1. HOME
  2. ふるさと納税について
  3. ふるさと納税でおすすめの「ななつぼし」をご紹介!人気返礼品であるお米の選び方もチェック
ふるさと納税

ふるさと納税でおすすめの「ななつぼし」をご紹介!人気返礼品であるお米の選び方もチェック

ふるさと納税でお米の「ななつぼし」を取り寄せようとしていますか?

しかし

  • 「ななつぼし」をふるさと納税で頼みたいがどれにしようか選べない
  • ふるさと納税でもらえる「ななつぼし」の選び方を知りたい

と思う方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事ではふるさと納税の「ななつぼし」の選び方から、オススメまでご紹介します。

具体的には

  • 「ななつぼし」の特徴
  • ふるさと納税でもらえる「ななつぼし」の選び方
  • ふるさと納税返礼品の中からオススメの「ななつぼし」

といった順で解説していきますね。

ふるさと納税の返礼品に悩んでいるのであれ、是非とも目を通してみてください。

ふるさと納税で注文できる「ななつぼし」は北海道で定番のお米

近年、急激に生産量や消費量を伸ばしているお米の品種と言われて期待されているのが「ななつぼし」です。
まずは「ななつぼし」がどのような特徴を持っているのかをご説明しますね。

北海道で定番のお米「ななつぼし」はふるさと納税に関係なく人気

北海道の代表品種として期待されているブランド米が「ななつぼし」です。
北海道で最も作付けが多く、具体的には浦臼町や砂川市などの場所で生産されています。

「ななつぼし」は星がきれいに見えるほど空気が綺麗な北海道で生まれたお米です。だからこそ、北斗七星のように輝いて欲しいという願いが込められてこのような名前がつけられました。

※参考:お米の品種別作付上位10品種

炊きたても冷めても美味しい「ななつぼし」をふるさと納税で

「ななつぼし」は旅館やホテル、お寿司屋さんでも使われているほどの美味しさに定評があるお米です。
想像を超える粘りと甘みのある味が評判で、香りが立つお米として支持されています。

今までの北海道のお米になかった、時間が経っても粘りを保つ特徴があるため、より多くの人に親しまれるようになりました。

しかも、「ななつぼし」は無洗米にすることで他のブランド米より美味しくなるというデータが出ています。

これは、ご飯に含まれているアミロースやタンパク質、水分などを測定して食味値(美味しさ)を評価するという研究からの情報です。
これでは、無洗米にすると他のブランド米よりも美味しくなるというデータが確認できました。

※参考:「ななつぼし」の謎を探る|北のごはん倶楽部

そんな「ななつぼし」をぜひふるさと納税で試してみましょう。

目的別!ふるさと納税「ななつぼし」の選び方

ただし、「ななつぼし」といっても様々な種類があります。
ご自身の目的によってどのように選べばいいかをご紹介しましょう。

「ななつぼし」を選ぶなら使い切れる量だけふるさと納税をしよう

お米は開封後1ヶ月で劣化スピードが早まると言われています。
また、お米は取り寄せ過ぎてしまうと場所を取ってしまいます。

そのため、なるべく余分に頼まないように気をつけたいですよね。ふるさと納税でも大体1ヶ月で使いきれる量にするのがオススメです。

ちなみに、一人暮らしで1日にお茶碗2杯分ご飯を食べるのであれば、1ヶ月に使い切る量はだいたい5kgほどです。
もしも1日にお茶碗3杯分ご飯を食べるのであれば、もうちょっと頼んでもいいかもしれません。
10kgのお米なら1ヶ月に2人で消費できる量ですし、15kgなら3人が目安になります。

なるべく美味しいお米を食べるためにも、1ヶ月で食べきれる量を取り寄せる目安にしてみてくださいね。

もし、まとめて注文したいけれどお届けを1ヶ月ごとにしたいというのであれば、定期便もおすすめです。
決まった量が数カ月にわたって届く定期便はとても便利ですよ。

こだわりに合わせてふるさと納税!無洗米や玄米の「ななつぼし」はいかが?

ふるさと納税では、無洗米や玄米も取り扱いがあります。
普段の食生活に合わせて、こだわりのお米を選んでみるといいですね。

なるべく手軽にお米を炊きたいのであれば、無洗米が簡単です。
無洗米とは、精米された白米のヌカを取り除いて、お米を研がずに食べられるように加工したものを指します。
炊くときに研ぐ手間が省けるため、調理いらずで時短にもなりますよね。

また、普段から玄米を食べているという方は玄米を選んでみましょう。
普段食べているお米と「ななつぼし」の玄米、それぞれ違いを比べてみるのも楽しみの一つです。

ふるさと納税でオススメの「ななつぼし」をご紹介

それでは、ふるさと納税の返礼品の中からオススメの「ななつぼし」を選んでみました。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

量別!ふるさと納税でオススメの「ななつぼし」

まずは、ご自身に必要な量から「ななつぼし」をチェックしてみましょう。
適度な量のものを2つご紹介しますね。

■平成30年産北海道倶知安産ななつぼし5kg
北海道倶知安町
寄附金額:10,000円

雄大な羊蹄山とニセコ連峰から流れ出るミネラルたっぷりのお水と、尻別川が運んだ土壌からできる「ななつぼし」は、絶品と評判です。
こちらは比較的量が少なめなので、お試しにもってこいですね。

■【0000010】【H30年産米】北海道初地域ブランド 東川米「ななつぼし」10kg
北海道東川町
寄附金額:10,000円

10kgのななつぼしなら、こちらはいかがでしょうか?
全国で珍しい上水道のない北海道東川町の、雪解け水が美味しくてバランスの良い「ななつぼし」を作ってくれます。
品質向上の生産基準もクリアしているため、安心で安全に食べることができますね。

▼紹介したおすすめの「ななつぼし」はこちらから

ななつぼし

※返礼品の在庫は2019年7月1日時点のものです。
ご紹介する返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください。

無洗米や玄米などふるさと納税でオススメのこだわり「ななつぼし」

無洗米や玄米の「ななつぼし」も取り寄せ可能です。
普段からお米にこだわっている方はぜひ、こちらをどうぞ。

■【10-57】30年産 雪中米ななつぼし【玄米】10kg
北海道沼田町
寄附金額:10,000円

雪中米とは、豊富な雪解け水で栽培された沼田町産のお米を雪冷房で保管したものです。
雪の自然エネルギーを活用して、秋に収穫されたお米の品質を保つための工夫がされているんですね。
保存にまでこだわった「ななつぼし」が玄米でも楽しめますよ。

■【0000007】【H30年産米】北海道初地域ブランド 東川米「ななつぼし」無洗米10kg
北海道東川町
寄附金額:10,000円

もちろん、味の質が良い無洗米での返礼品も人気です。
天然のお水で育ったお米は、冷めても変わらない美味しさが続きます。
簡単に炊ける無洗米は、一度使い始めると変えられなくなるかもしれませんね。

▼紹介したおすすめの「ななつぼし」はこちらから

ななつぼし

※返礼品の在庫は2019年7月1日時点のものです。
ご紹介する返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください。

長期で頼む定期便もおすすめ!ふるさと納税の「ななつぼし」

数回に分けて届けてもらえる定期便はとても便利です。
量や回数もいろいろなパターンが用意されているため、希望のものを選んでくださいね。

■北海道赤平産 ななつぼし5kg×3回お届け
北海道赤平市
寄附金額:30,000円

良質味米が収穫されると定評のある、赤平市でとれた「ななつぼし」です。
他にも、10kgが5回も届く返礼品も用意されていますよ。

■JA新すながわ産 ななつぼし定期便(6ヶ月)
北海道砂川市
寄附金額:80,000円

緑と水辺がひろがる自然美溢れる街である、北海道砂川市で育った「ななつぼし」です。
こちらは10kgのお米が計6回も届くため半年もの間「ななつぼし」を楽しむことができます。
この他に、12ヶ月の定期便もあるためチェックしてみてくださいね。

▼紹介したおすすめの「ななつぼし」はこちらから

ななつぼし

※返礼品の在庫は2019年7月1日時点のものです。
ご紹介する返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください。

ブランド米の食べ比べ!ふるさと納税の「ななつぼし」と「ゆめぴりか」

他のブランド米も気になっているという方には、ブランド米のセットもありますよ。
食べ比べて、味や食感の違いを味わってみてくださいね。

■北海道日高【田中農園】ゆめぴりか&ななつぼし各5kgセット(新米)
北海道日高町
寄附金額:12,000円

北海道を代表するブランド米には、「ななつぼし」だけではなく「ゆめぴりか」もあります。
そこで、ブランド米を食べ比べできる返礼品もご飯の楽しみが増えてオススメです。
合わせて10kgも届くため、量も十分で満足できますね。

▼紹介したおすすめの「ななつぼし」はこちらから

ななつぼし

※返礼品の在庫は2019年7月1日時点のものです。
ご紹介する返礼品の在庫状況は変動いたしますので、予めご了承ください。

「ななつぼし」を頼む前にふるさと納税の制度そのものを知ろう

ふるさと納税で「ななつぼし」を取り寄せる前に、制度そのものをしっかり理解しておきましょう。
簡単にふるさと納税の制度をご紹介しますね。

もし、ふるさと納税そのものを詳しく知りたいという場合はこちらをチェックしてみてください。

ふるさと納税の仕組みを簡単におさらい

まず、ふるさと納税の仕組みはこのようになっています。

  • 地方自治体の用意する返礼品を選び、ふるさと納税(寄附)をする
  • 寄附金額のうち自己負担分の2,000円を除いた金額が、所得税や住民税から控除(返金)される
  • 控除(返金)される税金には限度額があり、個人の年収と家族構成によって限度額が決まる

欲しい返礼品を選んで自治体に寄附をすることで、返礼品がもらえて節税もできるとてもお得な制度と言えますね。
もし、ふるさと納税の仕組みをより詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

ふるさと納税の限度額に合わせて「ななつぼし」を選ぼう

ふるさと納税には、控除される金額に限度額があるため注意してください。
限度額内であれば寄附金総額から自己負担分の2,000円を差し引いた分が控除されますが、超えてしまうと自己負担分が増えてしまいます。
「ななつぼし」を取り寄せるときもご自身の限度額を超えていないかチェックしてみてくださいね。

ご自身の限度額がどれくらいになるかなど、詳しく知りたい方はこちらの記事で確認してみましょう。

美味しい「ななつぼし」を選んでふるさと納税をお得に利用しよう

ふるさと納税でもらえる「ななつぼし」の選び方やおすすめ返礼品をご紹介しました。
気に入った「ななつぼし」はありましたか?

お米は人気があるため、新米を取り寄せたいなら早期予約が安心です。
気に入ったものを確実にもあるために、なるべく早く申し込むようにしてくださいね。

また、ななつぼし以外のお米もチェックしたいならこちらもチェックしてみてください。


関連記事