1. HOME
  2. ふるさと納税について
  3. ふるさと納税はボーナス払いできる?ボーナス一括払いは対応していない自治体がほとんど
ふるさと納税

ふるさと納税はボーナス払いできる?ボーナス一括払いは対応していない自治体がほとんど

一年のうちでまとまった金額を受け取れるボーナス。中には「ボーナス一括払いでふるさと納税を利用したい」と検討している方もいるかもしれません。

結論から言いますと、ボーナス一括払いのふるさと納税はほとんどの自治体が対応していません。

でも、ボーナスそのものをふるさと納税に利用することは可能です。

今回の記事では、ふるさと納税でボーナスを活用するための方法をご紹介します。

具体的には、

  • ふるさと納税でボーナス一括払いができるのか
  • ふるさと納税でボーナスを活用するための方法
  • ふるさと納税には手数料や送料がかかるのか

の順番にご紹介します。

ボーナスを活用してふるさと納税の利用を考えている方の参考になれば幸いです。

ボーナスを使ってふるさと納税する前に仕組みをおさらい!

ボーナスを活用してふるさと納税をする前に、改めてふるさと納税の仕組みをおさらいします。

ふるさと納税には大きな特徴が3つあります。

  • 寄附金の使い道を納税者が選べる
  • 返礼品として地域の特産品や工芸品、レジャー体験などを選べる
  • 住民税と所得税が控除される
  • また、ふるさと納税の寄附金控除を受けるためには、

    • 確定申告
    • ワンストップ特例制度

    のどちらかで申請が必要です。

    ふるさと納税の仕組みについては関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。

    ふるさと納税を利用するときの注意点は、控除に上限があることです。

    ふるさと納税で寄附したお金は、寄附金控除額の上限以内であれば自己負担額の2,000円を除いて所得税もしくは住民税から控除されます。

    控除額の上限は

    • 年収
    • 扶養家族
    • その他控除

    などの条件で一人ひとり変わります。

    年収はボーナスも含めた額面上で計算されるため、正確な年収を把握しておくことで控除上限額を確認できます。

    ちなみに、控除額の上限を超えて寄附した場合は自己負担分が増えます。
    罰金などのペナルティはありませんが、最低限の自己負担額2,000円で抑えたい場合は寄附を行う前にしっかりと上限を把握しましょう。

    自分の控除額上限を知りたい方は、ふるさと納税控除上限シミュレーションを使って確認しましょう。おおよその目安ではありますが、簡単に上限額を知ることができます。

    【ふるさと納税控除上限シミュレーション】

    ふるさと納税でクレジットカードを利用してボーナス一括払いはできる?→ボーナス一括払いはできないことがほとんど

    「ふるさと納税でクレジットカードのボーナス払いは利用できる?」
    と疑問に持たれる方も多いのではないでしょうか。

    ふるさと納税は、基本的にボーナス一括払いには対応しておりません
    そのため、ふるさと納税でボーナスを活用するには、ボーナスを受け取った後に寄附をする必要があります。

    ボーナスを活用してふるさと納税をする際は、ワンストップ特例制度を利用すると申告の手間を減らせる

    もし、ふるさと納税を手間だと思う方がいれば、ワンストップ特例制度の利用をおすすめします。

    なぜなら、ワンストップ特例制度を利用することで確定申告の手間を減らすことができるからです。

    ただしワンストップ特例制度の申請条件は

    • 確定申告をする必要がない方
    • ふるさと納税の納付先の自治体が5つまでの方

    ですので、注意が必要です。

    基本的にワンストップ特例制度の対象となるのは、会社で働いている給与所得の方。
    給与所得の方であれば年末調整を会社が行って1年間の所得と税金を確定させるため、多くの場合は確定申告の必要がありません。

    確定申告をする必要がない方であれば、ふるさと納税の納付先を5つまでに抑えてワンストップ特例制度を利用するのがおすすめです。

    ただしワンストップ特例制度は他にもいくつか利用条件があります。詳細については、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

    ボーナスで寄附をしたふるさと納税は控除される?→住民税と所得税でそれぞれ控除される時期が異なる

    ふるさと納税の寄附をしたら、いつ控除されるのでしょうか?
    控除を受ける時期は、住民税と所得税でそれぞれタイミングが異なります

    • 住民税:ふるさと納税をした翌年の住民税
    • 所得税:ふるさと納税をした年の所得税

    住民税と所得税の控除額の確認方法も異なるため、確認が必要です。

    • 住民税:住民税決定通知書
    • 所得税:確定申告

    住民税は、確定申告を行った翌年度の5月以降に送られてくる住民税決定通知書で確認が可能です。

    所得税は、確定申告で申告した際に還付される金額が記載されるため、そちらで確認できます。

    詳しくは関連記事で解説していますので、ぜひご一読を。

    手数料・送料はかかる?→自治体で異なるため確認が必要

    ふるさと納税を利用する際の手数料や送料は、自治体で異なるため確認が必要です。

    手数料は、主にふるさと納税の寄附の支払いで必要となります。

    • クレジットカード払い
    • 郵便局払い
    • 銀行振込
    • コンビニ払い

    上記の中では、銀行振込の際に手数料が必要となるケースが多いです。

    ちなみに、Wowma!ふるさと納税では、以下の支払い方法が利用できます。

    • auかんたん決済
    • クレジットカード決済
    • WALLETポイント
    • Wow!スーパーポイント
    • auポイント

    ポイントを活用してお得にふるさと納税を利用したい方は、ぜひ利用してみてください。

    ふるさと納税のキャンセルはできる?→原則できないので、寄附先の自治体に確認しよう

    ふるさと納税のキャンセルは原則できません

    ふるさと納税は商品を購入するのではなく、あくまで自治体への寄附になります。

    誤って寄附しないためにも事前に寄附先や返礼品などを確認することが重要です。
    もし誤って寄附をしてしまった場合は自治体へ確認してみてください。

    ボーナスを活用してふるさと納税をよりお得に

    今回の記事の内容をまとめます。

    • ふるさと納税でボーナス一括払いは原則できない
    • ふるさと納税でボーナスを活用すると返礼品がもらえて節税にもつながる
    • ふるさと納税で節税される住民税と所得税は控除のタイミングが異なる

    ふるさと納税は、返礼品がもらえる上に節税につながるお得な制度です。
    ボーナスの活用法は様々ありますが、ぜひふるさと納税の利用も検討してみてください。

    関連記事