1. HOME
  2. ふるさと納税について
  3. ふるさと納税は一人暮らしの節約に利用できる!お肉などの食品や日用品などおすすめ返礼品を紹介
ふるさと納税

ふるさと納税は一人暮らしの節約に利用できる!お肉などの食品や日用品などおすすめ返礼品を紹介

ふるさと納税の返礼品には、地域の名産品や伝統工芸品はもちろん、日用品などの生活必需品も用意されています。
だからこそ、返礼品の選び方を工夫すれば一人暮らしの生活費を節約できます。

そこで今回の記事では、一人暮らしのふるさと納税の活用方法やオススメの返礼品の選び方を解説します。

具体的には、

  • 一人暮らしの方も控除上限額は確認が必須
  • 一人暮らしの方が返礼品を選ぶポイント
  • 一人暮らしの方にオススメな返礼品

の順番に重要なポイントをご紹介します。

一人暮らしでふるさと納税の利用をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ふるさと納税の仕組みをおさらい!一人暮らしや独身の方も「控除上限額」は必ず確認しよう

まずは簡単にふるさと納税の仕組みをおさらいします。

ふるさと納税の大きな特徴は以下の3つです。

  1. 寄附金の使い道を納税者が選べる
  2. 返礼品として地域の特産品や工芸品、レジャー体験などを選べる
  3. 住民税と所得税が控除される

また、ふるさと納税の寄附金控除を受けるためには、

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

のどちらかで申請が必要です。

ふるさと納税の仕組みについては関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。

ふるさと納税を利用するときの注意点は、控除に上限があることです。

ふるさと納税で寄附したお金は、上限以内であれば自己負担額の2,000円を除いて所得税もしくは住民税から控除されます。

ただし、控除額の上限を超えて寄附した場合は自己負担分が増えます。
罰金などのペナルティはありませんが、最低限の自己負担額2,000円で抑えたい場合は寄附を行う前にしっかりと上限を把握しましょう。

控除額の上限は

  • 年収
  • 扶養家族
  • その他控除

などの条件で一人ひとり変わります。

自分の控除額上限を知りたい方は、ふるさと納税控除上限シミュレーションを使って確認しましょう。おおよその目安ではありますが、簡単に上限額を知ることができます。

auWowma!ふるさと納税 | 控除額シミュレーション

控除上限額を確認したら、次に控除額の中でどのような返礼品をもらえるかみていきましょう。

「一人暮らしにはどんな返礼品がおすすめなの?」
と疑問に持たれる方もいると思いますので、選ぶ際に重視したいポイントを解説していきます。

一人暮らしの方が返礼品を選ぶ2つのポイント

一人暮らしの方が返礼品を選ぶポイントは、以下の2つです。

  1. 日常的に使えるもの
  2. 一人で消費できるもの

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

1.日常的に使えるもの

一人暮らしの方が返礼品を選ぶ1つ目のポイントは、日常的に使えるものを選ぶことです。

返礼品で日常的に使えるものを選ぶと、日用品などにかかるお金を節約できます。

例えば、

  • 洗剤
  • トイレットペーパー
  • 箱ティッシュ

などの生活必需品を返礼品として用意している自治体もあります。

一人暮らしの方が返礼品を選ぶときは、日常的に使えるものを選びましょう。

続いて、2つ目のポイントについて解説していきます。

2.一人で消費できるもの

一人暮らしの方が返礼品を選ぶ2つ目のポイントは、一人で消費できるものを選ぶことです。

一人で消費することが難しいような食料品を選ぶと余らせてしまいます。

一人で消費できるものは例えば、

  • 希少部位のお肉で量が少ないもの
  • 冷凍保存で送られてくる加工食品

などがあります。

せっかくもらう返礼品を無駄にしないためにも、一人で消費できるものを選びましょう。

ここまで一人暮らしの方が返礼品を選ぶポイントについてご紹介しました。

  1. 日常的に使えるもの
  2. 一人で消費できるもの

「じゃあ、具体的にふるさと納税にはどんな返礼品があるの?」
と思われる方も多いと思いますので、実際にどのような返礼品がおすすめなのかご紹介していきます。

ふるさと納税で一人暮らしの生活費は節約できる!おすすめな食品や日用品を紹介

ふるさと納税で一人暮らしの生活費を節約するのにおすすめな返礼品は、

  • 食品
  • 日用品

の2つです。

それぞれ詳しくみていきます。

一人暮らしの方におすすめなふるさと納税返礼品の食品

ふるさと納税の代表的な返礼品といえば、地域の特産品が楽しめる食品です。

その中でも、おすすめしたいのが

  • お米
  • お肉
  • 飲料

の3つです。

それぞれ紹介していきます。

食事のメインとして食べる「お米」の返礼品

お米は、食生活に欠かせない食材です。
お米は、多くの地域で返礼品として用意されています。

例えば、

  • 各地域のブランド米
  • 玄米
  • 複数のブランド米の詰め合わせ

などです。

お米は寄附金額10,000円で10キロなど大量にもらえる自治体も多いので、一人暮らしの食費を節約できます。

ここまで食事のメインとなるお米をご紹介しました。
食事にはお米だけでなく、お米に合うおかずが欲しくなりますよね。

続いて、おかずのメインとして食べたいお肉をご紹介します。

牛・豚・鶏のお好きなものが選べる!「お肉」の返礼品

お肉は、おかずのメインとしてぴったりな食材です。

返礼品では、

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 馬肉

と様々なお肉が選べます。

「量が多いと食べ切れない」
と不安に思われる方は、希少部位やA5ランクのお肉を選びましょう。
このようなお肉は少量なので一人でも食べきれます。

ここまでお米とお肉をご紹介しました。

食事と合わせて

  • 晩酌を楽しみたい
  • お茶したい
  • コーヒーブレイクしたい

と思われる方も多いのではないでしょうか。

そのような方に向けて、続いては飲料の返礼品をご紹介します。

日常から災害時の保存用まで使える「飲料」の返礼品

飲料の返礼品は、日常的に楽しめるものから災害時の保存用のものなど幅広く用意されています。

例えば日常的に楽しめるものであれば、

  • ご当地の果物を使ったジュース
  • お茶の産地の詰合わせ
  • 手軽にコーヒーが楽しめるドリップバッグ

などが用意されているため、選べるのも一つの楽しみです。

他にも、自治体が企業と災害救援物資提供に関する協定書を結んでいる場合はミネラルウォーターやお茶を返礼品としてもらえます。

ここまで一人暮らしにおすすめなふるさと納税返礼品として

  • お米
  • お肉
  • 飲料

をご紹介しました。

食品を返礼品として受け取ることで、生活費の節約につながります。
また、一人暮らしの生活費を節約するには、食品だけでなく日用品を選ぶのもおすすめです。

ふるさと納税の返礼品で日用品をもらい、一人暮らしの生活を効率的に節約できます。

詳しくみていきましょう。

ふるさと納税の返礼品で日用品をもらい、一人暮らしの生活を効率的に節約しよう!

ふるさと納税の返礼品は食品だけでなく、日用品も用意されています。

具体的には日用品として必須である

  • トイレットペーパー
  • 洗剤
  • 箱ティッシュ

などです。

日用品は備蓄できるものが多いため、多めにもらっても問題ありません。
ただし、日用品を収納するスペースは確保しておきましょう。

ふるさと納税返礼品は他にも、

  • 調理器具
  • 食器
  • 寝具

なども用意されているため、生活に必要なものを返礼品で揃えると節約できます。

日用品を返礼品でもらい、一人暮らしの生活費を効率的に節約しましょう。

ところで、一人暮らしの女性であれば、「美容グッズが欲しいな」と思われる方もいるのではないでしょうか。

ふるさと納税の返礼品では、一人暮らしの女性におすすめな美容グッズも用意されています。

詳しくみていきましょう。

一人暮らしの女性におすすめなふるさと納税返礼品の美容グッズ

ふるさと納税返礼品では、美容グッズも用意されています。

例えば、

  • ヘアケア商品
  • スキンケア商品

など幅広く用意されており、自治体によってもらえる商品も様々です。

一人暮らしの女性であれば、地域の魅力を生かした美容グッズを返礼品として選ぶのもおすすめです。

ここまで一人暮らしの方におすすめなふるさと納税返礼品をご紹介しました。

改めて整理します。

  • 食費を抑えることができる「食品」
  • 生活費を抑えることができる「日用品」
  • 一人暮らしの女性におすすめな「美容グッズ」

一人暮らしの方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの方もふるさと納税をお得に活用

今回の記事の内容をまとめます。

  • 控除上限額を確認して寄附
  • 日常的に使えるものや一人で消費できるものを選べば生活費を抑えることができる
  • 一人暮らしの女性であれば美容グッズもおすすめ

一人暮らしの方は、ふるさと納税返礼品をうまく活用することで生活費を抑えることが可能です。

ふるさと納税返礼品を利用して、効率的に節約につなげましょう。

関連記事