1. HOME
  2. 年金関連
  3. 年金関連の相談や年金手帳の再発行もできる「年金事務所」!予約方法や営業時間、問い合わせに必要なものについてまとめました

年金関連の相談や年金手帳の再発行もできる「年金事務所」!予約方法や営業時間、問い合わせに必要なものについてまとめました

  • 年金事務所がどんなところか知りたい
  • 年金事務所で何ができるのか知りたい
  • 年金事務所は処理が遅いという噂を耳にして不安

こんな思いをお持ちではありませんか?

この記事では年金事務所はどんなところなのか、スムーズに利用するにはどうしたらいいのか、情報をまとめました。

年金事務所に関して何か疑問がある方はぜひ読んでもらえると嬉しいです。

年金事務所とは日本年金機構が運営する窓口機関

まず、年金事務所とは日本年金機構が運営する窓口機関のことです。全国で300カ所以上に設置されています。

この年金事務所では、

  • 年金手帳・年金証書の再発行
  • 健康保険・厚生年金保険に関する事業所からの届出の受付
  • 保険料の徴収
  • 年金に関する相談・問い合わせ

などを受け付けています。

簡単にいえば、年金に関するあらゆるサポートをしてくれる機関です。

直接スタッフの方と会って相談をしたい場合は事前に予約をするとスムーズに対応してもらえます。基本的な内容であれば電話でも相談を受け付けています。また、年金事務所を訪問したり電話をすることが困難な方は、ファックスなどでも相談をすることができます。

最寄りの年金事務所は、日本年金機構の公式サイトがわかりやすくまとめてくれているので検索してみましょう。都道府県を入力するだけですぐに把握できます!

参考:全国の相談・手続き窓口|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/

年金事務所の営業時間は平日の午前8時30分から午後5 時15分まで

年金事務所の営業時間は平日の午前8時30分から午後5 時15分までです。
この営業時間は基本的にどこの年金事務所も同じなので覚えやすいですね。

上記の時間内であれば、先ほどご紹介した業務のすべてを受け付けてもらえます。

参考:受付時間のご案内|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/guidance/uketsukejikan.html

電話相談の受付時間も平日の午前8時30分から午後5 時15分まで

また、基本的な相談を依頼できる「電話相談」も平日の午前8時30分から午後5 時15分の間で受け付けています。

午前8時30分からであれば、会社勤めでも「出勤前にぎりぎり利用できる」という方もいるのではないでしょうか。もしくはお昼休みなど休憩時間を利用して相談することもできますね。

ただ、なかには「平日は仕事に集中したい」「できれば夜間や土日祝日にじっくり相談したい」という方もいるかもしれません。そういった方は「時間延長」「週末相談」を利用しましょう。

平日は年金事務所に行けないという方は「時間延長」や「週末相談」を利用しよう

各年金事務所は、それぞれ「時間延長」や「週末相談」をしています。

  • 時間延長 - 週始めの開所日に、受付時間を午後7時まで延長する
  • 週末相談 - 第二土曜日、午前9時30分から午後4時まで相談を受け付ける

このタイミングであれば、平日は忙しく生活している方でも余裕をもって利用できますね。

ただし、一部の年金事務所では「時間延長」や「週末相談」を行っていなかったり、ご紹介した以外の時間設定や仕組みで運用されていることもあります。

詳しくはご自身が利用を考えている年金事務所の公式サイトで確認してみてくださいね。

参考:受付時間のご案内|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/guidance/uketsukejikan.html

年末年始は年金事務所も休止しているため余裕をもって利用しよう

年末年始に関しては年金事務所も営業を休止しています。

過去の対応を見ると、大体12月29日あたりから1月3日頃まで休止しているようです。

参考:年末年始のご案内|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2012/20120406.html

もちろん、年によって若干の差はあると思うので、こちらもご自身が利用を考えている年金事務所の公式サイトで確認するのが確実です。

この期間は年金事務所の受付および、電話での問い合わせも休止します。問い合わせや相談は、余裕をもって行うようにしましょう。

年金事務所の相談時に必要なものは「本人確認ができる身分証明書」と「基礎年金番号もしくは個人番号が確認できる書類」

最初に、年金事務所では

  • 年金手帳・年金証書の再発行
  • 健康保険・厚生年金保険に関する事業所からの届出の受付
  • 保険料の徴収
  • 年金に関する相談・問い合わせ

などを受け付けているとお話しました。

これらの手続きをスムーズに行うためにも、年金事務所に相談に行く際は

  • 本人確認ができる身分証明書
  • 基礎年金番号もしくは個人番号が確認できる書類

の2種類の書類を持参するようにしましょう。

年金事務所への相談時に必要な本人確認ができる身分証明書

本人確認ができる身分証明書とは、

  • 個人番号カード
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 住民基本台帳カード(写真付きのもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 国または地方公共団体の機関が発行した資格証明書(写真付きのもの)

を指します。

  • 国民健康保険・船員保険・後期高齢者医療・介護保険・共済組合などの被保険者証
  • 児童扶養手当証書
  • 特別児童手当証書
  • 企業年金や基金を除く公的年金の証書または恩給証書
  • 年金手帳
  • 機構が交付した改定通知書
  • 写真付きでない住民基本台帳カード

の場合は2つ以上の持参が必要になるため、気を付けてくださいね。

不安な方はこちらの日本年金機構のサイトを参照してみてください。

参考:年金相談をされるときのお願い|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/guidance/onegai.html

  • 年金手帳
  • 年金証書
  • 改定通知書

などを指します。

年金手帳は公的年金制度の加入者に対して交付される「年金に関する情報が記載された手帳」です。年金関連の相談をするときはまず手元に用意しておいた方がいいですね。

年金事務所で本人以外の代理人が何か手続きをする場合に必要な書類

また、本人以外の代理人が何か手続きをする場合は、

  • 代理人の本人確認ができる身分証明書
  • 相談する相手の基礎年金番号もしくは個人番号が確認できる書類
  • 委任状

の3つが必要です。委任状は日本年金機構のサイトからダウンロードし、記入をしましょう。

参考:年金相談をされるときのお願い|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/guidance/onegai.html

年金事務所へ電話相談する場合に必要な書類

電話相談の場合は基礎年金番号がわかる書類を用意しておくとよいでしょう。基礎年金番号が把握できているとその後の会話がスムーズです。

本人確認はいくつか質問を受けることで行われます。

日本年金機構の集計報告ででた「年金事務所は処理が遅い」という意見。対策は余裕をもって年金事務所などに問い合わせること

ところで、日本年金機構に対するご意見・苦情の集計報告では

  • 年金事務所の処理が遅い
  • 年金事務所の電話がかかりにくい

という意見がありました。これに対する日本年金機構の返答は、

  • 折り返し年金事務所から連絡するよう対応いたします
  • 年金に関する照会等についてはコールセンターにおいて対応している旨の周知を図り、年金事務所への照会電話の分散化等を図っております
  • 事実確認を行った上で、事務処理時間の短縮に努めます

といったものです。

誠実な返答ではありますが、中にはこの情報から「せっかく相談や手続きをしに行くのに時間がかかるし処理が遅いのか……」と感じる方もいるかもしれません。

参考:日本年金機構に対するご意見・苦情の集計報告|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/voice/syukei/shukeihokokuh2202.files/0201.pdf

しかし、年金に関しては手続きに対する審査のプロセスが複雑であるため、すぐに対応することがなかなか難しいのが現状です。

例えば「国民年金保険料の免除等の申請」をする場合、過去の所得から本当に支払いが難しいのか審査する必要があります。支払いが難しい理由としては退職や離婚、病気の発覚など様々でしょう。

また、過去の所得は一定量あったとしても、災害や失業等を理由とした特例免除の範囲に該当する場合があります。そういった審査に時間が必要なのです。

参考:保険料を納めることが、経済的に難しいとき|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html

2つの例として「障害者年金の受給に関する申請」であれば、どの程度の障害なのか、生活にどのような支障が出ているのか、といった受給に関する条件を国の基準で審査しなくてはいけません。ここで出された障害等級によってどれだけ給付が受けられるかが変わります。

こういった審査にはガイドラインが設けられていますが、精神面や生活環境など、数字化し判断するのが難しい要素もあるため時間がかかってしまうのです。

参考:『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』等|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20160715.html

どれだけの時間がかかるかはその時々によります。対策としては余裕をもって年金事務所などに問い合わせることですね。

なお、年金の免除に関する情報はこちらの記事でまとめています。何か思い当たる内容がある方はぜひ読んでみてください。

年金事務所は予約もできる!スムーズに相談したい方は利用しよう

ところで、最初のほうでも少し触れましたが年金事務所の相談時間は予約もできます。効率的に相談や手続きをしたいという方はぜひ利用してみてください。

予約は「予約受付専用電話(0570-05-4890)」に電話をするとすぐに行うことができます。ここで予約をしておくと、相談内容に詳しいスタッフが優先的に受付してくれますよ。

受付は予約相談希望日の1ヵ月前から前日までです。電話をする時は基礎年金番号の分かる年金手帳や年金証書を準備しましょう。

参考:予約相談について|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/guidance/1003.html

年金事務所は全国で年金に関する相談や手続きができる機関

年金事務所では、

  • 年金手帳・年金証書の再発行
  • 健康保険・厚生年金保険に関する事業所からの届出の受付
  • 保険料の徴収
  • 年金に関する相談・問い合わせ

などを受け付けています。電話で手軽に問い合わせることも可能ですし、実際に行って相談や手続きもできます。

年金事務所に行く場合は前もって予約をしておくとスムーズです。ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、「インターネットを通じて自身の年金に関する情報を知りたいという方には「ねんきんネット」も便利です。スマホやPCで自分の好きな時間に年金に関する情報を知ることができるサービスです。

ねんきんネットに関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事