1. HOME
  2. ふるさと納税について
  3. ふるさと納税の正確な寄附金控除上限額は詳細シミュレーションで確認を
ふるさと納税

ふるさと納税の正確な寄附金控除上限額は詳細シミュレーションで確認を

ふるさと納税を行うと税金の控除を受けられます。

ですが、受けられる控除には「寄附金控除上限額」という上限が設定されています。そして、この「寄付金控除上限額」の計算がなかなか難しいもの。

そこで使えるのが「寄附金控除上限額の簡単シミュレーションツール」です。
ただ、この簡単シミュレーションツールは簡易な分、設定できる条件が少ないものです。

そのために「計算結果と実際の控除上限額の差が大きい場合がある」という問題がありました。

そこで当記事では、控除上限額を少しでも正確に把握するために「詳細シミュレーション」を使って計算する方法を解説します。

比較がしやすいように、
①簡易シミュレーションツールでの計算
②詳細シミュレーションツールでの計算
という順にお伝えをしていきます。

なお、今回の事例では、詳細版で計算した結果、簡易版に比べて控除上限額が2万円以上お得になりました!「大体でいいよ」と思っている方もざっと目を通してみてくださいね!

ふるさと納税をするならまずは寄附金控除上限額の目安を簡単シミュレーションで確認しよう

寄附金控除上限額は大まかに

  • ふるさと納税を行う方の家族構成
  • ふるさと納税を行う方本人の給与収入

をもとに計算します。

この2つの要素だけでも、簡易なものであれば寄附金控除上限額の目安は把握が可能です!

控除額シミュレーション

例えば、au Wowma!ふるさと納税の控除額シミュレーション(簡易版)では、上記の2つを入力するだけで1分もかからず計算できます。

ただ、簡易料金シミュレーションで出せるのはあくまで

  • ふるさと納税を行う方の家族構成
  • ふるさと納税を行う方本人の給与収入

だけををもとにした寄附金控除上限額の目安です。

そのため

  • 社会保険料控除
  • 医療費控除
  • 住宅借入金等特別控除

などを受ける方は結果に差がでてしまいます。

この辺りに関してはそれぞれ以下の記事で解説しました!詳しく事情を知りたいという方はぜひ併せて読んでみてくださいね。

そしてこういった控除を含め、より正確な限度額を知るには「詳細シミュレーション」をすることが1番です。

より正確な寄附金控除上限額を知るには、ふるさと納税前に「詳細シミュレーション」を

「詳細シミュレーション」では、

  • ふるさと納税を行う方の家族構成
  • ふるさと納税を行う方本人の給与収入

に加えて、個人の受ける控除内容など、より正確な情報をもとに寄附金控除上限額を計算します。

例えば、au Wowma!ふるさと納税では、

  • 「源泉徴収」を利用するのか
  • 「確定申告」を利用するのか

という2通りに分けて詳細シミュレーションが用意されています。

どちらを使うかは、参考として入力する情報(前年の給与の場合が多いかと思います)が「源泉徴収」か「確定申告」のものかで判別しましょう。

どこか会社に属していて、昨年末にもらった源泉徴収票をもとに算出する方は「源泉徴収」のタブで、前年に確定申告を行った方はその控えをもとに「確定申告」のタブで入力していきます。

それぞれ項目毎についている「i」を押すと、該当箇所が拡大イメージで表示できるので便利です!

控除額シミュレーション

「源泉徴収」を利用する場合

では実際に控除額シミュレーション(詳細版)を使ってみましょう。

まずは「源泉徴収」を利用する場合を想定して、

  • ご本人の給与収入・・・10000000円
  • 配偶者の有無(夫または妻)・・・あり(69歳以下)
  • 配偶者の給与収入(夫または妻)・・・0円
  • 扶養家族の人数(夫または妻以外)・・・15歳以下2人
  • 寡婦に該当しますか?・・・非該当
  • 社会保険料等の金額・・・300000円
  • 生命保険料控除額・・・200000円
  • 医療費控除の金額・・・30000円

といったケースを入力していきます。

といった形になります。

すると、そのままスクロールした先に結果が表示されています。

今回の場合の寄附金控除上限額の目安は191,000円です。

ちなみに、簡易シミュレーションでは控除が入力できないため

  • ご本人の給与収入・・・10000000円
  • 配偶者の有無(夫または妻)・・・あり(69歳以下)

という情報のみを入力し、169,000円という結果になります。

こちらでも上限額を越して寄附してしまうことはありませんが、詳細シミュレーションの方がしっかりとした金額がわかります。今回の場合は191,000円-169,000円の差額である「22,000円分」お得ですね。

「確定申告」を利用する場合

また、詳細シミュレーションでは「確定申告」を利用する場合も計算できます。

その場合は「確定申告Aの方」という部分を選択し情報を入力していきましょう。

入力する項目は同じです。

同じように金額が表示されます。

読み込む時間も必要なく、1分もかからず簡単に寄附金控除上限額が把握できますよ!

またau Wowma!ふるさと納税では、ご自身の寄附金控除上限額を目安に返礼品を検索できます。

寄附金控除上限額の把握だけでなく、そのまま返礼品選びや寄附の申し込みまでできるのでとても便利です。

寄附金控除上限額を把握してお得にふるさと納税を活用しよう

寄附金控除上限額を把握しておけば、ふるさと納税をスムーズに行えます。

仮に上限額を超えて寄附してもペナルティなどはないので不安になることはありませんが、把握しておけばよりお得にふるさと納税を活用できますよ!

シミュレーションを使えばあっという間に計算できますので、ぜひ試してみてくださいね。

控除額シミュレーション

その他、ふるさと納税の仕組みや控除額をご自身で求める場合の計算式はこちらの記事に掲載しています。

気になる方はこちらの記事も併せてご覧ください。

関連記事