保ち、冷たいものは冷たさが長持ちいたします。ですからお年寄りや子供、器を手に持つ文化の日本に適した器といえます。そして何より木には温もりがあります。 愛情を持って大切に使っていただけるように、丁寧にいいもの“本物”を創っていきたいと思っております。 【作者】任 性珍(イム ソンジン) 1974年 大韓民国忠清南道生まれ 1999年 韓国 韓南大学造形芸術学部応用美術科卒業木漆工藝専攻 2000年~2004年 石川県立挽物轆轤技術研修所において、人間国宝・川北良造先生をはじめとする講師陣に木工轆轤及び漆塗りを学ぶ。その間、宮本常吉氏に師事 2005年 群馬県安中市にて工房 世二(せい)開設 2006年~ 日本伝統工芸展 2009年 日本工芸会正会員認定 2016年 日本工芸会退会 現在 展示会を中心に活動(丸善日本橋店、軽井沢、前橋 等) ※お申込時の決済手段は、『クレジットカード決済限定』となります。 <その他の払込方法をご選択いただいても受付が出来ませんので何卒ご了承ください。> 提供:工房 世二
10

群馬県安中市

No.094 漆器 小楢ぐい呑 端反 桐箱入り / ぐいのみ 杯 盃 おちょこ 群馬県

No.094 漆器 小楢ぐい呑 端反 桐箱入り / ぐいのみ 杯 盃 おちょこ 群馬県 114450 - 群馬県安中市
  • No.094 漆器 小楢ぐい呑 端反 桐箱入り / ぐいのみ 杯 盃 おちょこ 群馬県
  • 内容量:径約76mm×高さ約46mm
    樹種:小楢(こなら) 漆塗り(拭き漆仕上げ)
    自然の木なので一つ一つ木目が違うため、写真と木目が異なることがございます。ご了承ください。
  • 配送方法:常温配送
  • 配送時期:通年

寄附金額 67,000 円

還元ポイント(1%)  670P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。
  • こちらの自治体は1寄附当たりの返礼品申込数に上限があります。
※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
数量限定2セット

器の真ん中に梅の花が咲いているような、珍しい花柄の木目のぐい呑です。
365日お花見しながら一杯を楽んでください。縁が端反っているため、口当たりが優しく、飲みやすいです。
木地加工、漆塗りを一人で一貫して行っているので、木と漆の良さを最大限生かした器となっています。丁寧に木を削り、10回以上拭き漆を施しております。

木と漆の器
長い年月を生きてきた木を、器という形でまた生き返らせられるよう丹精込めて創りました。
できるだけ木の良さ、 木目の美しさを引き出せるように、木工轆轤で丁寧に木地を挽き、木に漆をよくしみ込ませ、その上に何度も拭き漆をして仕上げております。
木の器は軽くて保温性が高く、熱いものを入れても外側が熱くならないため、手で持つことができます。温かいものは温かさを保ち、冷たいものは冷たさが長持ちいたします。ですからお年寄りや子供、器を手に持つ文化の日本に適した器といえます。そして何より木には温もりがあります。
愛情を持って大切に使っていただけるように、丁寧にいいもの“本物”を創っていきたいと思っております。

【作者】任 性珍(イム ソンジン)
1974年 大韓民国忠清南道生まれ
1999年 韓国 韓南大学造形芸術学部応用美術科卒業木漆工藝専攻
2000年~2004年 石川県立挽物轆轤技術研修所において、人間国宝・川北良造先生をはじめとする講師陣に木工轆轤及び漆塗りを学ぶ。その間、宮本常吉氏に師事
2005年 群馬県安中市にて工房 世二(せい)開設
2006年~ 日本伝統工芸展
2009年 日本工芸会正会員認定
2016年 日本工芸会退会
現在 展示会を中心に活動(丸善日本橋店、軽井沢、前橋 等)

※お申込時の決済手段は、『クレジットカード決済限定』となります。
<その他の払込方法をご選択いただいても受付が出来ませんので何卒ご了承ください。>

提供:工房 世二
返礼品名
No.094 漆器 小楢ぐい呑 端反 桐箱入り / ぐいのみ 杯 盃 おちょこ 群馬県
内容量
径約76mm×高さ約46mm
樹種:小楢(こなら) 漆塗り(拭き漆仕上げ)
自然の木なので一つ一つ木目が違うため、写真と木目が異なることがございます。ご了承ください。
配送時期
通年
配送方法
常温配送
■注意事項/その他

※商品コード:
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

安中市

群馬県安中市のご紹介
峠の文教都市 あんなか ~温泉マーク発祥の地~ 安中市は、群馬県の西部に位置し、高崎市や富岡市、軽井沢町に接する人口約6万人の西毛地区の中核都市です。妙義山や碓氷峠そして榛名山などの山々に囲まれ、市内を碓氷川、九十九川の清流が潤し、里山の風景を残す自然豊かなまちです。北陸新幹線安中榛名駅と上信越自動車道の2つのインターチェンジなどを利用すると都心から1時間半余りとなり、関東のみならず関西方面からもアクセスしやすくなりました。 群馬県の西の玄関口にあたる当市は、歴史的にも価値のある碓氷関所跡やめがね橋の愛称で親しまれている碓氷第三橋梁、市内を走る中山道沿いには江戸時代からの安中杉並木、NHK大河ドラマ「八重の桜」に登場した八重の夫新島襄ゆかりの地でもあります。 これからも多くの皆様に訪れていただけるよう、「みんな元気で いきいき暮らせる 市民総働のまち あんなか」をテーマに、魅力あるまちづくりを進めてまいります。 安中市を「ふるさと」として応援願える皆さま、是非ご支援をお願いいたします。 【ご注意】 ・返礼品の送付は、安中市外にお住まいの方に限らせていただきます。 ・返礼品の送付先は、国内のみ発送となります。また、返礼品によっては配送エリアが限られている場合がありますので、詳しくは各返礼品ごとにご確認をお願いいたします。

返礼品レビュー(0件)

この自治体のおすすめ返礼品

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です