1. HOME
  2. 返礼品情報
  3. 【2018年度版】ふるさと納税でもらえるカニのまとめ。おすすめの蟹や選び方をご紹介します

【2018年度版】ふるさと納税でもらえるカニのまとめ。おすすめの蟹や選び方をご紹介します

冬になったら食べたい海の幸といえば、「カニ」と答える人も多いのではないでしょうか?

実は、ふるさと納税でカニを返礼品としている自治体が年々増えてきています。

普段購入するには金銭的にも手を出しづらかったり、タイミングもなかなかなかったりと、食べたくても食べれなれない「カニ」

でもふるさと納税なら実質負担2,000円で取り寄せられるため、利用しないのはもったいないです。

そこで今回は、ふるさと納税でもらえる「カニ」の選び方やオススメを紹介します。

目次

ふるさと納税でカニがもらえる!しかも種類が豊富

カニを実際に調べてみると、いろんな種類があったり、加工方法もわからないという方も多いと思います。

そこで、まずはカニの基礎知識として、種類や部位を解説しますね。

カニの種類は?それぞれのカニの特徴

「カニと言えば、タラバだ!ズワイだ!毛ガニだ!」と地方によって親しみのあるカニの種類はそれぞれです。
実際、カニの種類によってどのような違いがあるのでしょうか?

タラバガニ

三大ガニの一つである、タラバガニ。
実は、「ヤドカリ」の仲間に属しているのがタラバガニです。
北海道のタラの漁場と同じ海域で多くとれるため、鱈場蟹=「タラバガニ」と命名されました。
五角形のような形をした甲羅はトゲトゲしており、身体が大きく足も太いのが特徴です。
その大きさから「カニの王様」とも呼ばれているほど。
大きいので、ぷりぷりと引き締まった身をボリューミーに楽しむことができます。
しかも淡白な味わいで飽きがこないため、延々と食べていられる味です。
身の多さや引き締まったプリプリの食感にファンになる人も多数。
カニ脚をとことんたくさん食べたい人には、タラバガニがオススメです!

ちなみに相場は、1kgで6,000〜10,000円程度とお高め。
近年では値段が高騰しており、なかなか手に入りにくい代物になっています。

ズワイガニ

三大ガニの2つめは、ズワイガニです。
産地や品質によっては、「本ズワイガニ」「大ズワイガニ」「紅ズワイガニ」などと呼ばれることもあります。
その中でも最高級品質のものが「本ズワイガニ」!

ちなみにズワイガニの中でも、カニが名産の島根・鳥取・兵庫で獲れたズワイガニは「松葉ガニ」、北陸で獲れたものは「越前ガニ」や「加納ガニ」と呼ばれてブランド蟹として人気も高いです。

タラバガニに比べると甲羅が小さめでつるつるしているのが特徴です。

そして、一口食べると「甘い!」と感じることができるくらい旨味がぎっしりな味わいがたまりません。

もちろん、カニみそも絶品で濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。
「色んな部位をまるごと味わいたい!」という方にはズワイガニがオススメですよ。

相場は1kg3,000〜6,000円と、比較的購入しやすいお値段ですね。
しかし、松葉ガニや越前ガニになると、値段は2倍、モノによっては5倍になるので、一気に高級食材になります。

毛ガニ

三大ガニの3つ目は毛ガニです。

毛ガニと言われているだけあって甲羅は毛むくじゃらのカニ。

実は毛ガニは、タラバガニやズワイガニと比べるとサイズは小さめです。
小柄ですが、その分中はぎっしり詰まっていて食べごたえは十分。

しかも「カニみそを味わいたいなら、毛ガニ」と言われるほど、カニみそが濃厚でおいしいことが毛ガニの魅力。
さらに、毛ガニは年がら年中どこかで水揚げされているため、いつも新鮮なものを食べられるのも嬉しい特徴です。

1匹の大きさが400〜500gと小さめな分、1匹は2,000〜3,000円とお安めですが、大き目の800gを超えるものは6,000〜10,000円と少々お高めになります。

部位によって楽しみ方はそれぞれ!カニ脚だけじゃもったいないかも?

一言で「カニ」といっても、食べられる部位はいくつかあり、その部位はカニによって様々です。
そこで、それぞれの部位の特徴をおさらいしましょう。

定番の真っ白なカニ脚

カニと言えば、白いプリプリとした身が定番ですよね。
そう、カニ脚です。これはむき身の状態で「ポーション」と呼ばれるもので、さっぱりとしていてたべやすいので人気の部位です。
もちろん個体差は大きいですがこのカニ脚の中でも、上から1番目と2番目が身が太くて、詰まっていることが多いのでオススメ。
そして、カニのハサミの部分ももちろん食べられるので、脚とは違う食感、味わいを楽しめます。

甲羅につまった、栄養満点のカニみそ

カニにとっての栄養がたっぷりのカニみそは、濃厚なうまみが詰まっている部位です。

子どものときは分からなかった大人の味は、カニ脚と一緒に必ず食べたくなってしまいませんか?

居酒屋でもよくある、甲羅焼きにするのもいいですし、そのままの味を楽しみたいなら茹でて食べるのもオススメです。
カニの甲羅の内側の身とカニみそを一緒に混ぜ合わせて食べるのも、最高ですよね。

レアだけどハマる人もたくさんいる内子と外子

甲羅の内側にびっしりついている茶色い粒上のものが外子、オレンジ色の身を内子と言います。
カニの内子は卵巣を指しているため、メスにしかありません。
ズワイガニのメスの内子が非常に有名です。中でも鳥取などで捕獲有れるズワイガニのメスは、11月6日から翌年1月10日までしか漁が許可されていないためとても貴重です。
内子は、茹でてほぐした身と一緒に食べてもおいしいですし、そのまま食べても美味。
外子は、そのままでも、醤油や酢醤油でもクセになっちゃいます。
粒々の外子を酢醤油と混ぜて、それにカニの身をつけるという食べ方も、うまみが凝縮されていておいしさ満点です。
間違って、捨てないようにだけ気を付けてくださいね!

カニの食べ方は?どうやって調理すればいいかわかる!

いざ、カニが家に届いたときにどうやって食べればいいかわからないですよね?
ふるさと納税で届いたカニの簡単な食べ方をご紹介しましょう。

シンプルに茹でるとカニのそのままのおいしさが伝わる

そのまま茹でるのが、カニのシンプルな味をしっかり楽しめる食べ方です。
カニ脚はもちろん、カニみそなどの他の部位も茹でるだけで絶品に。
飽きのこないカニを長く楽しむことができます。

炭火で焼いてもおいしい

焼くのももちろんおいしいですよ。
火を通すことによって、カニのうまみがギュッと凝縮されてカニ本来の味を楽しむことができます。
バターと一緒に焼いてもおいしさ倍増!
焼ガニには、タラバガニなどのヤドカリ科のカニが実入りが多く、熱を加えると甘くなるためオススメです。

みんなで鍋を囲ってしゃぶしゃぶ

カニしゃぶもいいですよね。
むき身をそのまま鍋に入れて、少しスープを通すだけでお出汁の風味がカニのおいしさを引き立てます。
アツアツの状態で食べられるのも魅力です。

カニの選び方は?むき身?どんな状態で届くか知りたい

「むき身(ポーション)」だったら調理は楽ちんでお料理にもOK

なんだかんだ、カニって殻があって食べるのが大変だったりしますよね…
そんな方には、むき身(ポーション)がぴったり!
殻が向いてある状態で届けてくれます。
むき身ならそのまま調理できるし、簡単に食卓に並べられるので時短になる!

「カニ姿」だったらカニみそまで楽しめる

カニみそが好きなあなたや、内子や外子を食べてみたいという方には、カニをまるごと取り寄せるのがオススメ
カニ脚もハサミも甲羅もまるごとテーブルに並ぶと、迫力があってますます楽しい食事になりそうですよね。
甲羅に、カニみそや身を詰め込んで、ちょっとだけカニ酢を垂らして食べるのができるのも、カニ姿だからこそですよ!

ここまでカニの食べ方や種類をご紹介してきましたが、ここからは「ふるさと納税で選べるカニ」を自治体ごとにご紹介します。

ふるさと納税の「カニ」の中から、自治体にこだわってオススメをご紹介

お値段が高いカニの中でも、2018年11月時点で比較的手の届きやすい価格帯のものを集めました。
カニが名産の自治体が取り扱う返礼品なので、どれも絶品です!

※返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください

北海道の返礼品であるカニ

北海道オホーツク産 幻の蟹イバラガニ ボイル約1.5〜1.8kg

北海道佐呂間町

寄付金額:20,000円

イバラガニというのは、タラバガニよりもさらに深い場所に生息している幻のカニのこと。
味が濃厚で、タラバガニに引けを取らないおいしさのイバラガニは、一度は味わってみたい絶品です!
シンプルにカニ酢だけで味わいたいですね。

北陸地方の返礼品であるカニ

新湊産紅ズワイガニ約1kg(2〜3尾)

富山県射水市

寄付金額:10,000円

紅ズワイガニは、ズワイガニの中でも身に甘みがあり水分の多いカニです。
見た目もズワイガニに比べて、茹でる前から赤いのが特徴。
ジューシーで濃厚な味わいをもつ新湊産紅ズワイガニを、ご家庭でお楽しみください。

カニの商品一覧についてはこちら!


その他地方の返礼品のカニ

【マルヤ水産】ボイルずわいがにハーフポーション 1kg

宮城県亘理町

食べやすくカットされたズワイガニ。
下半分の殻を残したハーフポーションのため、焼きガニとしても楽しめちゃいます。
しっかり1kgも入っていて、家族みんなで食べても楽しめる量ですよね。

ボイルタラバガニ切れ目入り(1.2kg)

福岡県新宮町

すぐ食べられるように切れ目が入ったタラバガニが1.2kgのセットです。
ボイルしてあるため、解凍したらそのまま食べれちゃいます。
大きくて食べごたえのある身は、しゃぶしゃぶにしても焼いてもワクワクが止まりません!

カニの商品一覧についてはこちら!


季節に関係なく楽しめる!カニのこんなふるさと納税もオススメ

もちろん、季節に関係なく楽しめるカニのふるさと納税返礼品もありますよ。
シーズンオフだからってあきらめる必要はありません。
加工されているカニは、そのまま食べるのとは違った風味を楽しめていいですよね。

手軽に食べられるカニのほぐし身

■紅ずわいほぐし身&甘海老セット
新潟県佐渡市

寄付金額:10,000円

紅ズワイガニのほぐし身が甘エビとセットになっちゃいました。
カニチャーハンでもカニグラタンでも、いつもの料理が豪華になっちゃうなんて、贅沢ですよね。
甘エビもついてきて、海鮮好きには嬉しいセットです。

いろんな料理に使えて万能な缶詰

■ブルーキングクラブ 棒肉詰(一番脚肉100%)110g×3缶セット 
宮城県亘理町

寄付金額:20,000円

タラバガニの近縁種であるブルーキングクラブ(あぶらがに)は、とても珍しいカニで一番脚肉のみの贅沢な缶詰に仕上げました。
タラバガニより強い弾力やカニの風味が、カニ好きには堪りません。

カニの商品一覧についてはこちら!


寒い冬は、ふるさと納税で「カニ」を家族みんなで囲もう

以上、ふるさと納税返礼品の中でも、オススメのカニをご紹介しました。
色んな種類があって迷っちゃいますよね。
せっかくなら、いつもと違う種類のカニにトライしたり、いろんなカニを食べ比べてみてもいいかもしれません。
あなたの食卓においしいカニが届きますように!

関連記事