1. HOME
  2. 年金関連
  3. 年金手帳の再発行はどこでできる?年金事務所や市役所での手続きを解説
ふるさと納税

年金手帳の再発行はどこでできる?年金事務所や市役所での手続きを解説

今回の記事では「年金手帳を紛失してしまった」「うっかり年金手帳を破ってしまった」といった方向けに、年金手帳の再発行について解説していきます。

具体的には、年金手帳の

  • 再発行ができる場所
  • 郵送や電子申請で再発行する方法
  • 再発行に関するよくある質問

の順番に重要なポイントをご紹介します。

年金手帳を紛失などしてしまった方の参考になれば幸いです。

年金手帳の再発行の手続きはどこでできる?→市役所と年金事務所で可能

年金手帳の再発行の手続きは、

  • 市役所
  • 年金事務所

で行うことができます。

それぞれの場所での手続き方法について詳しくみていきます。

市役所で年金手帳を再発行する方法

市役所で年金手帳の再発行ができるのは、第1号被保険者の方です。

第1号被保険者には、

  • 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の自営業者
  • 学生
  • 無職の方

などが該当します。

手続きの際は、以下の4つを持参しましょう。

  • 年金手帳再交付申請書
  • 印鑑
  • 基礎年金番号がわかるもの
  • 身分証明書

年金手帳再交付申請書は日本年金機構のwebサイトからダウンロード可能です。
印刷できない場合は、市役所の窓口で用意されているのでその場で記入します。

参考:日本年金機構 | 年金手帳の再交付を受けようとするとき
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/sonota/20120314-02.html

年金手帳の再発行の対応時間は、各自治体の窓口の対応時間によって異なります。

また、代理人による手続きも可能です。別世帯の場合は委任状が必要となる場合もあるため、各自治体へお問い合わせください。

申請後、約1ヶ月程度で再発行され、自宅へ年金手帳が郵送されます。

年金事務所で年金手帳を再発行をする方法

年金事務所では、以下の被保険者に該当する方の年金手帳の再発行が可能です。

  • 第2号被保険者:主には会社員の方
  • 第3号被保険者:第2号被保険者の配偶者

年金手帳の再発行に必要な書類は以下の2つです。

  • 年金手帳再交付申請書
  • 身分証明書

年金手帳再交付申請書は、年金事務所でもらって記入することもできます。

手続きを終えて後日郵送してもらう場合は、約1週間程度で自宅に届きます。

第2号被保険者と第3号被保険者は、勤務先に年金手帳の再発行を依頼することも可能です。

勤務先に年金手帳の再発行を依頼した場合は、手元に年金手帳が届くまで約1ヶ月ほどかかります。年金手帳を早めに受け取りたい方は、年金事務所での手続きがおすすめです。

年金事務所に関しては、関連記事で詳しく解説しています。

年金手帳の再発行は郵送での申請や電子申請も可能!県外の方でも再発行できる

年金手帳の再発行は、市役所や年金事務所での申請だけでなく、

  • 郵送
  • 電子申請

での手続きも可能です。

郵送と電子申請の手続きについてみていきます。

郵送で年金手帳の再発行を申請する方法

郵送での年金手帳の再発行は、年金手帳再交付申請書を記入して管轄の年金事務所へ提出します。

年金手帳再交付申請書は、日本年金機構のWebサイトからダウンロードができますので、そちらをご利用ください。

参考:日本年金機構 | 年金手帳の再交付を受けようとするとき
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/sonota/20120314-02.html

郵送での手続き後、年金手帳は約1ヶ月ほどで自宅に届きます。

電子申請で年金手帳の再発行をする方法

電子申請で年金手帳の再発行をする方法は、以下の2ステップ。

  1. 電子証明書の取得
  2. 申請データを作成し申請

電子申請では、署名が必要となるため電子証明書の取得が必要です。
電子証明書の取得後、年金手帳再交付申請書の申請書を作成ボタンからデータを作成して申請します。

電子申請での手続き後、年金手帳は郵送と同じく約1ヶ月ほどで自宅に届きます。

年金手帳の再発行は委任状による代理人でも可能?→法定代理人であれば可能

年金手帳の窓口での再発行は、次の代理人に限り可能です。

  • 社会保険労務士、社会保険労務士の代理の方
  • 法定代理人(法定代理人であることがわかる書類の持参が必要)
  • 事業主、事業主の代理の事務員(事業主を通じて申請書を提出されたもの)

代理人の条件に当てはまるかを確認して、再発行をするのがおすすめです。

参考:日本年金機構 | Q. 年金手帳を紛失したのですが、再発行はできますか。
https://www.nenkin.go.jp/faq/kirokutorikumi/tokubetsubin/sonota/20150424-07.html

会社は事業主であるため第2号被保険者の年金手帳の再発行が可能

事業主である会社は、第2号被保険者である従業員の年金手帳を再発行することが可能です。
そのため、従業員の方は会社へ申し出を行えば年金手帳を再発行してもらえます。

従業員の年金手帳を再発行するには、事業主である会社が年金手帳再発行申請書を事業所所在地を管理する事務センターへ提出します。

提出方法は以下の3つです。

  • 電子申請
  • 郵送
  • 窓口持参

年金手帳がなぜ必要なのかなどは、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

年金手帳の再発行にかかる期間は?→最短即日でも可能

年金手帳の再発行にかかる期間の目安は以下のようになります。

  • 市役所:約1ヶ月程度
  • 年金事務所:最短即日

参考:千葉市 | 年金手帳を紛失したので再発行して欲しい。
https://www.city.chiba.jp/faq/hokenfukushi/kenkou/hoken/773.html

参考:日本年金機構 | Q. 年金手帳を紛失したのですが、再発行はできますか。
https://www.nenkin.go.jp/faq/kirokutorikumi/tokubetsubin/sonota/20150424-07.html

以下の条件がありますが、最短即日での再発行も可能です。

  • 緊急性の高いもの
  • 身分証明等を本人が持参

また、本人もしくは以下の代理人の方でも即日での再発行ができます。

  • 社会保険労務士、社会保険労務士の代理の方
  • 法定代理人(法定代理人であることがわかる書類の持参が必要)
  • 事業主、事業主の代理の事務員(事業主を通じて申請書を提出されたもの)

すぐに年金手帳が必要な場合は、身分証明等を持って本人が年金事務所で手続きするのがおすすめです。

年金手帳の再発行の対応時間は?→窓口の対応時間による

年金手帳の再発行の対応時間は、窓口の対応時間によって異なります。

年金事務所は平日月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分が受付時間です。
市役所は、自治体によって異なりますので事前にご確認ください。

年金手帳の再発行に料金や手数料はかからない

年金手帳の再発行には、手数料などの料金が一切かかりません。
そのため、必要な書類を提出するだけで手続きできます。

いくら再発行が無料だとしても、年金手帳は紛失しないように注意しましょう。

ここまで年金手帳の再発行について解説してきました。
補足ですが、障害者手帳の再発行についても解説していきます。

障害者手帳の再発行も合わせて紹介

余談ですが、ここからは身体障害者手帳を紛失したり、破損したりした場合の再発行についても合わせてご紹介します。

各自治体によって異なりますが、市役所で手続きをすることが可能です。

必要な書類も自治体によって異なりますが、以下4点を準備しておきましょう。

  1. 再交付申請書(市役所で用意されている)
  2. 顔写真
  3. 個人番号を確認できる書類
  4. 印鑑

申請から手帳が再発行されるまで約2週間ほど時間がかかります。

参考:金沢市 | 身体障害者手帳を紛失・破損した場合は、どうしたらよいですか
https://www4.city.kanazawa.lg.jp/qa/23016/FAQ733.html

年金手帳をなくしたらすぐに再発行の手続きをしよう

今回の記事の内容をまとめます。

  • 年金手帳は市役所と年金事務所で再発行可能
  • 企業が従業員の年金手帳を再発行することもできる
  • 条件にもよるが最短即日での再発行も可能

年金手帳は年金の手続きを行ったり、基礎年金番号を管理するために必要なものです。
年金手帳を紛失した場合は、速やかに再発行手続きを行って手元に持っておくことがおすすめです。

関連記事