Wowma!ふるさと納税

寄附申込みスタート!受付開始自治体 新たに掲載スタート!個性あふれる返戻品の数々をご覧ください。
2019年10月
2019年9月
2019年10月 スタート
古河市(こがし)は関東平野のドマンナカ、茨城県の西端に位置し、埼玉県・栃木県の県境に接しています。
歴史のある街で、古くは奈良時代に編さんされた「万葉集」の一首にも詠われました。室町時代には関東公方の足利成氏が「古河公方」として本拠地を古河に置き、その後約130年の間、古河は関東一円の政治の中心となりました。江戸時代には古河城を中心とした日光街道の宿場町として栄え、現在も当時の面影を残す街並みや史跡・歴史的文化施設などが点在し、散策に訪れる観光客の姿が多くみられます。 渡良瀬川の治水・利水のため整備された渡良瀬遊水地は、貴重な湿地環境が保たれており、様々な生き物たちの宝庫になっています。また、桃の花などが咲き誇る古河公方公園は、自然景観を生かした公園として日本で始めてユネスコの「メリナ・メルクーリ賞」を受賞し、市民の憩いの場となっています。 水と緑の豊かな自然と、歴史と伝統の町。古河市には様々な魅力が溢れています。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
雪を知らない冬と爽やかな風の夏 静岡市
静岡市は、北は南アルプスをはじめとした山々に囲まれ、南は日本で最も深い駿河湾に接した自然豊かで温暖な気候のまちです。
大御所時代の徳川家康公の城下町として独自の文化や産業が育まれ、世界文化遺産「富士山」の構成資産になっている「三保松原」や世界に広がる日本茶、静岡市の前浜で水揚げされる「しずまえ鮮魚」等、自慢できるものがいっぱいです。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
近江八幡市は、滋賀県のほぼ中央に位置し、古くから農業を中心に栄えてきました。中世以降は陸上と湖上の交通の要衝という地の利を得て、多くの城が築かれ、天下の名城「安土城」など国の史跡が点在しています。
また、織田信長の改革精神により開かれた楽市楽座は、豊臣秀次の自由商業都市の思想に引き継がれ、さらに近江商人の基礎を築きました。このような歴史的背景から各時代を代表する歴史的遺産が点在し、風情が香る景観は今日も各所で受け継がれています。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
九州北部に位置する福岡県古賀市は、緑豊かな山々と美しい海岸線のある海に囲まれた、自然に恵まれたまちです。
市内には 美しい自然に親しめる公園をはじめ、伝統が残る「薬王寺の湯」、不思議な形の巨木が出迎えてくれる「五所八幡宮」など、 心癒されるスポットが数多くあります。農業が盛んで、季節に応じた「あまおう」や「みかん」などの農産物も自慢の一つで す。一方で、古賀市には卓越した技術力や優れたモノづくり力を有した企業が多数立地し、特に食料品製造出荷額は福岡県内 2位。食品工場の直売所には、水産加工品や食肉加工品等の様々な製品がバラエティ豊かに並びます。そんな「食のまち」古賀から魅力あふれる多数の返礼品をお届けします。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
佐賀県玄海町(げんかいちょう)は、九州の北西部に位置し、雄大な玄海灘やたくさんの自然に囲まれた美しい町です。
遠くには壱岐対馬を見渡すことができ、リアス式の美しい海岸は国定公園に指定されています。町の人口と同じくらい牛が飼育されていることもほかの市町にはない特徴となっております。玄海町では一次産業が盛んで海の幸・山の幸が豊富な町でもあり、多くの食のブランドが生まれています。全国で150以上もあるブランド牛の中でもトップクラスの品質を誇る「佐賀牛」や、全国でも有数の漁場「玄海灘」で獲れる真鯛・ブリ・イカ・フグ・アワビの海産物、肥沃な大地に実る「ハウスミカン」「さがほのか」をはじめとする農産物の数々は、ふるさと納税でも全国の皆様にご好評いただいていております。ふるさと納税を通じて玄海町を少しでも感じていただけましたら幸いです。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
~国境の島 対馬~
対馬は韓国まで49.5kmの位置にあり、古来より大陸と日本の架け橋を担いながら文化の中継地として、
時には国防の最前線として重要な役割を担ってきた国境の島です。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
都城市は、肉用牛、豚、鶏の合計畜産算出額が日本一を誇る畜産のまちです。当市の牛、豚、鶏は、雄大な霧島連山の自然に囲まれた大地で生まれ、清らかな水、良質な飼料、農家の温かい愛情が注がれ、
大切に育てられています。牛肉は、都城市内生産者の努力のもと、きめ細やかな霜降りと色艶の良い柔らかい肉質が特徴です。 5年に一度和牛の日本一を決める「第11回全国和牛能力共進会」(H29年9月仙台市)においても都城産の宮崎牛が最高賞である内閣総理大臣賞を受賞いたしました。豚肉は、養豚農家各々が厳選した穀物に酵母、乳酸菌などを加えた飼料を与え、良質な肉質が特徴で多くのブランド豚が確立されています。鶏肉は、それぞれの銘柄に合わせて独自の飼料や飼育方法で生産されています。日本一の出荷額を誇る焼酎は、霧島山麓で育つサツマイモや地下深くからくみ上げられた清らかな水などを原料に作られ、全国の愛飲家に愛されています。市内4つの蔵元が生み出す、吟味を重ねた味わい深い個性的な焼酎は、たくさんの人たちを魅了し続けています。
「MADE IN 都城」、つまり「都城産」にこだわっています!
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
2019年9月 スタート
長万部町は、渡島半島内浦湾の最奥部に位置し、大部分が丘陵部と山地ですが、平地は湾に沿って南北に伸び、北海道内では、比較的雪の少ない温暖な気候です。
古くから道南と道央を結ぶ交通の要衝として重要な地となっており、JR函館本線・室蘭本線の分岐始発駅となっています。北海道を代表する駅弁「かにめし」の町として全国的にも知名度がある長万部町は、函館と札幌の中間にあり、多くの休憩スポットがある憩いの町です。また、長万部町には高速道路のICが2か所あり、また北海道新幹線の停車駅となることから、今後益々北海道の重要な交通拠点としての役割が高まってきております。長万部町の中心地には温泉が湧き出て「温泉街」がございます。温泉旅館はすべて家族的で、温かいおもてなしをモットーに営業しており、宿泊施設は8軒、日帰り入浴も可能です。郊外には『二股らぢうむ温泉』もあり、温泉湯華で形成された巨大なドームは「北海道の天然記念物」に指定され、その大積層は雄大そのものであります。この種の温泉湯華は世界中でも珍しく、アメリカのイエローストーン国立公園のマンモス温泉群と二股らぢうむ温泉の二ヶ所のみと云われております。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
本別町は、北海道・十勝の東北部に位置し、緑豊かな美しい自然の中で約7,300 人が暮らしています。 町の中心部を通る国道242 号線には、道東自動車道本別ICを有し、道央・道東圏を結ぶ流通の拠点でもあります。
主な産業は農業・工業・林業で、近年は本別公園や道の駅を核とした観光をはじめ、地場産品の加工や地域包括ケアシステムの構築などにも力を入れています。本別町のふるさと納税は、「個性あるふるさとづくり寄付」として、個性や魅力にあふれる「ふるさとづくり」のため、本別町を離れた方々を含む全国でご活躍する方々から賛同をいただき、ご寄付により基金を造成することで、全国に発信できる個性ある事業を進めさせていただいております。この趣旨にご理解いただき、絶大なるご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
「しあわせのわ きくがわ」
菊川市は、静岡県のほぼ中央に位置し、市の中央を一級河川菊川が流れ、牧之原台地に広がる大茶園と、平野部の田園地帯をはじめとする、みどり豊かな自然環境と都市機能が共存するまちです。
菊川市では、「みどり ときめき たしかな未来 菊川市」を将来像に掲げ、本市の魅力である贅沢な自然環境と調和し、誰もが健康で生活できる「まち」、市民が満足し、選ばれる「まち」の実現に向けて取り組んでいます。このたび、菊川市を応援していただいた方に、数々の自慢の特産品をご用意いたしました。皆様の厚意を寄附という形でお寄せいただき、菊川市の魅力を体感していただけたら幸いです。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
彩り豊かな自然とさまざまな歴史の趣に恵まれたまち”洲本市”穏やかな気候風土に恵まれ、「国生み神話の島」として、日本の発祥の地と知られる淡路島。
そんな淡路島の中央に位置する洲本市は、中世以後に城下町が築かれ、淡路島の政治、経済、文化の中心として発展してきました。また、島の豊富な自然が生み出した山海の幸は、朝廷の食材として献上され、「御食(みけつ)国(くに)」と呼ばれました。いにしえの人々を魅了した食材の素晴らしさは現在も変わらず、食材の宝庫であり続けています。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
日本緑茶発祥の地宇治田原町
京都府南部にある日本緑茶発祥の地、宇治田原町。江戸時代に「永谷宗円」が現代の緑茶製法の礎となる青製煎茶製法を開発したまち。
町を見渡せばお茶の工場が立ち並び、お茶づくりの季節になると、お茶の香りが漂います。「ほんまもんのお茶の産地では、どんな種類のお茶も手に入る。」自分好みのお茶や、お茶に由来する名産品を手に入れるため、多くのお茶好きが宇治田原町を訪れます。“シンプルだけど奥深い”そんな日本緑茶を宇治田原町ふるさと特産品でお楽しみください。心やすらぐぬくもりのある「ハートのまち」宇治田原町 町の形がハートなので“ハートのまち宇治田原”としてまちづくりをすすめています。宇治田原町にはおおらかで暖かい空気感、豊かな自然がもたらす小さな幸せ(ハート)があふれています。ハート形の展望台やお寺のハート形の窓などがあり、“ハートのふるさと特産品”もご用意しています。“ハート”フルな宇治田原町ふるさと特産品をお楽しみください。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
奈良県の北東部に位置する宇陀市は、大和高原と呼ばれる緑豊かなまちです。女人高野として有名な室生寺や又兵衛桜、万葉人柿本人麻呂が魅了されたかぎろひ、水の分配を司る水分神社など、歴史と自然が暮らしの中に息づいています。
また、伊勢本街道の宿場町として栄え、当時のにぎわいぶりを伝える街並みは、古の旅人の思いを今も伝えています。平成18年1月の合併によって「宇陀市」となってからは、日々新たな歴史を刻んでいます。その原動力となっている「宇陀力(うだぢから)」をより伸びやかに、そしてたくましくするため、みなさまからのご支援をお願いします。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
奈良県の北西部に位置する王寺町は、明治時代に県内で初めて鉄道が開通した町で、大阪と奈良をむすぶ交通の要衝地にあたります。
隣の斑鳩町には世界遺産の法隆寺があり、王寺町にも達磨寺や太子葬送の道など、聖徳太子ゆかりの歴史がたくさん伝わっています。大阪、天王寺、奈良、法隆寺からも近く、便利な場所ですので、お気軽に観光をお楽しみください。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
私たちの大山町は、美味しい食べ物がいっぱいの町です。甘みがたっぷりでジューシーな梨、肥沃な土地と
きれいな水で育ち味の濃い野菜、日本海の荒波にもまれた新鮮な魚、 実がぎっしり詰まって旨みが濃厚な松葉ガニ、全国一位に輝いた極上の和牛など、小さな町ですが、海の恵みと山の恵みに一年中溢れています。そんな大山町を、どうぞよろしくお願いします。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
佐賀市は九州の北西部に位置し、北部に広がる山間地の自然や温泉・ダム湖、南部の有明海の豊穣な干潟などの自然、中心部の広大な佐賀平野に広がる田園風景など豊かな自然を有しています。
また、「熱気球の街」と呼ばれ、秋には、国内最大の熱気球イベント「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」を開催し、沢山の熱気球が広大な佐賀平野を彩ります。平成27年5月には、渡り鳥のシギ・チドリ類飛来数日本一を誇り、紅葉する塩生生物「シチメンソウ」が自生する「東よか干潟」が、ラムサール条約湿地に登録されました。日本初の実用蒸気船「凌風丸」が造られた世界文化遺産「三重津海軍所跡」をはじめ、幕末維新の歴史遺産も見どころの1つです。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
「一生行かないであろう都道府県第1位」、「全47都道府県中人口ランキング第41位」の佐賀県。そのほぼ中央にある小城市(おぎし)。市内にはスタバはおろかマックさえない風光明媚な毎日の風景。
しかし、空を見上げればどこまでも青くて広い空、足元には肥沃な大地があります。自然の恵みを受けゆっくりと流れる時間、美味しい食材とスローライフをおくる人々がいます。「都会には無いモノがすべてある」それが小城市です。2014年度全国8位、2015年度全国17位、2016年度は全国31位、そして2017年度は18億円を超え、全国28位(1,788自治体中)と3ランクアップしました。2018年度も全国から18億円を超える寄附をいただき、多くのご支持を頂きました。今年度も全国の方々に隠れた小城の魅力をお伝えしていきます。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
豊後高田市(ぶんごたかだし)は、大分県国東半島の北西部にあり、豊かな自然や歴史・文化に育まれ、山、里、海、温泉などの豊富な資源に彩られたまちです。
ノスタルジックな雰囲気が漂う「豊後高田昭和の町」や、現存する九州最古の木造建築である国宝「富貴寺大堂」をはじめとした、中世の仏教文化を肌で感じ取ることができる貴重な文化財が数多く点在しています。さらには、花とアートの岬「長崎鼻」、日本夕陽百選に選ばれた「真玉海岸」、良質な泉質が自慢の6ヶ所の温泉資源などにも恵まれ、多くの観光客の皆様にお越しいただいております。また近年では、映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』や『坂道のアポロン』などのロケ地となるなど、映画ロケ地誘致による地域活性化も図られています。本市は、今、全力で定住促進施策や地域活性化を目指したまちづくり施策に取り組んでいます。豊後高田市は未来に向けて、全力で発展し続けます。皆様の心温まるご支援をお願いいたします。
おすすめ返礼品
その他の返礼品はこちら
ふるさと納税TOPへ