Wowma!ふるさと納税

寄附申込みスタート!受付開始自治体 新たに掲載スタート!個性あふれる返戻品の数々をご覧ください。
2019年11月
2019年10月
2019年11月 スタート
~「おいしいまち網走」へようこそ~
氷と氷が擦れ合い、鳴き続ける流氷の帯。日本ラクビーのトップチームが集まり、ふと振り返るとオリンピック選手がロードを走っている。それは網走の日常の風景。
太陽が四角く沈むところが見える能取岬。世界三大漁場を抱えるオホーツク海は、豊かな海の恵みをもたらしてくれる。何でも「おいしい」。大地の恵みも負けていない。網走の秋の風景は、大麦の毛が風になびき、豊穣の大地を約束してくれる。北海道の原風景がそこにある。「おいしいまち網走」をよろしくお願いします.
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
平川市は、まちと自然が調和する住みよいまちです。
気候に恵まれ、豊かな自然の中で、米、りんご、桃、高冷地野菜など、農業がさかんに営まれています。
そして、手塩にかけて育てられた農産物は、どれも消費者から高い評価をいただいており、特にりんごは、りんご王国青森県で開催されている品評会において入賞の常連として名を馳せております。
また、観光資源は、志賀坊森林公園からの眺めや、猿賀公園、盛美園、農家蔵などの景勝地に加え、たくさんの温泉施設があり、市内各所の温泉を巡って豪華景品が当たるスタンプラリー「温泉銀座ラリー」も開催されています。
夏は、一年で一番賑わうイベント「平川ねぷたまつり」が開催されます。約30団体が参加し、山車の前を踊りが先導するスタイルとリズミカルな囃子が当まつりの特徴です。本市のキャッチフレーズは「時と水ゆったり流れる平川市」。
このイメージのとおり、広々と充実した生活環境は、「住みよさランキング」という番付においても高い評価をいただいております。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
笠岡市は南に瀬戸内海,北は緑豊かな田園風景が広がる自然豊かなまちです。
温暖な気候で雨が少なく,レジャーや観光が人気です。市内には広大な笠岡湾干拓地を有しています。
干拓地内の道の駅「笠岡ベイファーム」はいつも多くの人で賑わっており,隣接する花畑では,四季折々の花が観光客の目を楽しませています。
また,世界に一つしかないカブトガニ博物館では,「生きている化石」と称されるカブトガニの展示だけではなく,保全活動や研究にも力を注いでいます。さらに,令和元年5月には,市南部の笠岡諸島が,近隣の自治体と合わせて「知ってる!? 悠久の時が流れる石の島~海を越え,日本の礎を築いた せとうち備讃諸島~」として,日本遺産に認定されました。これは,備讃諸島の石切技術や石と生きてきた人々の歴史などが評価されたものです。その反面,市内の人口は年々減り続けているため,歯止めをかけるべく,市では定住促進を始めとした様々な施策を進めています。
老朽化した公共施設も多いため,次世代への負担を減らすべく,適正な財政運営に努めています。自然や文化に囲まれた,住みよいふるさと笠岡を後世に残していくため,応援いただけると大変嬉しく思います。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
いつも,心は呉におる。呉市。
広島県呉市(くれし)は,瀬戸内海の中央部,広島県の南西部に位置する温暖な気候の町です。
江戸時代には各地の特産品と文化を運んだ,北前船の寄港地にも選ばれました。明治時代に入ると,神奈川県横須賀市,長崎県佐世保市,京都府舞鶴市とともに,日本海軍根拠地である鎮守府が置かれ,戦艦「大和」をはじめ,多くの艦船が建造された町として有名です。潮風の薫りと歴史の趣が漂う「みなとまち」,それが呉市です。
呉市では,みかんやレモンなどの柑橘類や,かきが特産品として知られています。特にかきの養殖は盛んであり,むき身かきの生産量は全国でもトップクラスを誇ります。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
八重瀬町は県都那覇市に近接し、那覇空港から車で20分とアクセスしやすい位置にあります。
八重瀬町には様々な地域資源が存在します。
八重瀬岳、具志頭海岸に代表される豊かな自然や新人化石骨で国際的にも貴重な「港川人」、勤労の喜びを謡った「汗水節」他、「獅子舞・綱引き・棒術・エイサー・港川ハーレー」などの行事が伝統として受け継がれており、それらはまちの誇りになっています。
産業としては、肥沃な土壌を生かした農業が盛んで「サトウキビ、ピーマン、レタス、ゴーヤー、オクラ、紅にも、洋ラン、小菊、マンゴー、ドラゴンフルーツ」など彩り鮮やかな作物が数多く生産されており、養豚・酪農も盛んに行われております。また、太平洋という豊かな漁場を有しており海の幸も豊富です。近年では、泡盛、黒糖、染物、加工食品、資源リサイクル品の生産など商工業も活気づいています。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
米沢市は、東に奥羽山脈、南に吾妻連峰、西に飯豊連峰と2千メートル級の山々に囲まれた盆地に位置し、夏暑く冬寒い季節の移り変わりがはっきりとした盆地特有の気候で、四季折々の情緒を肌で感じることができます。
また、鎌倉時代に伊達氏、上杉氏が本市に居城を構えたことから城下町として形成され、上杉家家臣直江兼続によって整備された町並みが今も色濃く残り、数々の史跡と伝統が息づく歴史の街でもあります。
米沢には、吾妻の山々にある豊富な温泉群や夏山登山やスキーなど変化にとんだ豊かな自然のほか、歴史ある文化・風土の中で育まれた米沢の「味」、そして先人から受け継がれてきた確かなモノづくりがうみだす「技」があります。ぜひ“あなただけの米沢”の魅力を感じてください。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
2019年10月 スタート
古河市(こがし)は関東平野のドマンナカ、茨城県の西端に位置し、埼玉県・栃木県の県境に接しています。
歴史のある街で、古くは奈良時代に編さんされた「万葉集」の一首にも詠われました。室町時代には関東公方の足利成氏が「古河公方」として本拠地を古河に置き、その後約130年の間、古河は関東一円の政治の中心となりました。江戸時代には古河城を中心とした日光街道の宿場町として栄え、現在も当時の面影を残す街並みや史跡・歴史的文化施設などが点在し、散策に訪れる観光客の姿が多くみられます。 渡良瀬川の治水・利水のため整備された渡良瀬遊水地は、貴重な湿地環境が保たれており、様々な生き物たちの宝庫になっています。また、桃の花などが咲き誇る古河公方公園は、自然景観を生かした公園として日本で始めてユネスコの「メリナ・メルクーリ賞」を受賞し、市民の憩いの場となっています。 水と緑の豊かな自然と、歴史と伝統の町。古河市には様々な魅力が溢れています。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
雪を知らない冬と爽やかな風の夏 静岡市
静岡市は、北は南アルプスをはじめとした山々に囲まれ、南は日本で最も深い駿河湾に接した自然豊かで温暖な気候のまちです。
大御所時代の徳川家康公の城下町として独自の文化や産業が育まれ、世界文化遺産「富士山」の構成資産になっている「三保松原」や世界に広がる日本茶、静岡市の前浜で水揚げされる「しずまえ鮮魚」等、自慢できるものがいっぱいです。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
近江八幡市は、滋賀県のほぼ中央に位置し、古くから農業を中心に栄えてきました。中世以降は陸上と湖上の交通の要衝という地の利を得て、多くの城が築かれ、天下の名城「安土城」など国の史跡が点在しています。
また、織田信長の改革精神により開かれた楽市楽座は、豊臣秀次の自由商業都市の思想に引き継がれ、さらに近江商人の基礎を築きました。このような歴史的背景から各時代を代表する歴史的遺産が点在し、風情が香る景観は今日も各所で受け継がれています。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
九州北部に位置する福岡県古賀市は、緑豊かな山々と美しい海岸線のある海に囲まれた、自然に恵まれたまちです。
市内には 美しい自然に親しめる公園をはじめ、伝統が残る「薬王寺の湯」、不思議な形の巨木が出迎えてくれる「五所八幡宮」など、 心癒されるスポットが数多くあります。農業が盛んで、季節に応じた「あまおう」や「みかん」などの農産物も自慢の一つで す。一方で、古賀市には卓越した技術力や優れたモノづくり力を有した企業が多数立地し、特に食料品製造出荷額は福岡県内 2位。食品工場の直売所には、水産加工品や食肉加工品等の様々な製品がバラエティ豊かに並びます。そんな「食のまち」古賀から魅力あふれる多数の返礼品をお届けします。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
佐賀県玄海町(げんかいちょう)は、九州の北西部に位置し、雄大な玄海灘やたくさんの自然に囲まれた美しい町です。
遠くには壱岐対馬を見渡すことができ、リアス式の美しい海岸は国定公園に指定されています。町の人口と同じくらい牛が飼育されていることもほかの市町にはない特徴となっております。玄海町では一次産業が盛んで海の幸・山の幸が豊富な町でもあり、多くの食のブランドが生まれています。全国で150以上もあるブランド牛の中でもトップクラスの品質を誇る「佐賀牛」や、全国でも有数の漁場「玄海灘」で獲れる真鯛・ブリ・イカ・フグ・アワビの海産物、肥沃な大地に実る「ハウスミカン」「さがほのか」をはじめとする農産物の数々は、ふるさと納税でも全国の皆様にご好評いただいていております。ふるさと納税を通じて玄海町を少しでも感じていただけましたら幸いです。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
~国境の島 対馬~
対馬は韓国まで49.5kmの位置にあり、古来より大陸と日本の架け橋を担いながら文化の中継地として、
時には国防の最前線として重要な役割を担ってきた国境の島です。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
都城市は、肉用牛、豚、鶏の合計畜産算出額が日本一を誇る畜産のまちです。当市の牛、豚、鶏は、雄大な霧島連山の自然に囲まれた大地で生まれ、清らかな水、良質な飼料、農家の温かい愛情が注がれ、
大切に育てられています。牛肉は、都城市内生産者の努力のもと、きめ細やかな霜降りと色艶の良い柔らかい肉質が特徴です。 5年に一度和牛の日本一を決める「第11回全国和牛能力共進会」(H29年9月仙台市)においても都城産の宮崎牛が最高賞である内閣総理大臣賞を受賞いたしました。豚肉は、養豚農家各々が厳選した穀物に酵母、乳酸菌などを加えた飼料を与え、良質な肉質が特徴で多くのブランド豚が確立されています。鶏肉は、それぞれの銘柄に合わせて独自の飼料や飼育方法で生産されています。日本一の出荷額を誇る焼酎は、霧島山麓で育つサツマイモや地下深くからくみ上げられた清らかな水などを原料に作られ、全国の愛飲家に愛されています。市内4つの蔵元が生み出す、吟味を重ねた味わい深い個性的な焼酎は、たくさんの人たちを魅了し続けています。
「MADE IN 都城」、つまり「都城産」にこだわっています!
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
ふるさと納税TOPへ