Pontaポイントでふるさと納税

よくあるご質問(FAQ)
102757
0
WH-16 床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル)
https://furusato.wowma.jp/products/detail.php?product_id=102757
姫路産ピット鞣しヌメ革の床革を使用したデイリーサイズのバッグです。 財布や携帯電話、ポーチ等を入れての普段使いに最適。 持ち手には同じく姫路産のヌメ革を使用し、持ち心地にもこだわっています。 たっぷり染み込んだ植物タンニンの効果により、経年による変化をお楽しみ頂けます。 【ピット鞣し床革について】 牛革を手間のかかるピット曹を用いた天然植物タンニン鞣しを施し、革の表面(銀面)をスライスした後に出来る床革を使用しています。 さらに表面を整えるスライスを施しております。 革本来の香りと、使うほどに成長する風合いをお楽しみ下さい。 普段使いから、大切な人への贈り物にも最適です。 【事業者】 丸福化成株式会社/革工房whim 「革工房whim」で検索してください。
https://furusato.wowma.jp/upload/save_image/102757_image_1_m.jpg
ファッション
カバン
30000
姫路産ピット鞣しヌメ革の床革を使用したデイリーサイズのバッグです。 財布や携帯電話、ポーチ等を入れての普段使いに最適。 持ち手には同じく姫路産のヌメ革を使用し、持ち心地にもこだわっています。 たっぷり染み込んだ植物タンニンの効果により、経年による変化をお楽しみ頂けます。 【ピット鞣し床革について】 牛革を手間のかかるピット曹を用いた天然植物タンニン鞣しを施し、革の表面(銀面)をスライスした後に出来る床革を使用しています。 さらに表面を整えるスライスを施しております。 革本来の香りと、使うほどに成長する風合いをお楽しみ下さい。 普段使いから、大切な人への贈り物にも最適です。 【事業者】 丸福化成株式会社/革工房whim 「革工房whim」で検索してください。
10

兵庫県福崎町

WH-16 床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル)

WH-16 床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル) 102757 - 兵庫県福崎町
  • WH-16 床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル)
  • 内容量:床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル) 1個
    大きさ:H300×W300×D100(mm)
  • 配送方法:常温配送

寄附金額 30,000 円

還元ポイント(1%)  300P

  • ポイントはPontaポイント(au PAY マーケット限定)の還元を予定しています。

現在お住まいの自治体へ寄附申込頂いた場合、返礼品は贈答されません

現在のお気に入り追加数:♡

\ポイント増やしてふるさと納税!/

ポイント交換所はこちら
姫路産ピット鞣しヌメ革の床革を使用したデイリーサイズのバッグです。
財布や携帯電話、ポーチ等を入れての普段使いに最適。
持ち手には同じく姫路産のヌメ革を使用し、持ち心地にもこだわっています。
たっぷり染み込んだ植物タンニンの効果により、経年による変化をお楽しみ頂けます。

【ピット鞣し床革について】
牛革を手間のかかるピット曹を用いた天然植物タンニン鞣しを施し、革の表面(銀面)をスライスした後に出来る床革を使用しています。
さらに表面を整えるスライスを施しております。
革本来の香りと、使うほどに成長する風合いをお楽しみ下さい。

普段使いから、大切な人への贈り物にも最適です。

【事業者】
丸福化成株式会社/革工房whim
「革工房whim」で検索してください。
返礼品名
WH-16 床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル)
内容量
床革トートバッグ 小サイズ(ナチュラル) 1個
大きさ:H300×W300×D100(mm)
配送方法
常温配送
提供者
丸福化成株式会社
■注意事項/その他
※画像はイメージです。
※天然素材の為、細かな傷・シワ・色ブレなど個体差がございます。
※素材製法の特性上、タイミングによっては予定よりもお待ち頂く場合がございますのでご了承ください。
※商品コード: 52560163
本ページは、提供自治体からの情報に基づき、作成しています。
提供元の都合などにより、掲載中に予告なく返礼品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料など)が変更される場合がございます。
お届けした返礼品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどをご確認ください。

福崎町

兵庫県福崎町のご紹介
八百万の神が囁き、福が咲く。もの語る町、ふくさき。 播州福崎町。豊かな自然の風物に囲まれた、小さな町。 ここには目を見張るほどの“絶景” などないけれど、 じっと耳を澄ませば、山あいから、川辺から、田畑から、くさむらから、 人々の営みの隙間から“人ならざるもの” の囁きが聞こえてくる町。 風が語り、水が語り、人が語る。ようこそ、万物が語りし福崎へ。

返礼品レビュー(0件)

閲覧履歴

まだ閲覧履歴はありません

処理中です