1. HOME
  2. 特集
  3. ふるさと納税とは

SPECIAL

特集

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分が選んだ自治体(地域)に寄附を行った場合、手続きを行えば、所得税と住民税の控除が受けられる制度のことです。
税金控除に加えて、自治体では、地域の名産品など返礼品を用意しているところも多いため、寄附するだけではなく、お得感も得られる仕組みになっています。

ふるさと納税4つのポイント

応援自治体を選べる

ご自身の生まれた地域ではなくても、好きな自治体(地域)に寄附することができます。

使いみちが指定できる

寄附金を自治体がどのように使用するのか、用途を選択、指定することができます。

税金から控除される

控除上限額内で寄附を行うと、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

返礼品がもらえる

自治体の多くは、寄附へのお礼として、その地域の特産品を用意し、お届けしています。

ふるさと納税の仕組み

確定申告の場合

ワンストップ特例制度の場合

ワンストップ特例制度とは、寄附先の地域(自治体)が5つまでの場合、その年の所得について確定申告の必要がなく、カンタンに寄附金控除が受けられる制度のことです。

「確定申告」と「ワンストップ特例制度」の違い

確定申告制度 ワンストップ特例制度
寄付先の数 複数の自治体に寄附が可能 1年間で5自治体まで
申請方法 税務署に寄附金受領証明書を確定申告書類とともに提出 各自治体に申請書を提出
申請手続きの回数 年に1回 寄附の都度
こんな方にオススメ ・多くの自治体(6以上)に寄附をする方
・手続きを年1回で行いたい方
・寄附回数の少ない方

ライフスタイル別税金控除例

独身女性の場合

年齢:27歳
家族構成:独身
配偶者:なし
年収:400万
ふるさと納税控除上限目安
42,000円
寄附金総額:20,000円
実質負担金額:2,000円
寄付先:2カ所(新潟県阿賀町、福岡県宗像市)
受け取ったお礼品:
・新潟県産こしひかり10kg
・博多あまおう300g×4P

夫婦の場合

年齢:38歳
家族構成:夫婦
配偶者:あり(会社員)
年収:750万
ふるさと納税控除上限目安
118,000円
寄附金総額:60,000円
実質負担金額:2,000円
寄付先:3カ所(宮崎県都農町、鳥取県米子市、北海道砂川市)
受け取ったお礼品:
・宮崎牛ロースステーキ&焼肉セット
・大山Gビール&大山ハム
・農園 りんご約5kg

夫婦と子供一人(16歳)の場合

年齢:52歳
家族構成:夫婦と子供一人
配偶者:あり(専業主婦)
年収:1,000万
ふるさと納税控除上限目安
157,000円
寄附金総額:79,000円
実質負担金額:2,000円
寄付先:5カ所(山形県三川町、北海道八雲町、佐賀県上峰町、福岡県春日市、北海道砂川市)
受け取ったお礼品:
・山形県産つや姫10kg
・いくら醤油漬500g
・黒毛和牛「肩ロース」 500g
・国産牛もつ鍋セット
・りんごジュース・フルーツジャムセット

ふるさと納税の流れ

STEP
1

控除額の目安を確認する

まずは、自己負担2,000円で寄附できる金額の目安を確認しましょう。
STEP
2

寄附する自治体を決める

返礼品などから寄附したい自治体を選んで申し込みます。複数の自治体に分けて寄付することもできます。
STEP
3

寄附金の支払手続きをする

Wowma!ふるさと納税では、auかんたん決済とクレジットカード決済の両方をご利用いただけます。
さらに、ポイント(WALLETポイント・Wow!スーパーポイント・auポイント)を利用したお支払いも可能です。
STEP
4

返礼品と寄附金受領証明書を受け取る

寄附をした自治体から、返礼品と寄附金受領証明書が届きます。寄附金受領証明書は確定申告に必要になりますので、失くさないように保管してください。
※返礼品と寄附金受領証明書は別で送られる場合があります。
STEP
5

税金控除の手続きをする

「確定申告」または「ワンストップ特例制度」のいずれかの方法で控除手続きを行います。寄附先の自治体が5つ以内で、確定申告の必要がない方は、「ワンストップ特例制度」のご利用が便利です。
ふるさと納税とは、自分の選んだ地域(自治体)に寄附を行った場合に、控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税と住民税から税金が控除されます。
税金控除を受けるためには、「確定申告」を行うか、「ワンストップ特例制度」の適用に関する申請が必要になります。

関連記事