1. HOME
  2. 返礼品情報
  3. ふるさと納税で美味しい「ジャガイモ」を選ぶ方法は?おすすめの返礼品も併せて紹介
ふるさと納税

ふるさと納税で美味しい「ジャガイモ」を選ぶ方法は?おすすめの返礼品も併せて紹介

色々な食べ方ができる「ジャガイモ」を返礼品でもらえたら、とてもお得な気持ちになりますよね!

今回はジャガイモに注目し、おすすめの返礼品や選び方を紹介します。

実はジャガイモって品種によって美味しく食べられる調理方法があるんです。
どんな調理方法をとるか決まっている方は、ぜひ相性の品種を選びましょう!

この記事が「ふるさと納税で美味しいジャガイモをもらいたい」という方の参考になれば幸いです。

ふるさと納税で美味しい「ジャガイモ」を選ぶ方法は、食べ方別に「品種」に注目すること

ジャガイモを選ぶポイントは、どんな食べ方をするかで品種を決めることです。

ここではメジャーなジャガイモの品種に限定して、特徴をまとめました。

品種名 特徴
男爵 ホクホクとした食感が特徴。ポテトサラダ、コロッケ、マッシュポテトなど加熱後に潰す料理に最適。
メークイン しっとりとした食感が特徴。煮崩れしにくいので、炒め物、カレー、シチューなどに最適。
キタアカリ ホクホクとした食感と甘みが特徴。加熱時間が短めのポテトサラダ、味噌汁、ポタージュなどに最適。
新じゃがいも 小粒で皮が薄く、皮もそのまま調理できるのが特徴。

このように、ジャガイモは品種によって煮崩れのしやすさや食感が違います。

ジャガイモをどんな料理に使用するか決めている方は、それに併せて品種を選びましょう。

ふるさと納税でもらえる「ジャガイモ」のおすすめ返礼品を一覧で紹介

ここからは実際にふるさと納税で用意されているものから「ジャガイモ」の返礼品をご紹介します。

■北海道千歳産じゃがいも2種【メークイン・きたあかり】計約10kg
北海道千歳市
寄附金額:10,000 円

北海道千歳市の広大な自然のもと育ったジャガイモの2種セットです。メークインときたあかりはそれぞれ食感も味も違うので、ぜひ食べ比べをしてみてくださいね。
合計で10kgという大容量も嬉しいポイントです。

■飛騨種蔵産 じゃがいもづくしセット(キタアカリ・男爵)[A0040]
岐阜県飛騨市
寄附金額:8,000 円

ジャガイモ好きな方におすすめしたいのがこちらのセットです。
キタアカリと男爵、そして煮っころがし、じゃがいものクリームペーストが含まれた豪華なセットです。これだけあれば色々な調理方法でジャガイモを楽しめますね。

■【2019年発送】道塚農園の【男爵】L-LLサイズ約10kg
北海道倶知安町
寄附金額:10,000 円

作物の病原菌が発生しにくい冷涼な気候と長い日照時間を活かし育てられた男爵も、返礼品ならとてもお得です!
男爵はポテトサラダやコロッケで食べるのがおすすめです。ホクホクした食感と甘みをぜひ味わってくださいね!

▼その他、ジャガイモの返礼品はこちらから見てみてください。

ふるさと納税 ジャガイモ

※在庫は2019/10/1時点のものです。
ご紹介する返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください。

ふるさと納税で「ジャガイモ」を頼んだら1kgで何個くらい届く?

ところで、ふるさと納税で頼めるジャガイモは基本的にグラム数が記載されています。

でも1kgや10kgと言われてもイメージがつかみにくい方もいるかもしれませんね。

大きさにもよりますが、一般的なサイズ感のジャガイモは1個当たり120gほどです。

そのため、1㎏の返礼品であれば8~9個ほど、10kgであれば83~84個ほど届く形となります。

(品種やその年の状況によってジャガイモの1個当たりの重さは異なるため、あくまで目安としてお考え下さい)

美味しいジャガイモはどんどん箸が進むかもしれませんが、量によっては賞味期限が近くなってしまう場合もあるでしょう。

一緒に食べる方の人数にあわせて頼む量を調節してみてくださいね。

ふるさと納税は1年間のうちに複数回することも可能なので、一人暮らしなどの場合は小まめに寄附をして届く時期をずらすのも1つの方法です。

その場合は控除限度額に注意してくださいね。

また、寄附申し込みは一回で小分けに届けてくれる「定期便」もあります。その場合は申し込みの手間がなく簡単です。

「ジャガイモ」を頼む前にふるさと納税の仕組みをおさらい

ここでふるさと納税の仕組みをおさらいしておきましょう。

そもそもふるさと納税とは、居住地に関わらず、納税者が納税先を寄附という形で選べる制度です。
現在の日本では地方のふるさとで生まれても、進学や就職を機に都心部へ生活の場を移し、そこで納税を行うことが多くなっています。

結果として都心部の税収は多く、生まれ育った地方自治体の税収は減ってしまっていました。この税収格差を縮めるため、国が制度として定めたのがふるさと納税です。

ふるさと納税では、納税者は寄付という形で地方自治体を支援できます。
そして控除上限額以内の寄附であれば、自己負担分(最低2,000円)を除いて住民税や所得税から控除が受けられるのです。

さらに寄附のお礼として地方の特産品や名産品などの返礼品を受け取ることができます。
そのため、ふるさと納税は実質的に2,000円の負担で地方の豪華な返礼品がもらえるお得な制度と言われています。

(集められた寄附金は各地方自治体が財源として活用するため、ふるさとや思い入れのある土地への支援としてもふるさと納税は活用可能です)

ふるさと納税に関するより詳しい内容はこちらの記事にまとめています。

ぜひ併せてご覧ください。

ふるさと納税でどの「ジャガイモ」の返礼品を選んでも還元率は3割以下

補足ですが、返礼品の還元率は3割以下です。

還元率というのはふるさと納税の寄附金額に対し、返礼品の価値がどれくらいなのかを表す割合です。返礼率と呼ばれることもあります。

ふるさと納税の返礼品は一般市場に出回っているものもあるため、寄附を行った場合の利益率が気になる方も中にはいるかもしれませんね。

例えば1万円の寄附をしてもらった返礼品が、一般市場で3000円で取引されていた場合、還元率は3割となります。

ですが、最初にもお伝えした通り、どんな返礼品であっても還元率の目安は還元率は3割以下です。

これは国が自治体間の還元率競争を防ぐため定めている基準です。そのため、どのジャガイモの返礼品を選んだとしても大きく損することはないので安心してください。

またほとんどの場合、還元率は公開されていません。
どうしても気になる返礼品の還元率が知りたいという方は、品種名などを通販サイトで検索するなどして計算してみましょう。

とはいえ、返礼品にはふるさと納税限定の商品やプランなども多くあります。
また品種は一緒でも「感謝の気持ちをこめて、農家の者がより大きく味のいいものを選んでお送りします」などのコメントが記載されているものもあります。

このように単純に金額だけで判断できない要素もありますから、あまり還元率にはこだわりすぎずにお好みの返礼品を選ぶのがおすすめです。

ジャガイモであれば、お好きな品種や調理方法でより魅力的なものを探してみてください。

ふるさと納税を使えば美味しいジャガイモもお得に食べることができますよ!

ふるさと納税で美味しい「ジャガイモ」をお得にもらおう

この記事では「ふるさと納税でジャガイモをもらいたい」という方にむけて、選び方やおすすめの返礼品を紹介しました。

ジャガイモの返礼品を選ぶときは、お好みの食べ方にあった品種を選びましょう。

また賞味期限があるものですからご一緒に食べる方の人数にあわせて、使い勝手のいい量を頼みましょう。

気になる返礼品があった方は、申し込みが可能か、ぜひau Wowma!ふるさと納税をチェックしてみてくださいね!

ふるさと納税 ジャガイモ

※在庫は2019/10/1時点のものです。
ご紹介する返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください。

関連記事