1. HOME
  2. ふるさと納税について
  3. ふるさと納税は転居後どのような手続きが必要?確定申告とワンストップ特例制度それぞれの申請方法を解説

ふるさと納税は転居後どのような手続きが必要?確定申告とワンストップ特例制度それぞれの申請方法を解説

ふるさと納税の寄附後に転居をして住所が変わったら、ふるさと納税の書類がそのまま使えるのかと疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。

手続きの不備で返礼品が届かなかったり、減税効果を受けることができないのは避けたいですよね。

この記事では、ふるさと納税の後に転居した場合の手続きについて解説していきます。

具体的には、

  • 確定申告とワンストップ特例制度それぞれの手続き
  • ワンストップ特例制度の申請前や同じ市内に転居した場合の手続き
  • 転勤族はいつふるさと納税を利用するのがおすすめか

の順番に重要なポイントをご紹介します。

ふるさと納税の申請後に転居された方は、ぜひ参考にしてください。

ふるさと納税後に、転居した場合は変更の手続きが必要

ふるさと納税の寄附後に転居したら、住所変更の手続きが必要です。

転居後の正しい住所を寄附先の自治体へ伝えておかないと、ふるさと納税の寄附金控除を受けることができません。

ふるさと納税後に転居した場合に必要な手続きは、

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

と申告方法によって異なります。

転居後に必要な手続きをそれぞれ詳しくみていきましょう。

【ふるさと納税後の転居:確定申告の場合】必要な寄附金受領証明書の再発行を寄附先の自治体へ依頼

ふるさと納税後に転居して確定申告で申告する場合は、寄附金受領証明書の再発行が必要です。

寄附金受領証明書の再発行を行うのは、転居先の正しい住所が明記されたものが必要となるからです。

転居前の住所でふるさと納税の寄附を行った場合は、寄附先の自治体へ再発行を依頼しましょう。

続いて、ふるさと納税の申告をワンストップ特例制度で行う場合についてみていきます。

【ふるさと納税後の転居:ワンストップ特例制度の場合】引っ越ししたら変更届出書を提出!住所変更の書き方を解説

ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請書を送った後に転居したら、申告特例申請事項の変更届出書の提出が必要となります。

申告特例申請事項の変更届は、

  • 変更後の住所
  • 変更前の住所

を記載する必要があります。

変更前の住所は、申告特例申請書に記載した内容を改めて記載してください。

申告特例申請事項の変更届に必要事項を記載し、寄附をした年の翌年1月10日までに提出します。

詳しくは関連記事で解説していますので、ぜひご一読ください。

では、同じ市内へ転居した場合でも住所変更の手続きが必要なのでしょうか?

以下、解説していきます。

ふるさと納税後、同じ市内への転居・引っ越しでも住所変更は必要!略称ではなく正式に記載

ふるさと納税後の申請後の転居は、同じ市内の場合でも住所変更の手続きが必要です。

「同じ市内だから大丈夫」というわけではありませんので、注意しておきましょう。

また、

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

のどちらの申請の場合でも略称でなく正式な住所を記載する必要があります。

ちなみに、ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請前に転居したら住所変更の手続きは必要となるのでしょうか?

解説しています。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を申請する前の住所変更はどうする?→寄附先の自治体へ確認が必要

ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請前の転居の場合は、手続きが自治体によって異なります。そのため寄附先の自治体へ直接お問い合わせください

ちなみに、転勤が多い「転勤族」の方は転居後にふるさと納税を利用するのがオススメです。以下、その理由をご説明していきます。

転勤族のふるさと納税利用は転居後がおすすめ

転居後にふるさと納税を行うのがおすすめな理由は、転居後の住所変更の手続きが不要となることです。

あらかじめ転勤が分かっている場合は、転居後にふるさと納税を利用しましょう。
転居後にふるさと納税を利用することで、変更届の提出の手間を省くことができます。

しかし、「転居後にふるさと納税を利用した場合年末近くになってしまう」という方は注意が必要です。

どういうことなのか、詳しく解説しています。

年末はふるさと納税の寄附のピークとなるため転居の予定がある方は注意しよう

年末はふるさと納税の寄附のピークとなるため、人気の返礼品は数量限定でなくなってしまう可能性もあります。

そのため、転居の予定があって年末近くにふるさと納税の利用を考えている方は注意が必要です。

もし欲しい返礼品が決まっている方は、年末のピークを迎える前にふるさと納税を行っておきましょう。この場合、ほしい返礼品の獲得しやすさと変更届を出す手間を考えてみてくださいね。

転居後は手続きを行ってふるさと納税を正しく利用しよう

今回の記事の内容をまとめます。

  • ふるさと納税後に転居した場合は変更の手続きが必要
  • 確定申告の場合は寄附金受領証明書の再発行が必要
  • ワンストップ特例制度の場合は申告特例申請事項の変更届出書の提出が必要
  • 同じ市内への転居でも住所変更の手続きは必要
  • 転勤族の方は転居後にふるさと納税を利用するのがおすすめ

ふるさと納税後に転居した場合でも、必要な手続きをすることで正しく控除を受けることができます。

転居された方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事